今話題の24時間営業のフィットネスジムに行ってみました!【シャワーもあるよ!】

2017年12月22日

突然ですがジムに通い始めました。

元々、個人でやっていたジムに通っていたことはあるのですが

個人ジムの欠点
  • 更衣室がない
    家から着替えてからでないといけない。特に会社帰りはめんどくさい。
  • シャワーがない
    汗かいたまま帰ることになる。(家に帰るくらいなら気にしませんが。)
  • せまい
    10人も入れなかった。
  • ロッカーがない
    事務用の靴を持ち歩く必要があった。

特に常連がマシンを占拠しながらおしゃべりをしていることが多くて、それが嫌であまり長続きしませんでした。

近くに24時間のフィットネスジムがオープンした

家の近くに24時間営業のジムがオープンしたので行ってみました。

ところが上記の不満点をすべて解消したジムが近くにオープンしました。

エニタイムフィットネスです。

エニタイムフィットネスの特徴
  • 24時間365日使い放題
  • 更衣室もあり。
  • シャワー付き。
  • 個人ロッカーも別契約であり。

など、依然通っていたジムの不満点は解消されているような感じでした。HP見るとすごい勢いで開店ラッシュしていますが、どうもフランチャイズでジムを展開しているようです。

内部は基本的にランニングマシーン、マシンジムを主体として少しダンベルやバーベルのスペースがある感じですが、筋トレしかしない僕にとってはこれくらいで十分です。

僕のように筋トレと有酸素運動だけしたい人にとって、スタジオやプールは不要なのでこのくらいがちょうどよいです。スタジオやプールのある所はその分げっかいひもかなり高いですしね。

エニタイムフィットネスの料金は?

ジムに通うとなると一番気になるのは料金ですよね。

料金は1ヶ月6800円+税です。これは店によって違います。

また、一度会員登録すれば日本全国(世界も??)のジムが使用できます。ただし、ほかの店舗ばかり使用するとそちらに移籍になるというシステムですので、安いところで契約して高いところばかりをしようというのは実質不可能です。

6800円+が高いとみるか安いとみるかは微妙なところですが、試しにほかの全国展開しているジムと比べてみると

  • A店:契約した店限定で6500円+税。ただし24時間ではない。エリア会員などになると10000円オーバー。
  • B店:8500円+税。ただし24時間ではない。

などですので、これを考えるとかなり安いのではないでしょうか?

「プールもスタジオもないしなぁ・・・」と思う方もいるかもしれませんが、おそらくそこまで設備が整っていてもそれらをすべて100%使うのは不可能です。特に僕のように

  • 休日よりも仕事帰りに通いたいサラリーマン

はゆっくりプールなどで泳ぐ暇もないので逆にマシンジムに特化してくれる方が使いやすいと思います。

エニタイムフィットネスのセキュリティは?

24時間営業となると気になるのがセキュリティですよね。24時間スタッフがいるわけではないので特に女性は気になりますよね。

スタッフがいるのは11:00~20:00のですが、それ以外は監視カメラで監視して何かあればALSOKが駆け付けるという感じです。

入口も電子キーが採用しているので不審者が入ることはまずないと思いますが・・・これに関しては何とも言えないですね。実際、若い女性が二人でくっついて不正入場しようとして、スタッフに一人は追い出されていましたし。

事務所の中を少し見た感じではジムの中にいる人の顔写真(入会時に撮影される)が常に表示されていますので、入会していない人はすぐにばれます。

一度、朝5時くらいに行きましたが更衣室及びシャワー室は鍵をかけることができるので、安心して着替えとシャワーはできます。しかし、共用の荷物置きには鍵がないので貴重品は常に持ち歩きましょう。

エニタイムフィットネス:初回のインプレ

初めて行ってみた感想です!結構OLやサラリーマンが多い感じがしました。

19:00くらいに到着しましたが結構混んでいました。

更衣室はありますが、個人契約のロッカーは契約していないのでオープンスペースの荷物置き場に荷物を置きます。スタッフからは貴重品は持ち歩くことをお勧めされました。

着替えてから見回すと・・・時間だけあって仕事帰りのOLやサラリーマンが多い感じです。その中でも、ランニングマシーンでひたすら走る人やひたすら筋トレする人など、目的に合わせて使い分けているように見えます。服装もさすがにジーンズはいませんでしたが、ジャージの人もいればスウェットの人もいるなどいろいろでした。

で、僕は筋トレしか興味ないので早速やりましたがBIG3では

  • ベンチプレス:28kg
  • デッドリフト:28kg
  • スクワット:30kg

でした。もう少し行けると思ったんですがね・・・いきなりバーベル使うのは恥ずかしいのでベンチプレスとデッドリフトはダンベルです。

ただ、少し混んでいるのでかなり周りに気を使いますね。マシンも各1台しかないので。

ちなみに目標はベンチプレスで70kg(自分の体重)ですが・・・かなり遠いです。

24時間営業のフィットネスジム:まとめ

エニタイムフィットネスはマシンジムに特化しているので、スタジオでエアロビクスやプールで泳ぎたい人には全くお勧めできないジムです。

しかし、僕のように会社帰りに運動だけしたい人にとっては非常にお勧めできます。

費用も24時間、365日好きなだけ使える割にはリーズナブルですので、サラリーマンだけでなく筋トレをしたい主婦の方にもお勧めです!

健康を維持する秘訣は「1に運動 2に食事、しっかり禁煙、最後にクスリ!」

みなさん「1に運動 2に食事、しっかり禁煙、最後にクスリ」という言葉を知っていますか?

これは「健康増進普及月間」の時の統一標語となります。

ではなぜ運動が1番目かというと、食事をしない人はいないですよね?でも運動をほとんどしない人は非常に多いです。そのため1番が運動となっています。

そして現在喫煙者は少ないので禁煙は3番目、薬はあくまで最終手段なので最後になっています。

しかし、実際に運動も食事も見直そうと思っていてもどのように見直せばよいのかわからない人が多いですよね?

また、コロナウイルス蔓延拡大防止の観点からも、集団で運動を行うジムなどは避けたいところ・・・。

そこでおすすめなのがオンラインでのトレーニングになります!

例えばフィットネスなら

自宅で受けられる!オンラインパーソナルトレーニング「Live Fit」

Live Fitの特徴
  • 医療国家資格を取得しているトレーナーが監修
  • アプリやラインを通して毎日食事の管理が受けられる
  • ビデオチャットなので時間と場所を選ばない
  • 月々29,800円と低価格なのに月4回もパーソナルトレーニングが受けられる
  • ジムに通わなくても本格的なトレーニング指導が自宅で受けられる
  • パーソナルトレーニングジムが併設されている整骨院のトレーナーから指導を受けられる
  • 実店舗があるから信頼と実績がある

食事管理であれば

フィットラボ オンラインダイエット食事管理

フィットラボの特徴
  • 国家資格保有の管理栄養士が毎日LINEで食事指導
  • 【抜群の指導実績】病院でのメタボ指導経験者多数在籍
  • ストレスなくダイエットできる
  • 無理な食事制限がないから、リバウンドしにくい
  • 資格保有者のノウハウで、キレイに痩せる
  • オンラインなのでどこでもOK
  • ジム不要
  • プロアスリートに指導している管理栄養士の監修メソッド
  • 専属ダイエットコーチがマンツーマンでダイエットを指導
  • フィットラボは1日約300円でダイエットコーチが付きます

特にどうしてもジムやフィットネス施設は都会に偏りがちです。

オンライントレーニングであれば自宅で受講できるので、田舎に住んでいる方でも気軽にパーソナルトレーニングを受けることができます!

真面目にトレーニングを受けようとしているけど、近くに良いジムやフィットネス施設がない方はぜひ検討してみてください!