【英語教育】家で楽しく!!子供と英語の勉強をする7つの方法!!




あなたは子どもたちに家で英語を教えたいと思っていますか?子どもに第二外国語を教えることは素晴らしい事ですが、どうやって教えればよいのかわからない人も多いですよね?

そんな人たちのために家で子どもに英語を教える方法をいろいろ書いてみました!

家で子どもに英語を教え始めるにはどうすればいいのか?

まず子どもに英語を教えるのに、あなた自身が英語ができるかどうかは関係ありません。最も重要なことは、あなたが熱心であることと、そしてあなたが子どもたちをたくさんほめることです。

子どもがすぐに英語を話せなくても心配しないでください。言葉を吸収するためにはある程度の時間が必要になります。勉強を始めたばかりの時は辛抱してください、辛抱強く勉強を進めていけば英語を話し始めるでしょう。

ルーチンを確立する

家で英語の時間のためのルーチンを確立してください。1週間に1日6時間よりも、毎日15分の方が子どもたちにとってはお勧めです。

15分は子どもが集中力を保つのにちょうどよい時間です。あなたの子どもがおおきくなって、集中力が増えるにしたがって次第に1回の時間を長くすることができます。

子どもの集中力を保つために、1回の勉強時間は短く、しかし回数は多くしましょう。

毎日同じ時間に勉強をするのがおすすめです。たとえば、放課後は毎日英語のゲームをしたり、就寝前に子どもと英語の物語を読んだりするように決まった時間に英語の勉強をするようにしましょう。

自宅にスペースがある場合は、英語に関連したもの、たとえば本、ゲーム、DVD、子どもが作ったものなど、英語のコーナーを作成するとよいと思います。

ゲームで遊んでみる

子どもたちに英語を教えるのは楽しませながら学ばせるのが最も効果的な方法です。フラッシュカードは語彙を教えたり修正したりするのに最適な方法です。

インターネットでは無料でたくさんのフラッシュカードの教材をダウンロードすることができます。

日常の生活の中で英語を使う

家で英語を教えることの利点は、日常の状況と現実のものを使って自然にそして文脈の中で英語を練習することができるということです。例えば:

  • 子どもが服を着ているとき、または洗濯物を分類しているときの服について話しましょう。
  • 子どもが寝室を片付けるのを手伝っているときに、おもちゃや家具に関連することについて話をしてみましょう。
  • 料理をするときや買い物をするときには、食べ物の語彙を教えてみましょう。

ストーリーを使う

子どもたちは本が大好きです。例えばドラえもんやクレヨンしんちゃんなどの英語版を一緒に写真を見て、日本語版と見比べてみるのもよいでしょう。

他にも英語版のアニメは英語の音とリズムに慣れるのに最適な教材だといえます。

曲を使う

歌は新しい単語を学び発音を向上させるために効果的な方法です。

まだ歌を本格的に歌うことができなくても真似をすることはできるので、このように行動を伴う歌は非常に幼い子どもたちにとって特に効果的です。

文法を教える

子どものうちは、文法規則を明示的に教える必要はありませんが、文脈の中でさまざまな文法構造を聞いたり使用したりすることに慣れさせることができます。

文法を幼い頃からどのように文脈の中で使われているかを教えておくと、小学校などで本格的に英語を学んだ際に、自然にそして正しく使うのに役立ちます。

最初に教えるべき単語とフレーズは?

どの単語から教えるべきか明確な基準はありませんが、一つだけ言えることはあなたの子どもの興味深い分野から教えていくことです。

  • 数字(1〜10、10〜20、20〜100)
  • 形容詞(例:大きい、小さい、高い、幸せ、悲しい、疲れている)
  • おもちゃ
  • 動物(ペット、家畜、野生動物など)
  • 食べ物

どんなアプローチでも、最も重要なことはリラックスして楽しんで英語を勉強するこで、英語の勉強をあなたとあなたの子どもの両方にとって楽しい経験にすることです。