【時短レシピ】一人暮らしのためのキャベツ使い回しレシピ




キャベツを使った簡単、時短でできるレシピをご紹介します。

スーパーで安くで売られており、使い回すことができると食費の節約にもつながります。

一人暮らしだと仕事から帰ってくると料理をする時間がなかなか取れないけれど、健康のために栄養のあるメニューを摂りたい!!栄養たっぷりのキャベツを使って時短メニューを作りましょう!

キャベツの栄養について

消化を促進する効果がある

キャベジンとも呼ばれているビタミンUが含まれており、小野粘膜を保護、修復したり、遺産の過剰分泌を抑える働きがあり、天然の胃腸薬とも言われています。揚げ物など脂っこいものを食べるときに一緒に食べたい食材です。

ビタミンCが豊富に含まれている

野菜の中では多くのビタミンが含まれており、免疫力を高め、風邪を予防に役立ちます。コラーゲンの生成も助けるため、肌を綺麗に保つ効果もあります。身体の老化を防ぐ抗酸化作用が強く、血管の老化を防いで動脈硬化などを予防する働きもあります。

食物繊維が豊富に含まれている

食物繊維が豊富に含まれているため、食事の始めに食べることで満腹感を得ることができ食べ過ぎ防止に役立ちます。

食物繊維は便秘を解消する効果もあるため、身体の老廃物を排出し、中性脂肪やコレステロールを下げる効果もあります。

低カロリーでダイエット向き

低カロリーであるため、量を多く食べても太りにくい食材です。料理のカサ増しに使うとカロリーを増やすことなく食物繊維やビタミンCなどの栄養をプラスすることができます。

キャベツの豚肉巻き

【材料】 2人分

  • 豚バラ肉 8枚
  • キャベツ 2枚
  • とろけるチーズ 80g
  • 塩コショウ 少々

【作り方】

  1. キャベツはざく切りにし、豚バラ肉に塩コショウを振る。
  2. 豚バラを広げ、キャベツ、とろけるチーズをのせて巻き、ふんわりとラップをして電子レンジ500Wで4分加熱する。

栄養ポイント

豚肉には疲労回復効果のあるビタミンB1が豊富に含まれており、免疫力を高めるビタミンCが豊富に含まれているキャベツと一緒に食べると風邪予防の効果が高まります。

チーズをプラスすることによって不足しがちなカルシウムも補いましょう。

キャベツのあっさりサラダ

【材料】2人分

  • キャベツ 3枚
  • 塩 少々
  • 濃口醤油 大さじ1/2
  • 酢 大さじ1/2
  • 砂糖 小さじ1

【作り方】

  1. キャベツは千切りにし、ポリ袋に入れて塩をして揉みこむ。
  2. キャベツから水分が出たら絞り、濃口醤油、酢、砂糖で和える。

栄養ポイント

酢には疲労回復効果のあるクエン酸が豊富に含まれています。酢に含まれている酢酸には脂肪の蓄積を防ぐ効果があるため、食物繊維が豊富なキャベツと合わせると揚げ物の際の副菜に向いている一品になります。

脂質が多い食事の際はこのサラダで脂肪の蓄積を防ぎましょう。

キャベツとツナのさっと煮

【材料】2人分

  • キャベツ 3枚
  • ツナ 1缶
  • 水 100cc
  • 濃口醤油 大さじ1
  • みりん 小さじ2
  • かつお節 5g

【作り方】

  1. キャベツはざく切りにする。
  2. フライパンに水、濃口醤油、みりんを入れて沸騰させ、キャベツ、ツナを入れてキャベツがしんなりするまで煮る。
  3. キャベツに火が通ったらかつお節を入れる。

栄養ポイント

ツナには血液サラサラ効果のある不飽和脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれています。

キャベツの食物繊維の効果にツナの健康効果をプラスして脂肪が蓄積されにくい血液サラサラの身体を目指しましょう。

まとめ

キャベツはスーパーで比較的安くで購入でき、年中出回っていて味にくせも無く使いやすい食材です。

食物繊維がたっぷり含まれているため、料理に使うとボリュームを出すことができ、ダイエットにも効果的な食材です。

買って時間が経っていない新鮮な時にサラダなど生で食べ、時間が経ってシャキシャキ感が無くなってきたら煮物して使い回しましょう。