*/ ?>

短期間のダイエット成功の秘訣は・・・ダイエット併用!

2019年1月14日

世の中には数多くのダイエット法がありますが、どの方法があっているのか? むしろどんな方法があるのか知りたい方は多いですよね?

そんな時参考にしたいのが実際にダイエットをして成功させた人たちが、どんなダイエットでどのくらいの期間を頑張ったかだと思います。

その為まだダイエットを始めていない「ビフォー」の方たちの為に、成功者のビフォーアフターをまとめましたので紹介したいと思います。

短期間に多種類のダイエット併用!

無理のない程度でいろいろなダイエットを併用することで痩せることができました。

短期間で運動を中心とした多種類のダイエットをすることで、効果的に減量することができました。具体的には

実際に行ったダイエットの一覧
  • 朝はスムージー
  • 炭水化物をとらないダイエット
  • 筋トレ
  • ダンス
  • エクササイズ
  • マッサージ
  • 柔軟

運動は適度に行う

ダイエット前は毎日朝昼晩きちんとご飯を食べていましたがダイエット始めたら、朝ごはんをお米ではなくサラダまたはスムージーを飲んでいました。

お昼まで時間があるので家の事を終わらせた後は柔軟をしてダンスを1時間くらい踊って少し休憩で常温の水を飲んでました。その後はエクササイズをしてました。

お昼ご飯は好きなものを普通に食べていましたが炭水化物は食べてなかったです。夕飯まで筋トレをしてました。それでも足りないと思うときは午前中にやっていた事を午後にもやっていました。

さすがにずっと動いてるのも疲れるので適度に体を休ませていました。

水分はしっかりとる!夜はマッサージとストレッチに集中!

水分補給は一気に飲むのではなく少しずつ飲むようにしていました。夕飯は6時前に食べて6時以降は何も食べませんでした。夕飯後は少し動かずにテレビ見たりしてましたがテレビ見ている時はマッサージだったり柔軟しながら見てました。

お風呂はできるだけ温かいお湯に温まるようにしてお湯の中でもふくらはぎや太ももや内もものマッサージをしていました。

お風呂上がりは体がぽかぽかしているため、保湿がてらまたマッサージをしていました。

寝る時は足を少し高くして寝ていました。そうすれば足がむくまないからです。

脚が太い=脂肪と思われがちですが、水分や塩分で脚がむくんで体重が増えたりします。

なので寝るときは脚をスッキリさせるストッキングなどはいて寝ると朝、脚は軽くなっています。

朝起きたら体を温めるため寝ながら柔軟したり血流を良くする為何かしら動いてました。ダイエット時間は朝からぎっしりやらなくてもいいです。2時間くらいでダンスや柔軟などしてもいいと思います。それは人それぞれです。

1ヶ月で5kgの減量に成功

運動を中心としたダイエットにより、1ヶ月で5kgの減量に成功しました。

ダイエットを毎日続けて1ヶ月頃には5kgは落ちていました。

本当はもっと10kg落としたかったんですがさずがに体に負担かけるのも良くない為、無理せずにダイエットしていました。

食事抜きダイエットはその時痩せていても何年もその生活はきつい為太らない、栄養のある野菜を取る様にしてました。

成功の秘訣は自分に合った方法=毎日続けることができた

ダイエットは数日では効果が出ません。やはり自分に合う方法を続けていくことが重要です。

毎日続けたため成功できたと思います。何事にも続けないと成功はしないと思います。

時にはめんどくさいなど思う事もありましたが痩せたい気持ちが強かったので諦めることなく頑張りました。

あともともと私は体を動かす事が好きなためダンスやエクササイズ、筋トレ、マッサージは腕を動かして少し筋肉にしたりなど好きなことをダイエットに使った為成功したとも言えます。

ダイエットは自分に合った方法が良いですが、体を動かす事が好きな方にはオススメします。

食事制限が一番つらかった

食事制限はダイエットでも重要ですが、やはりお腹が減るのを耐えるのはつらかったですね。

朝ご飯がサラダだったり飲みものだけだったのですぐお腹すくしつらかったです。

お米を食べないと力は出ないし、食べれるとしてもそんな多く食べたらいけないと自分に厳しくしていたので食事はつらかったです。

一回甘えると次から適当になりそうな自分がいた為極力食べ物を見ないようにしていました。どうしても限界が来た場合はチョコを1個食べて終わり。などしていました。

痩せたかったらあきらめずに続けて!

まとめ
  • 運動を中心とした多種類のダイエット併用で効果的に痩せることができた。
  • 1日のスケジュールを決めて行うことが重要。
  • 無理なダイエットをするよりも、自分に合ったダイエットを長期間続けることが重要。