【英語教育】小さい時から子どもに英語を学ばせるのが重要な理由を解説します!




子どもは言語をいとも簡単に習得してしまいます。 青少年や成人とは異なり、彼らは意識的な学習をせずに言語を習得してしまいます。 発音を真似して、自分の中で言語のルールを作り、時には間違いをしながら学んでいきます。

英語で話すことを学ぶのが難しいという考えは、文法ベースの教科書を通し、後になって学術的に英語を学んだと思われる大人から言われない限りは、彼らは全く気にしていないでしょう。

そういう意味で小さい時から第二外国語として英語(もちろん英語以外もですが)学ばせることはとても重要です。

英語教育を早く始めることの利点

英語教育は早く始めるほうが良いといわれますが、その理由は何なのでしょうか?僕自身も中学生からしか英語をやっていませんが、本格的に学びだしたのは社会人からです。

もちろん、早く始めればそれだけ勉強時間が確保できるという理由もありますが、それ以外にも子供特有の理由があります。

  • 子どもは母国語を習得するために彼ら自身の先天的な言語学習能力を有効に使います。そして、すぐに彼らは英語を勉強する為にこれらの戦略を使うことができるとすぐに理解します。
  • 子どもは遊びのような活動を通して学ぶ時間があります。彼らは大人と共有する活動に参加することによって言語を拾い上げながら学ぶことが可能です。活動を理解してから、大人がしゃべっている言葉がどういう意味なのかを学んでいきます。
  • 子どもは英語を日常生活に合わせる時間がもっとあります。学校のプログラムは非日常的な活動になる傾向があります。彼らは宿題を持たないのでストレスがありません。定められた基準を達成しなければならないという制限もないのでのびのびと学んでいけます。
  • まだ幼いうちに第二言語を習得する機会があった子どもは、他の言語を学ぶときに生涯を通して同様な言語学習戦略を使うようです。 3番目、4番目、またはそれ以上の言語を選択する方が、2番目の言語を選択するよりも簡単という人もいます。
  • 年長の子どもや大人がしなければならないように、言語を意識的に習得するのではなくより良い発音を持ち、その言語と文化に対して感じる傾向があります。単言語の子どもが思春期に達し、自意識が深まると、言語を習得する能力が低下し、文法ベースのプログラムを通して英語を意識的に勉強する必要があると感じます。この変化が起こる年齢は、個々の子どもの発達レベルおよび彼らの社会の期待に大きく依存します。

子どもは英語をどのように「拾って」いるのか

赤ちゃんを育てたことがある人はわかると思いますが、話し言葉は読み書きの前に自然に起こります。そういう意味では、学校のような教科書を使用した文法学習の前に話ことばから教えるのが重要です。

もちろん、文法学習も重要ですよ!

  • 無音期間
    赤ちゃんが母国語を学ぶとき、彼らが話し始める前に表情や身振りを通して見て聞いてコミュニケーションをとる「無音期間」があります。子どもが英語を学ぶとき、彼らが実際に英語の単語を話す前に同じような「無音期間」があるかもしれません。この間、両親は子どもたちに言葉を繰り返させることで音声対話に参加するよう強制するべきではありません。この時期音声による会話は一方的に行われるべきであり、大人の話は子どもが言語を習得するのに役立つ機会を提供します。大人が学習を容易にするために親の言葉を使う場合、子どもは彼らが母国語を学ぶのに使ったのと同じ戦略の多くを使うかもしれません。
  • 話はじめ
    しばらくすると、英語のセッションの頻度に応じて、各子ども(女の子は男の子よりも速いことが多いらしいです)または既成の短いフレーズを話し始めます。子どもはそれらを暗記し、いくつかが1つ以上の単語から成るかもしれないことに気づかずに正確に発音をまねします。彼らは彼ら自身のフレーズを作成する準備ができる前に彼らが子どもたちが対話への近道としてそれを使用してより多くの言語を拾うのでこの段階はしばらくの間続きます。
  • 英語の構造を学んでいく
    徐々に子どもたちは語彙から単語を、または自分で追加するの記憶からなるフレーズを作り上げます。英語に触れる頻度と経験の質に応じて、子供たちは徐々に全文を作成し始めます。
  • 理解
    幼い子どもたちが理解する能力は過小評価されるべきではありません。彼らは母国語で聞くことすべてを理解するわけではないかもしれませんが、子どもたちは要点をつかみます。それは彼らがいくつかの重要な言葉を理解し、意味を解釈するために異なる手がかりを使って残りを解読するということです。励まされながら、彼らはすぐに彼らの理解力を英語で意味を解釈するために移します。
  • 欲求不満
    英語のセッションの最初の目新しさの後、何人かの幼い子どもたちは英語で彼らの考えを表現することができないことにイライラします。彼らの母国語でできるように、英語で素早く話すことを望みます。欲求不満は、「英語で12に数えることができる」などの「パフォーマンス」や既製のフレーズで構成された非常に単純な韻を子供たちに提供することで克服することができます。
  • 間違い
    子どもたちには彼らが間違いを犯したと言われるべきではありません。間違いは英語の文法規則を練るプロセスの一部かもしれませんまたはそれらは発音の誤りかもしれません。子どもが大人の繰り返しを聞いた場合、母国語を学ぶのと同様に、大人が同じ言語を繰り返し聞くのを聞く機会があれば、自分の時間で自己矯正するでしょう。

英語教育のための学習環境を整える

子どもは、「親切な」テクニックを使った大人のサポートを伴って、正しい種類の経験が提供されていないと英語を拾うことがより困難になります。

  • 安心して、英語を使う理由がいくつかあることを知っておく必要があります。
  • 英語の絵本を共有したり、英語で韻を踏んだり、「英語」のおやつを持っているなど、彼らがすでに知っている興味深い日常の活動にリンクする必要があります。
  • 何が起こっているのかについての実行中の解説と親切な言葉を使った対話をする大人の言葉が伴います。
  • 英語のセッションは、子どもたちがすでに母国語で理解している概念に焦点を当てて、おかしく面白くすると効果的です。このように、子どもたちは2つのこと、新しい概念と新しい言語を学ぶのではなく、単に彼らがすでに知っていることについて話すために英語を学ぶことです。

読み物で英語学習への興味を引く

母国語ですでに読むことができる子供たちは一般的に英語で読む方法を見つけたいと思うはずです。

英語を解読することができる前に、子どもは26のアルファベットの名前と音を知る必要があります。英語は26文字ですが平均44音(標準英語)なので、残りの音を紹介することは、子供たちが言語の使用と読書の経験が豊富になるまで学ぶ事が必要です。

子どもが自分が読み込もうとしている言語をすでに知っていれば、英語で読み始めるのは簡単です。絵本を大人と共有したり韻を踏んだりすると、多くの子供たちが自分で英語の読み方を学びます。子供たちが知っていることを読むことは、子供たちが簡単な単語を自分で解読する方法を考え出す機会を与えるので、読むことを学ぶ上で重要なステップです。ひとたび子供たちが読むことができる単語の列を作り上げたら、彼らは自信を持って感じるようになり、それからより構造化されたアプローチの準備が整います。

家での英語教育にはこんな本がおすすめ!

家で英語教育をする際は何よりもまず楽しんで学べることが非常に重要です。そのため、歌や絵本などで勉強するのが子どもも楽しめてかつ英語の勉強になり非常に役に立ちます。

小さい時から文法の勉強をさせるよりも、今日ものあることを集中して勉強させることで、英語への興味を高く保つようにしましょう。

そこでおすすめが下記の二冊です。

まず「CD2枚付 頭のいい子が育つ 英語のうた45選」は英語のを歌うことで発音やイントネーションを学ぶことができます。これは本を読むだけでは理解できないですし、TOEICの勉強などでもシャドーイングは有効なので、非常に効果的な勉強になります。

参考記事:【オススメ勉強法】TOEIC初心者でもリスニングの勉強は公式問題集を基本としよう!

0さい~4さい こどもずかん 英語つき おでかけミニ (学研こどもずかん) 幼児向け 知育玩具」は年中さんまでで、さらに日本語も記載があるので100%英語の勉強向けではないのですが、自分の興味のあるものを英語でどういうのか学べるので、小さいころから英語に触れるようにすることができます。



最後の重要なのは・・・保護者による支援。

子どもたちは進歩していると感じる必要があります。成功への動機として継続的な励ましと、良い業績を称賛することが必要です。たとえ彼ら自身が基本的な英語しか持っておらず、幼い子供たちと一緒に学んでいるとしても、親はやる気を起こさせ、子どもたちが学ぶのを常に助けてあげましょう。

上にも書いていますが、失敗したからと言って攻めるのはよくありません。テストの点が悪くてこっぴどく怒られて勉強のやる気が出る子どもがいるでしょうか??

少なくても僕はそうではありませんでした。

ですので、両親は常に子どもの英語学習を見守り、失敗を起こるのではなくなぜ失敗なのかを教え、正しい道へ導いてあげましょう。