*/ ?>

【がっちりマンデー】儲かる「ムコ社長」!から考える外から来た人の新しい発想で成功!

本日(2020年10月4日)のがっちりマンデー「儲かる「ムコ社長」!」というテーマでしたが、「ムコ社長」がいろいろなことをしてがっちり儲けていることを特集していましたね。

これって非常に面白くて「ムコ社長」つまり「外から来た人」が会社を改善した、つまり今までの会社の思考法にとらわれない斬新なアイディアで成功した結果だと思います。

その辺を行動心理学の面からもちょっと考えていきましょう!

既存意識にとらわれない発想!

最初の方はお豆腐屋さんである「相模屋」でしたが、ここで「ムコ社長」が考えたのが「ザク豆腐」でした。

今まで普通にに豆腐を作ってきたのに、普通に考えたらそんなの作りたくないですよね?でも「ムコ社長」はそれをやってしまうわけです。

そして見事に成功してしまいます。

ここで二行前の「今まで普通にに豆腐を作ってきたのに」という考え方が非常に重要です。

これはつまり「現状維持バイアス」という考えにとらわれてしまっているということです。

現状維持バイアスとは何か?

現状維持バイアスとは簡単に言うと

「変化や未知の物を恐れて損失があろうと現状を維持してしまうこと」

となります。

左キャプション
左キャプション
こんなもの作ってみましょう!
右キャプション
右キャプション
うちの会社は今までこうしてきたからいいんだよ!
右キャプション
右キャプション
そんなことやるのにいくら金かかると思ってんの?金掛けるなら今のンママでいいじゃん!
左キャプション
左キャプション
・・・・

みたいな感じの事です。

つまり、長く同じ環境にいればいるほど現状維持バイアスに陥り、的確な経営判断などができなくなる恐れがあるということです。

確かに新規事業を始めるには費用もかかるし、成功するかわかりません。しかし利益が出ていない状態では、ダラダラ続けていても無駄なので新たな一歩を踏み出す必要があるのですが、現状維持バイアスによりそれが妨げられるのです。

そのような現状維持バイアスを打破できるのが、外から来た人今回でいうと「ムコ社長」なのですね。

「ザク豆腐」以外でもすごかった「ムコ社長」

それ以外でも「ムコ社長」は外から来た視点でいろいろと改善していきました。

ムコ社長のやったこと
  • 今まで感でやってきたことをAI化
  • きちんとデータを分析して人による判断をなくす。
  • 教育がないから若手が辞める→じゃあ教育すればいいじゃん!→教える人も利益があって一石二鳥

特に塗装屋さんの話はとても面白かったですね。

建築業界は確かに教育訓練がなく

建築業界の悪しき常識
  • 見て学べ
  • 技術は盗め
  • 3年は我慢しろ
  • 怒鳴られながら襲われ

こんなことが当たり前ですがそのせいで多くの若者が辞めていきます。

そこでしっかりと教育訓練をした結果、技術のある会社と認められて受注も増え、さらに若者も辞めなくなるという当たり前といえば当たり前の結果ですよね。

しかし、「現状次バイアス」にとらわれていると、その当たり前すら「未知の物」なので当たり前ではなくなるのです。

むしろ悪しき習慣が足り前となるという・・・非常に怖いですね人間の心理って。

まとめ

まとめ
  • 「ムコ社長」つまり外から来た人は新しい視点で物事を進めることができる。
  • 「現状維持バイアス」に囚われていると新しいことが全て「めんどくさく」「未知の物だから怖い」ので損失があろうと現状を維持してしまう。
  • 悪しき習慣を変えるのは当たり前の事。
  • 外から来た人こそ新しい仕事の仕方や習慣、マーケットに気づくことができる。