【4000万の物件が2500万!?】憧れのマイホームを格安で買った方法教えます!




やっぱり結婚や子どもが生まれたりすると貸家よりもマイホームが欲しくなりますよね?

人によってはマンションなのか一軒家なのか迷うところでもありますが、どちらにせよ気になるのが値段です。

もちろん中古物件であればある程度値段を抑えることもできますが、やはり新築にこだわりたいですよね?

でも新築だと値段が・・・という人も多いと思います。

今や年収は500万程度でも十分もらっているといわれるほうです。そんな中で住宅ローンまで払うのは大変です。

僕も同じような状況でしたが、今の家は元々4000万程度する物件でしたが、なんと2500万で購入することができました。

実際にはオプションを入れると3000万程度になりましたが、それでも格安でマイホームを手に入れることができました。

どうやって僕が格安でマイホームをゲットしたのか?その方法を書いていきたいと思います。

1.条件を決める

まず具体的に物件を探す前に、どのような条件で探していくか決める必要があります。大きく分けると

  • 予算
  • 頭金
  • 場所
  • 間取り
  • 構造

です。1つずつ解説していきたいと思います。

予算

まず予算が非常に重要な要素になります。いくらほしくてもお金がない or お金を払うことが出来なければ購入することはできません。

そのため事前に「住宅ローンシミュレーター」などで月々の支払いがいくら程度になるか確認しましょう。目標としては現在の家賃(駐車場や維持費などを含む)と同等かそれ未満です。

これによりある程度予算を決定することができます。もちろん、親の援助などを得ることができるのであればそれを頼るのもよいですが、私は以下の理由から親の援助は得ていません。

  • 後から「自分も払っているから住ませろ」とか「あの家は少しは俺のもの」とか言われるのが嫌だった。
  • いい大人になって親にお金を無心するのが嫌だった。

別にこういうことが気にならないのであれば親を頼ってもよいでしょう。でも僕は嫌でした。

また、月々のローンも現在の年収をもとに決めるのが無難です。今の時代将来的に年収が増加していく保証もないですから。

月々のローンに追われて、切り詰めた生活になるのも苦ですしね。

あと、ボーナス払いもやめましょう。これも今の時代は毎年毎年ボーナス出るとは限りませんからね

僕の場合は下記の頭金を払えば大体3500万くらいであれば購入可能とわかりました。

頭金

頭金が0でももちろん購入可能ですが、やはり最初に少しでも頭金を払うことで月々のローンの負担を減らせます。

月々のローンが安くなれば、少しだけオプションを追加したりできますのでやはり払っておいて方が良いです。

僕の場合は300万程度事前に頭金を払うことで、3500万までの物件が購入可能であることがわかりました。

場所

どこに家を建てるか?これは単に駅近とか実家に近いとかそういう問題ではありません。そんなの誰でも思いつきます。

それよりも重要なのは、元々の土地がどのように使われていたのか?やその土地柄です。

例えば住所の中に「湖」、「川」、「池」などがついている所は元々が沼地であったかもしれません。また、元々が水田で使われたいたところも注意が必要です。

このようなところは、大きな地震が発生した際などに液状化などの現象が起きやすいといわれています。埋立地も同様です。

その為、必ず元々の土地がどのように使われていたのかはしっかり確認してください。

土地柄に関しても全く知らないところにマイホームを購入する際は注意が必要です。

例えば、毎年地元のお祭りに半ば強制的に参加させられるとかそういう土地柄である場合、外から来た人にとってはいきなり強制的に会費を徴収させられて、出たくもないお祭りに参加させられたりでいいことがありません。

今ではネットで簡単に調べることができますので、必ず調べてから検討することをおすすめします。

間取り

間取りに関しては、今子どもが何人いるのか?将来的に子どもが何人ほしいのか?そういうこと以外にも考えることがあります。

例えば僕は階段をリビングを通ってから登れないような間取りにしました。

理由は子どもが大きくなっても必ずリビングを通る、つまり親が家にいれば親に顔を合わせないと2階に行けないようにするためです。これは昔テレビで、独立階段の住宅で親に内緒で2階に子どもが多数の友達を連れ込み、いじめをしていたというニュースを見たからです。

もちろん、欠点もあります。密閉構造ではないので冷気が下りてきやすいという欠点もあります。その点は簡易カーテンを付けることで何とかしのいでいます。

それ以外にもお風呂を2階にするのか?トイレはリビング?などいろいろありますが、家族で話し合って好みで決めればよいと思います。

構造

大きく分けると構造に関しては

  • 木造軸組在来工法
  • ツーバイフォー工法
  • 鉄筋コンクリート工法
  • 鉄骨組工法

などがありますが、多く使われているのは「木造軸組在来工法」か「ツーバイフォー工法」です。

これら2つには共に利点もあり欠点もあります。ハウスメーカーもメリットを大々的に宣伝することがあります。

日本で心配なのは耐震性ですが、よく「ツーバイフォー工法」の方が耐震性は高いと聞きます。しかし、「木造軸組在来工法」でも今では十分耐震性を確保できるという話も聞きます。

ですので、構造に関してはほかの点も考慮しつつ最終的に決定すればよいのではないかと思います。

2.インターネットで多くの住宅を探す

長くなりましたが、ここから実際に住宅を探す作業になります。

不動産屋に駆け込むのもありですが、いまではインターネットで物件情報を得ることができますのでそちらのほうがおすすめです。

そしてここでも気を付ける点が何点かあります。

  • いろいろな不動産屋 or ハウスメーカーの物件を探す。
  • 実際に足を運んで土地と場所を確認する。
  • その場で即決はしない!
  • いろいろと営業に話を聞く!
  • 提示されている金額はあくまでも最低値段!

いろいろな不動産屋 or ハウスメーカーの物件を探す。

どうしても大好きなハウスメーカーなどがある場合は別ですが、なるべく多くの不動産屋やハウスメーカーの物件を探しましょう。

それによって、いろいろな物件を見ることで利点・欠点が良く見えてきます。例えば3F建てを推奨するところは1フロア当たりが狭いけど屋上がある。逆に1Fごとの高さがあるので解放感を売りにしているところなどです。

この辺は次の「実際に足を運んで土地と場所を確認する。」ともかぶりますが、実際にオープンハウスを見学しないとわからないところもあるので、かならず見学をして多くの不動産屋やハウスメーカーを訪問しましょう。

実際に足を運んで土地と場所を確認する。

HPなどを見て駅から徒歩〇〇分と書いていても途中に大きな通りがあったりする場合もあります。また、小学校までの通学路に交通量の多い道路があると不安ですよね?

そういう所も実際に足を運んで確認しましょう。同様に土地柄というかその土地の”空気”も実際に足を運んでみないとわかりません。

例えば路上駐車が明らかに多いところや、ごみがその辺に落ちているような土地はやめたほうが良いでしょう。後々のトラブルの元です。

一度マイホームを購入すると簡単に引っ越しもできないので、土地柄を確認するのは非常に重要です!

その場で即決はしない!

いくら魅力的な家でもその場で即決はしないことを進めます。もちろん、「今買わないと他の人に買われるかも」という心理もわかりますが、それはそれで「仕方ないね」という考えを持つことも重要です。

いくら良い物件でも一度家に帰って頭を冷やして、この記事の前半で述べていることを再度確認しましょう。何度も言いますが購入してから後悔しても簡単に買いなおすことはできません!

いろいろと営業に話を聞く!

営業さんにいろいろと話を聞きましょう。これは土地柄や元の土地がどのように使われたいたのか?それ以外にもどのような人が購入しているのかを聞くのもおすすめです。

ちなみに僕がこの家を購入した営業さんは、違う分譲地で会いましたがいろいろと話を聞いた結果、「やんちゃな人」の購入が多いということで別のところを紹介してもらった経緯もあります。それが正解でしたが。

また、ほかに安い物件はないのかを聞くのもおすすめです。もちろん、土地柄にもよりますが他にも安い分譲地があるかもしれない or これから安い分譲地が出るかもしれない情報を営業さんは持っています。

なので、営業さんにはいろいろヒアリングしましょう。そのための営業さんですので。

提示されている金額はあくまでも最低値段!

よく「〇〇〇〇万円から!」とありますが、その金額はあくまでも最低金額です。基本的にその値段では買えないと思っておきましょう。

僕もその広告にひかれていったら、実際は6000万円の物件だったことがあります。

その時は営業に「今は親の援助をもらっている人が多数」とか「ボーナスで30万くらい払えば十分購入可能」など話をされましたが、全然消費者のことを考えていない営業なので無視して帰った経緯もあります。

提示されている金額を信じないことと、営業の口車に乗せられないことも重要です。

3.僕が今の家を買うまでの経緯

ここで僕が今の家を格安で買う間での経緯を書いていきます。

多数のハウスメーカーを訪問

恐らく8メーカーくらい訪問したと思います。中にはオープンハウスをちょっと見ただけで終わったところもありますが、基本的には営業といろいろ話をして決めました。

この時点で予算や頭金などは決定してあります。そのため、実際の間取りや金額などの話を聞く段階です。

もちろん、オープンハウスの構造などもみますよ。

その中で営業にもっと安い物件はないのかとかいろいろ聞きますけど。

恐らく半年くらいはハウスメーカーの訪問に費やしました。そしてこれが格安物件の購入に成功する秘訣です。

営業から格安物件の情報をもらう

多数のハウスメーカーを訪問する中で、あるハウスメーカーから近くに格安物件があるという情報を得ました。

これは2戸程度しか建築できない土地なので、ハウスメーカーとしても早く売りたい土地ということでした。

そのハウスメーカーは基本的に安くても4000万円ですが、もっとやすく提供できるとのこと。ただし値段は決まっていないので、次週会社まで来てくれれば説明するということで早速予約しました。

また、この時に実際の住所を聞いて帰りにその場所も確認しました。土地柄派などは問題なさそうですし、何よりも妻の実家の近くで妻もよくその辺の土地柄を知っていたのも強みです。

この時点で値段にもよりますが、この土地でもいいのではないかと妻と話をしていました。

まさかの4000万が2500万!

そして実際にハウスメーカーを訪問するとなんと普通は4000万の住宅をオプション無しで2500万円で良いとのこと!

しかし、ここでも即決はせずにいったん家に帰ってよく検討し、次週返答をすることにしました。他にも検討しているハウスメーカーがあったからです。

いろいろ検討した結果

  • 予算:問題なし。
  • 間取り:これから決めれるので問題なし。
  • 場所:問題なし。
  • 構造:ツーバイフォー工法。特にこだわりは無し。

ということでほぼ決定なのですが、せっかく次週行くのでその際にもう少し詳しい話(間取りなど)を聞くことにしました。

実は3000万だった!?でも2500万でいいということに

そしてハウスメーカーを訪れたところ、なぜか偉い人も同席していました。なぜかというと金額を間違って提示していたからです。

実際は3000万円とのこと!

しかし、すでに2500万円でよいと話をしてしまったため、この場で決めていただければ2500万円で良いということに!

一応、間取りもききましたが変更可能ということで、2500万円で決定しました。その後オプションなどを入れると3000万近くになりましたが

  • 元々4000万円の家を3000万円で購入できた。
  • 予算からも500万円も安くできた。
  • 間取りも土地柄も問題なし!

と大成功でした。

今でもその営業さんとは仲良くしていただいております。

一生に一度の買い物なので慎重に検討したのが成功の秘訣です!

実際マイホームの購入検討を開始してから、実際に決定するまで8か月程度かかりました。

非常に長かったのですがそれだけ慎重に検討を重ねた結果、大成功の結果で終わらせることができました。

やはり多数のハウスメーカーを訪問して、いろいろな情報を得たのが成功の秘訣だと思っています。

これからマイホームの購入を検討している人にこの記事が参考になればとてもうれしいです。

最後にマイホームの検討を購入し始めたら「新版 家を買いたくなったら」を読むことをおすすめします。

僕もこの本を読んで賃貸ではなくマイホームを購入することにしました。

マイホームを購入すると決めた人も、まだ悩んでいる人にもおすすめの本です!