【ネタバレあり!】家売るオンナの逆襲第1話の感想!




2016年7月に放送していた北川景子さん主演のドラマ「家売るオンナ」が「家売るオンナの逆襲」としてパワーアップして帰ってきました。

驚きの手腕で家を売りまくる天才不動産屋の三軒家万智(北川景子)が、訳ありのお客様の人生をも解決していくという爽快な1話完結のコメディドラマです。

今回は、無敵の三軒家の前にフリーランスの不動産屋である留守堂謙治(松田翔太)が最強のライバルとして登場し、2人がお客様の取り合いをするバトルも見どころとなっています。

「家売るオンナの逆襲」第1話のあらすじ

空き家だらけだった集落のすべての空き家を売りさばいた天才的不動産屋の三軒家万智(北川景子)と、その夫にして課長の屋代大(仲村トオル)は、2人の出会いのきっかけともなった古巣のテーコー不動産の営業課に戻ることになりました。

三軒家は不動産業界の中で有名な、誰もが恐れ、誰もが敬い、彼女に売れない家はないと自他ともに認める伝説の不動産営業マンです。

復帰早々、家爆売りモード全開で飛ばしまくる三軒家は庭野聖司(工藤阿須加)が担当していた客・花田夫妻の内見に同行します。

夫の定年退職を機に住み替えを希望しているご夫婦でしたが、なかなか家を決めようとしない専業主婦の妻・えり子(岡江久美子)。彼女の本音は、同じお墓に入りたくないので熟年離婚をして一人で賃貸に住みたいというものでした。

そこで三軒家は新たな分譲物件を紹介し、奥様の経済力では熟年離婚したとしても家を借りることはできないし、今のご時世、働き口もないので1人で生きていくことも不可能だとはっきり伝えます。ですが、いい意味で気の抜けたズボラな家事のアイディア、独創的な生活の知恵に長けているえり子は専業主婦のプロフェッショナルであること、またこの物件を買った暁には奥様専用のお墓がサービスでもらえることを伝え、専業主婦としてこの家で今世を旦那さんと一緒に添い遂げる決断させることに成功しました。

一方、ネット動画を炎上させて人気を博しているにくまる(加藤諒)が、セキュリティのしっかりした家を求めテ―コー不動産にやってきます。

担当した足立聡(千葉雄大)は最新のセキュリティーが万全のマンションを紹介しましたが要望に合わず担当を変えてほしいとのことで三軒家が引き受けることになります。

三軒家に客をとられた失意の足立はその夜、趣味のフェンシングクラブで出会い、強さと可愛らしさのギャップに惹かれている謎の美しい男・留守堂謙治(松田翔太)が同業の不動産屋であると知り、心を許し三軒家には負けたくないと内情を打ち明けてしまいます。

ある日、にくまるに物件を紹介しようとしていた三軒家の元に、フリーランスの不動産屋の留守堂が現れます。留守堂はにくまるに、YouTubeを始めるきっかけになったおばあちゃんが昔住んでいた家に似ている縁側つきの一軒家の物件を紹介します。

人様に見下されいじめられる今の生活を辞め、ひっそりと暮らしたいというにくまるはこの家の契約を決めます。

初めて客を奪われ負けたように思えた三軒家でしたが、なぜだがその夜から元社員の白洲美加(イモトアヤコ)を呼び出し、元々にくまるに紹介する予定だった一軒家の塀を壊し、その家で「丸見えハウスのサンチー」という動画を配信し始めます。

再生回数を伸ばし続ける三軒家の炎上動画を見つけたにくまるは、めらめらと闘争心を燃やし、三軒家に会いに行くことにします。三軒家は闘争心むき出しのにくまるに、たくさんの人の目にさらされ、称賛と批判の嵐を浴びながら、この丸見えハウスでYouTuberとして炎上動画をあげ続けることがあなたには必要だと告げます。

すると野次馬ギャラリーが大勢見守る中、にくまるは1億円をキャッシュで買うと家を契約することにします。

三軒家の逆転勝利となりました。

第1話の感想

相変わらずズバズバ物言う三軒家節と、客の本質を見抜き華麗に問題を解決をしている手法に爽快感を覚えます。

北川さんの目力と佇まいがこちらまで背筋をピンとさせてくれるようで、その迫力は圧巻です。

そんな三軒家の謎に満ちた屋代課長との結婚生活も少しづつ露わになってきました。

家での呼び名は「課長」と「三軒家くん」であることや、物語の終盤に飛び出た「私は課長の妻ですから、課長の元しか帰るところはありません。」という三軒家らしからぬ胸キュン台詞に見ているこちらまでもがニヤけてしまいました。

またライバル役である留守堂が華麗に客を奪ったことにより、今まで負けなしの三軒家の悔し気な一面を新たに見ることができました。今後の2人のバトルの行方も気になります。

今後の予想、希望展開、ゲスト出演の予想

主役以外のキャスト陣もキャラクター設定がしっかりとされているのがこのドラマの魅力だと思います。

特に新しく加わった生意気なダメ社員・鍵村洋一(草川拓弥)と、上から目線でやる気のないデスクの床嶋ゆかり(長井短)が、三軒家と関わることでどう変わっていくのかも興味深いです。

また、ライバル役である留守堂の客へのアプローチ戦略は鋭く、今後三軒家を脅かす存在となること間違いなしです。

そんな彼に恋心を抱き始めている足立の動きも物語をかき乱してくれそうです。

また三軒家にほんのり好意を寄せている庭野の恋の行方も気になります。

個人的には大好きなキャラクターである白洲が宅間剛太(本多力)と離婚してシングルマザーとしてちちんぷいぷいでアルバイトをしていることに驚きました。

白州と三軒家の2人の掛け合いが好きなので、ぜひまたテーコー不動産に戻ってきてくれると嬉しいです!

次回の1月16日(水)放送の第2話では、訳あってネットカフェ暮らしをする神子巴(泉ピン子)が家探しをするようです。

そこにまた留守堂が再び現れ横取りをしようと試みますが、勝利の女神はどちらに微笑むのか!?

第2話も楽しみです。