【ネタバレあり!】家売るオンナの逆襲最終話の感想!




「家売るオンナの逆襲」最終話のあらすじ

ずっと想いを寄せて来た女神の存在が三軒家万智(北川景子)ではなかったことを知った留守堂謙治(松田翔太)はショックを受け、忽然と姿を消し、1年が経過しました。

一方、新宿営業所では急成長を遂げた外資系ライバル会社・リッチブラスト不動産によって新宿エリアを侵食され続け、このままでは渋谷支店に吸収合併され、社員もリストラになるかもしれないという危機に直面していました。

そんな中、三軒家と庭野聖司(工藤阿須加)は、リッチブラストが相場より高い価格で次々買い占めているといわれている新宿の集合住宅群・新宿ガーデンハイツに足を運びました。現在ガーデンハイツには老兄弟・藤見明(笹野高史)と譲(本田博太郎)のみが暮らしている状況です。

リッチブラストからの立ち退き要求に抵抗している2人は、不動産屋だという三軒家と庭野に対しあからさまに嫌な顔をします。しかし三軒家はなぜか緊張している様子。2人を目の前にしゃっくりが止まらなくなります。

その頃、新宿営業所の足立聡(千葉雄大)をはじめ、八戸大輔(鈴木裕樹)、宅間剛太(本多力)が次々とリッチブラスト不動産に客を取られていきます。そのやり方が自殺物件を人の死に慣れている葬儀屋や病院関係者に売るなど、三軒家が家をこれまで人に売ってきた手法にそっくりなのです。不審に思った足立は庭野を引き連れ、ゲイカップルを装ってリッチブラストの偵察に行くことにします。

するとそこでは直接社員が物件の要望を聞くのではなく、AI(人工知能)を駆使しすぐにぴったりな物件を探してくれるという最新システムを導入していました。驚きを隠せない足立と庭野をさらに驚かせたのは、なんとリッチブラストの副社長はあの留守堂だというのです。

2人の前に現れた留守堂は、三軒家への復讐心からこの三軒家の知能やノウハウを持ったAIを生み出したといいます。さらに留守堂は、新宿ガーデンハイツをすべて買い占め、都市型リゾートタウンに再開発し、富裕層向けに売るつもりだと語ります。

留守堂の変わり果てた姿に衝撃が走る中、さっそくこのことを屋代大課長(仲村トオル)に報告します。騒然とする新宿営業所でしたが、なぜか三軒家は気に留めるそぶりもなく愛媛への出張の許可を取ると足早に出て行ってしまいます。

そんなある日、リッチブラストの社員が明と譲に立ち退きの説得していると、三軒家が現れ2人はかつて一世風靡した7人組の大人気コミックマジシャングループ・マジック7のメンバーだったことを明かします。三軒家は幼いころグループの大ファンだったので2人を前にすると緊張でしゃっくりが止まらなくなっていたのでした。

三軒家は廃園になった保育園ごと新宿ガーデンハイツを復活させ、子育て世代の子育てをリタイア世代の人間が支える新しい理想郷として生まれ変わらせる計画を提案しました。その起爆剤としてマジック7の再結成&復活イベントを開き人を集めたいと話しますが、そこに現れた留守堂に阻止されてしまい、ついには弟の譲は家を売ることに同意してしまいます。

三軒家は新宿営業所に戻ると、新宿ガーデンハイツの再生プロジェクトのために、100億円をかけガーデンハイツを買い取りプロジェクトを進めたいと切り出します。社員は一丸となって三軒家の提案を受け入れプロジェクトに懸けることにします。さらに三軒家が社長に直談判をしに本社へと向かい、社長はある条件を受け入れてくれるのであれば金銭を捻出すると切り出しました。

次に三軒家は、明と譲に元マジック7のメンバーである残りの5人を引き合わせました。三軒家が全国各地に出張していたのはメンバーを集めるためだったのでした。子供たちを集めてマジック7の復活マジックショーを開催することになりました。

そして三軒家は変わってしまった留守堂の元を訪れ「私はあなたに負けません」と宣戦布告します。

マジックショー当日、前日に骨折してしまったので明の代役とし、本番直前に突如現れた留守堂がステージに立つことになりました。得意のフェンシングで華麗にサーベルをさばき観客を魅了させます。その中で見ていた足立は、マジックショーを終えて去っていく留守堂を追いかけ話しかけます。以前の優しい笑顔を取り戻した留守堂の姿に肩をなでおろすのでした。

マジックショーは大盛況に終わり、保育園も予約の申し込みが殺到しました。

プロジェクトが大成功を収めたことから、屋代は部長へ昇進、足立は課長へ昇進、そしてなんと三軒家は社長兼新宿営業部売買部チーフに昇進しました。社長に直談判に行った際にお願いされた条件とは自分の代わりに次期社長になることだったのです。

そして留守堂はというと、海辺の町でサンペー不動産として働くことになったというハガキが届きました。そこには初恋の本当の相手で会った山田かずことの幸せそうなツーショットが。足立も幸せそうな留守堂の姿に笑みを浮かべるのでした。

こうして無事に新宿営業所を守り抜くことができた三軒家にはもう一つおめでたい話が。なんとお腹に赤ちゃんができたというのです。社員は一層お祝いムードに沸くのでした。

最終話の感想

ついに最終回が終了しましたね。留守堂の豹変っぷりに驚きましたが最後は本来の自分を取り戻し、お互いに幸せが訪れた最終回でした。

もともと優しい性格の持ち主の留守堂には幸せになってもらいたかったので、初恋の女性と一緒になることができてホッとしました。

またいつもはバラバラな新宿営業所でしたが、危機に直面した時は一丸となって三軒家についていくと一致団結する様が感動を生んだラストだったと思います。

さらに社長&ママになるという結末は予想だにしないダブルサプライズでしたね。社長になっても、ママになってもますます走り続ける三軒家の姿を見たいです。続編に期待です!