【ネタバレあり!】家売るオンナの逆襲第6話の感想!




「家売るオンナの逆襲」第6話のあらすじ

小学校の同級生だった留守堂謙治(松田翔太)は三軒家万智(北川景子)に、今も昔も愛し続けていると告白したところから第6話が始まります。

あっさりと留守堂はフラれてしまいますが、留守堂はこれからも「心からの愛を持って挑み続ける」と宣言します!

そんな2人のやりとりを盗み見ていた屋代大課長(仲村トオル)は動揺しながら一人立ち寄ったスーパーで、バーちちんぷいぷいをクビになった白洲美加(イモトアヤコ)が新しくパートを始めたとのことで偶然遭遇します。

そこで美しく色っぽい店長・三郷楓(真飛聖)に風邪を心配され優しくされ先ほどまでのモヤモヤした気持ちが晴れていきました。

翌日、カリスマ美容師・八十多湊人(武田航平)とビジネスパートナーでもある妻・つぐみ(内山理名)夫妻が来店し、商売繁盛のため風水的に優れた家を紹介してほしいとのことで三軒家と庭野聖治(工藤阿須加)の元にやってきます。

早速完璧な物件を紹介し、あっさり契約成立となります。

しかし「私たちは友達夫婦」だという2人に何か違和感を覚えた三軒家はどこか浮かない表情。内見終了後に庭野に湊人の尾行を命じます。するとなんと湊人は若い女性・尾田まり(筧美和子)と堂々と不倫していました。

三軒家はつぐみから内情を聞くことにします。実は八十多夫妻は、人間同士としては愛し合い並んで歳を重ねていきつつもお互いに恋人を持つことを公認する友達夫婦でした。湊人には彼女がいますが、つぐみは年上の彼を募集中だと打ち明けます。

一方その頃、留守堂は大学教授の尾田順平(橋爪淳)に家探しを頼まれていました。年の離れた元教え子の若い妻・まりとは子供を作らず、妻を独占し2人で見つめ合っていきたいとのことでした。結婚して7年目になり新鮮味もなくなってきたので、新婚の時のような気分になれる家を探していると相談されました。

その夜、屋代課長から留守堂の正体を聞いた庭野は、留守堂が三軒家に近づくことは不倫に当たるとして、釘を刺そうと鼻息を荒くしながら留守堂の元を訪れます。しかしそこで、留守堂に「愛していると伝えただけで家庭を壊すつもりはない。ただ密かに人を想うことは不倫ではなく心の自由であって人として許されることだと思う。」と諭されます。さらに庭野の三軒家への気持ちまで見透かされ、同じ女性を愛する者同士としてあっという間に2人は意気投合します。

ある日、テーコー不動産に家の契約のために来店した湊人を追いかけ、まりの浮気に気付いた順平が怒り心頭の様子で乗り込んできました。まりとの家を買うと勘違いした順平は家を買うこと許さないと言い出しますが、つぐみとの家を買うと知るとふざけた夫婦関係だとし余計に激昂します。

尾田夫婦も了承済だとばかり思っていた湊人はショックを受け、家探しを一旦白紙に戻してほしいと言い出します。

翌日、なぜか留守堂がテイコー不動産に現れます。三軒家と留守堂はタッグを組み「運命の出会い大作戦」名付けて「Make destiny operation」というプロジェクトを始動することを発表します。まだ出会っていない順平とつぐみを引き合わせ、恋に落ちさせ、八十多夫妻と尾田夫妻の四角関係にさせるものでした。作戦がうまくいき恋人同士となった順平とつぐみ、さらに湊人とまりの4人はそれぞれ、三軒家と留守堂の提案通りに同じマンションの違うフロアに家を購入することになりました。

最強タッグを組んだ2人の作戦は無事に成功したのでした。

そんな2人の様子に戸惑う屋代課長は再びスーパーに立ち寄ると、突然倒れてきた大量のサバ缶から店長・三郷さんを守ったことにより2人はいい雰囲気になるのでした。

第6話の感想

「W不倫」というなかなか扱いづらい内容がテーマとなっていましたが、4人の関係を「ホーム」と「エロス」になぞらえ理路整然と説明する三軒家がごもっともで面白い展開でした。

毎回テーマは重いのにこの作品だとなぜかコミカルに描かれていて、こういう人生もありなのかもと思わせてくれるから不思議です。

それにしても留守堂の「ただ密かに人を想う心の自由」は名言だと思いました。世間ではすぐ「不倫」「不貞」と騒がれてしまいますが、誰も傷つけずに誰かに想いを寄せることは許される心の自由なんだと思います。

今後の予想、希望展開、ゲスト出演の予想

今回は留守堂に想いを寄せる足立がところどころで嫉妬したり、喜んだりしていましたがいつもより影の薄い印象でした。いつも物語をこじらせてくれる存在なので、来週以降に期待です!

また新しく登場したキャラクター・三郷さんと屋代課長の恋模様の続きも気になります。三軒家の嫉妬する姿が見れたらかわいいだろうなと個人的に思っています!