【ネタバレあり!】家売るオンナの逆襲第7話の感想!




「家売るオンナの逆襲」第7話のあらすじ

テーコー不動産にてウーマンプロジェクトが開始することになりました。女性が活躍し輝くためのプロジェクトです。

女性社員の代表メンバーとして三軒家万智(北川景子)と、屋代大課長(仲村トオル)の元部下のキャリアウーマン・朝倉雅美(佐藤江梨子)と、足立聡(千葉雄大)の同期で仕事と子育てを両立させているワーキングマザー・宇佐美サキ(佐津川愛美)が選ばれました。女性向けのポータルサイトを作ることになった3人はプロジェクトの打ち合わせを進めますが、既婚者ですが子供のいない人生を選択した朝倉と、子育て中で家選びにも子供中心の理由からいちゃもんをつけてばかりの宇佐美が何かと対立し、なかなかスムーズに進みません。

さらに、宇佐美は時短勤務で打ち合わせを途中で平然と切り上げ帰っていくので、2人の関係はますます悪化していきます。

その頃、宇佐美は子育てと仕事を両立できて、子供の安全も確保された物件を同期の足立の紹介で留守堂に探してもらっていました。

さらに、同じく家探しをしているという朝倉は、社内でも評判となっていた三軒家に家探しの相談を持ち掛けます。また仕事終わりにストレス発散のために三軒家と庭野聖治(工藤阿須加)を大好きなボーリングに誘います。三軒家は意外にもボウリングが下手で、まさかのスコア0を叩き出し2人を驚かせます。

その頃、連日家を売ることばかりに集中しなかなか家に帰ってこない三軒家に不満が募る屋代課長は、癒しと愚痴の発散を求めてちちんぷいぷいに行くことにしました。するとそこに白洲美加(イモトアヤコ)と美人な上司・三郷楓(真飛聖)がやって来ます。白洲からのナイスアシストもあり、三郷と夜遅くまで一緒に飲むことになりました。何やら恋が始まってしまいそうな予感です。

一方、留守堂謙治(松田翔太)への恋愛も、仕事もなかなかうまくいかないことにもどかしさを感じている足立は、留守堂が万智に抱く恋心に気付きながらも自分のアピール方法に悩んでいました。なかなか「好き」の一言が伝えられず、突然部屋が停電したことを理由に抱きついてみましたが、留守堂はまったく何も気づいていない様子です。

翌日、朝倉に物件を紹介していると、留守堂と宇佐美も同じ物件の内見にやってきました。子育てにぴったりな物件で保育所からも近いとのことでどうしてもここにしたい朝倉と、通っている鍼灸院に近いと主張する宇佐美。またもや対立状態となりましたが、留守堂は三軒家VS留守堂のボーリング対決でどちらが住人になるか決着をつけたいと言い出します。

ボーリングが全くできない三軒家でしたが、過去にプロボーラーを目指していたという白洲にボーリングを教えてもらい、そんな努力の甲斐もあって、無事ボーリング大会で勝利をおさめ朝倉が住人の権利を勝ち取りました。

翌日、ウーマンプロジェクトから降りたいと言い出す宇佐美に、三軒家は物件を紹介することにしました。この戸建ては宇佐美の職場からは遠く一見不便に見えるが、旦那の会社から近いため子供の送り迎えは旦那にお願いしてみてはと三軒家から提案を受けます。

共働き夫婦であるにもかかわらず妻だけが二足の草鞋を履くことがそもそもおかしな話であるとバッサリ伝えると涙を流す宇佐美。そこに旦那が現れ、旦那の会社にまもなく託児所が設置されることを知り物件の契約が見事に成立しました。

第7話の感想

バリキャリvsワーママの家を巡る熾烈なバトルが見ものでした!何かあると育児を理由にして周りを何も言わせなくさせる宇佐美のキャラクター。

こういう人いるかも…と思ってしまうほど妙にリアルで面白かったです。

意外にもボーリングが下手という三軒家のギャップにも萌える会でした。それにしても投げ方が変でしたね。(笑)

そして連日帰りが遅い三軒家に不満が爆発した屋代課長はついに三郷さんとご飯に行ってしまったようでした。三軒家が「屋代課長の帰りが遅い日が続いている」と心配すると「君にだけは言われたくない」と怒る屋代課長に少し悲しそうに驚いた表情が切なく印象的でした。

今後の予想、希望展開、ゲスト出演の予想

何やらご機嫌そうに「愛の戦いに挑む」と言う留守堂に来週はいったいどんな展開になるのかハラハラさせられています。

そして予告を見て一番気になったのは「課長の裏切り」という文字。

三郷さんと屋代課長の関係、どうなっていくのでしょうか?

個人的には三軒家の悲しむ顔は見たくないです・・・。

来週も待ち遠しいです!