メンズヒゲ脱毛の痛みはどのくらい?脱毛方法ごとの違いを解説!








美容に関心があるメンズの間で、今話題になっている永久脱毛。

ただし、施術には激しい痛みが伴うとうわさされていることもあり、興味はあっても抵抗を感じている方がほとんどなのではないでしょうか。

脱毛の痛みの感じ方は肌質、肌の色、毛の太さ、毛の量によって個人差がありますが、脱毛方法によっても大きく差が生まれます。

そこで今回は、メンズヒゲ脱毛の痛みはどのくらいなのか、脱毛方法ごとに感じ方をまとめました。

メンズ髭脱毛方法の種類と痛みの強さ

ヒゲ脱毛には大きく分けて3種類の方法があり、痛みの弱い順ではフラッシュ、医療レーザー、ニードルとなります。

フラッシュ脱毛は中堅エステで行える方法ですが、痛みはこの中でもっとも軽く「ゴムを50cm先に伸ばして弾かれた」というイメージです。ショット数が少なめで照射面積も広いため、若干痛みが分散されるように感じるでしょう。

次の医療レーザー脱毛は「涙が出る痛さ」と言われていてますが、医療機関で行えるため痛みを軽減させることができます。麻酔クリームや笑気麻酔、麻酔シートなど痛みを和らげる方法はたくさんあり、傷みに弱い男性でも安心です。

最後のニードル脱毛はメンズエステの大手でよく行なわれている方法ですが、もっとも痛みを感じやすく途中でやめてしまう人が多いほど。ただしエステティシャンの技術レベルによって痛みに差があるので、上手い人に当たると痛みは軽減されるでしょう。

メンズひげ脱毛の痛みを感じやすい人の特徴は?

フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の場合、毛乳頭にダメージを与えることのできる光を当てて脱毛を行います。

光は黒い毛をターゲットとして反応し、黒い毛を認識するのはメラニン色素であるため、日焼けしている人は肌の白い人よりも痛みを強く感じやすくなります。

ヒゲの密集度によっても感じる痛みは違い、密度の濃い方が激しく痛み、まばらに生えている方が痛みを感じにくいでしょう。

さらに肌が乾燥していると痛みを感じやすいため、ヒゲ脱毛を考えている方は日頃から保湿ケアをしておくといいかもしれません。

メンズひげ脱毛で痛みの感じやすい部位とは?

ヒゲ脱毛は照射部位によっても痛みは大きく違い、痛みがもっとも強いと言われているのはヒゲの密度が濃い「鼻下」です。

口周りは体毛でも髪の毛の次に毛の密度が濃いため、頬やフェイスライン、顎下や首に比べて圧倒的に痛いです。

ただしその分照射範囲は狭く、5分~10分程度我慢すればクリアできるので安心してください。

痛みに耐えられなかったらどうすればいい?

注射と同じように、ヒゲ脱毛の痛みの感じ方にも個人差があります。ただ「耐えられないくらい痛い!」と思ったときは我慢せず、エステティシャンにきちんと伝えるようにしましょう。

レーザーやフラッシュの場合は照射出力を調整してくれるはずですし、クリニックによっては痛みの様子を見つつ休憩を入れてくれることも。

ストレスを抱えない程度の痛みに調節してもらうことが、その後の継続のカギとなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はメンズヒゲ脱毛の痛みはどのくらいなのか、脱毛方法ごとに感じ方をまとめました。ヒゲは体毛の中で髪の毛の次に密集していて濃く、根元も深いため、他の体毛よりも痛いのが特徴です。

無理のない範囲で続けられるよう、しっかりとカウンセリングを受けながら脱毛方法を決めていってみてください。