【家計管理】家計を効率的に管理するための10のコツ!




お金をどう管理していくかは非常に難しい問題です。普段の家計が厳しいので退職後を考えての貯金がなかったり、何かあった場合の貯金がない場合など心配事はたくさんありますよね?

心配事が何であれ、魔法のように一瞬で家計が改善することはありません。

より良い家計管理をするためには、なるべく早く家計を管理するために経済的にもよい習慣を始める必要があります。

と、いうことでこの記事ではあなたの家計管理を改善する10のコツを紹介していきたいと思います。

1.お金の優先順位を考える。

まず予算を組む前に優先順位を決める必要があります。どのような計画をする場合でも、まず優先順位をよく考えましょう。

まず、お金を使う焦点をよく考える必要があります。もし、あなたがクレジットカードでのリボ払いや、その他にカードローンなどがある場合はその借金を返済することが一番の目標です。

お金の優先順位ができる限りあなたの個人的な趣味や価値観と一致するように設定するのが、ストレスもたまりにくい方法です。例えば海外旅行のために貯金する、将来の車検のためにお金を取っておく、子供の進学費用などですね。

お金の心配事は多いですが、まずは優先順位を決めましょう。

2.毎月の収入を管理する。

正確な家計管理をするには、収入を正確に知る必要があります。サラリーマンであれば簡単ですが、フリーランスの人は収入が固定ではないのでちょっと難しいかもしれません。

ここで重要なのは臨時収入があった場合も散財せずに必ず正確に管理することです。ちょっとしたアルバイトやブログでの広告収入なども正確に管理するようにしましょう。

正確な収入管理が正確な家計管理への第一歩となります。

3.お金をどこで使ったかを追跡する

上記と逆ですが、どこでどんなお金を使った正確に管理するようにしてください。

クレジットカードの明細書、公共料金の請求書、食料品のレシートなどは常に保管し、家計簿に反映するまでは絶対に捨てないようにしてください。

できる限りカテゴリー分けをして管理をすると、前月との比較ができてどこで浪費しやすいかという癖もよくわかります。

重要なのはひと月の最後にまとめて記入せずに、毎日使ったらすぐに家計簿に記入することです。

毎日書けばあとどれくらいの予算が残っているかもすぐにわかりますし、自分がどの程度無駄遣いをしているかもすぐにわかりますよね。

毎月、最後に管理しようとすると気づいたら赤字になっていることがあります。

4.計画を立てる – 任意の計画

収支管理をしっかりできるようになったら計画を立てましょう。

あなたがフィットネスマニアだとしましょう。フィットネスに関するいろいろな費用を合計したとき、あなたは平均的な月に、あなたはジムの会員資格、ヨガの費用と新しい運動用具にお金を使うことに気づくでしょう。

それがあなたにとって重要であるならば、それをなくす必要はありません。

しかしもし家計がきつければ、どこかで埋め合わせをしないといけません。例えば毎日の昼食を外食にするのではなく、お弁当を持っていくとか、飲み会は月に一回しか参加しないなどです。

臨時支出を考えて毎月給料天引きで預金できるようなシステムも非常に便利です。

5.計画に固執する

計画を選択したら少なくとも1か月間試してください。今まで通りの予算が使えないことに最初はストレスがたまるかもしれませんが、一ヶ月は必ず我慢して続けましょう。

重要なのは家計管理になれることです。毎日家計簿をつけるのがめんどくさくても習慣としてしまえば簡単になります。

6.緊急事態に備える

優先順位に関係なく、簡単にアクセスできる臨時支出用の口座を持つことをおすすめします。

何が起こるかわかりません。突然失業したり、交通事故にあったり、手術が必要になったりと突然出費がかさむこともあります。

問題が発生したときに対処するためのお金を持っていると、非常に便利です。

どのようにあなたが緊急事態のためにお金をためていくかはあなた次第です。上に書いたように毎月の天引きでもよいですし、ボーナスの半分でもよいでしょう。なるべく簡単に済む方法にすることをおすすめします

7.投資は余剰資金でやる

今回の記事はあくまでも家計管理に焦点を当てているので、投資目的の貯金はお勧めしていません。

模試投資をするとしても、投資は余剰資金でやりましょう。

臨時支出用の口座を投資用の口座とする人もいますが、投資用の口座は何かあった時にすぐ引き出せるとは限りません。できる限り普通預金口座に貯金することをおすすめします。

普通預金口座であればよっぽどのことがない限りお金が無くなることはありません。

8.ポイントなどを利用する

ポイントなどを利用して家計を楽にするのも考えてみましょう。

例えばポイントが多くたまる日に買い物をしておくとか、日用品などである程度保管期限が長いものは、ポイントが多くもらえる日に半年分購入するとかいろいろな方法があります。

もちろん、ポイントはお金ではないので貯金はできませんがそれでもお金の節約にはなります。

注意してほしいのが、ポイントをためるために買い物をしてはいけないことです。ポイントをためるために買い物をして、気づけば送料もかかって普通に買うよりも高くなってしまった・・・ということがないようにしましょう。

9.借金は早めに返済する

もし、今リボ払いやカードローンがあるのであればまず返済を優先させましょう。両方とも利子の分多くい払っていることを考えれば、損をしていることは明白です。

複数のローンがある場合はおまとめローンなどで一つにまとめてしまいましょ。

10.自分に最適な方法を見つけて、それを実行する。

自分にとって良い方法を見つけるまでは試行錯誤してみてください。

ただし、自分にとって最適だと思える方法が見つかったら、簡単に変えないことをおすすめします。

新しいシステムは慣れるのに時間がかかります。それよりも自分に合った方法を効率よく実行するほうが良いと思います。

最初はさまざまな家計簿やアプリで自分にはどの方法が向いているのか、よく確かめましょう。

家計管理のヒント:まとめ

家計を管理する上で最大のポイントは、収入と支出をはっきりと把握することです。予算を決めて家計簿で管理していけば大きな赤字に陥ることはないでしょう。

一度計画を立てたらそれを確実に実行していきましょう。ただし、重要なのはストレスがたまらない程度に行っていくことです。