特殊メイクのすごさやスタイリッシュな迫力ある演技が魅力!【ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男】




この映画はアカデミー賞作品であり、日本人の辻一弘氏が主人公ウィンストン・チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンなどの特殊メイクでメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したことで日本国内の各メディアでも取り上げられ非常に話題になっていました。

話題作であったため多少の興味はありましたが、普段歴史上の実話の映画はあまり好んで見ることはないし、この映画の監督や出演している役者が特別に好きというわけでもなかったので、ロードショーでは見ませんでした。

しかしロードショーが概ね終わった後、年間パスポートを持っていていつも通っている単館系の映画館でこの映画が上映されていたので、せっかくの機会なので見てみることにしました。

主人公チャーチルの特殊メイクがとにかくすごい

何といってもやはり主人公ウィンストン・チャーチルを演じるゲイリー・オールドマンの特殊メイクの技術がすごかったです。

この顔でこの体形の人物が実在しているように本当に自然で、メイク技術に関してはさすがアカデミー賞で受賞しただけのことはあるなと思いました。

また歴史上の映画は舞台となる当時の街や人々を含めた全体的な雰囲気が不自然に表現されていることが多いと感じているのですが、この映画は舞台となっているイギリスの当時の様子や全体的な雰囲気がとても自然で違和感がありませんでした。

そして主人公ウィンストン・チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンを筆頭に、他の役者たちも皆とても演技に迫力がありました。

迫力ある演技に合わせて流れる音楽もよく合っていて見ていて気分が高まりました。ウィンストン・チャーチルの有名なVサインのシーンは新聞のショットを含め一連の流れがとてもスタイリッシュでよかったです。

ちょっとだけ演出に違和感も

主人公ウィンストン・チャーチルがドイツとの和平交渉を進めるべきか否か悩んでいるときに、当初は関係が悪かった英国王が突然チャーチルの自宅を訪問してきて助言をして信頼関係を深めるシーンがあります。

重要なシーンなのですがあまりに唐突すぎて不自然でした。

またチャーチルが民衆の声を聞くために突然一人で地下鉄に乗るシーンがありましたが、これも唐突すぎるように感じました。本物のチャーチルがたった一人で地下鉄に乗ってきたので民衆は皆驚いたはずなのに、次々と自己紹介を始めた場面も不自然で違和感がありました。

この映画は全体的に実話に基づいて作られていると思われますがこのシーンはフィクション感が強くとても変な感じがしました。

全体的に画面が暗いので大画面で見るのがお勧めです。

どちらかというと大画面でみることをお勧めします。

この映画はSFやファンタジーではなく激しい戦闘シーンもないので、内容的には必ずしも大きなスクリーンで見なくてもいいように思いましたが全体的に明るい映像が少ないので、自宅の小さなテレビ画面などで見ると地味に感じてしまうかもしれません。

また,大な見どころだと思うアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した主人公に施された特殊メイクのすごさは自宅の小さなテレビ画面などでは感じられないと思うので、大きなスクリーンで見るべきだと思います。

役者の演技に合わせた音楽も素晴らしいので音響設備の整った環境の方が映画の迫力を感じられると思います。

特殊メイクのすごさだけでも見る価値あり!

この映画はアカデミー賞作品であり初めて日本人がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したものであることを踏まえ、その特殊メイクの技術がすごいことを強調して勧めたいと思います。

主人公ウィンストン・チャーチルを演じた役者は特殊メイクを施されておりこの顔の人物は実在しないことを伝え、特殊メイクをしていないゲイリー・オールドマンの姿を示せばメイク技術のすごさが伝わり映画自体に興味がなくても興味を持つのではないでしょうか。