ゾンビ物だけど実は笑える!【カメラを止めるな!】




もともとは「カメラを止めるな!」が全国で上映する少し前に、何度か映画館で宣伝を見て気にはなっていました。SNSなどでもしょっちゅうこの映画の話題が上がってましたし、悪い噂を殆ど聞きません。

もう一度見たくなるとか、全く新しい感覚だとか……。

また映画好きの友人が、この映画がすごい面白いらしいと教えてくれたのも余計に気になるポイントでした。

ゾンビ映画を撮っている最中、なかなかうまい映画が撮れず難航しているところに本物のゾンビがやってきた。またたく間に恐慌に陥る撮影現場で監督は力強く言う「カメラは止めるな!」と。

もう映画の設定からして反則級に面白い雰囲気がグイグイ伝わってきます!その友人は、できることなら客入りの多い映画館で見たほうがいいよ、とおすすめしてくれました。

この映画はコメディ系で思わず笑っちゃうシーンがあるみたいなんです。

大勢集まると笑いが笑いを呼んで劇場が爆笑の渦に巻き込まれるとか!こんな楽しそうな話を聞いたのでひじょうにみてみたくなりました。

「何か変?」という感覚も全て演出者の意図に含まれている面白さ!

思いもよらない展開の連続で、飽きるということをさせてくれません。

なんとも言えない雰囲気で始まった映画を見ていると「あれ? なんか変だぞ?」という感想を抱くと思いますが、それも全部製作者の計算のうちです。

ストーリーの中には伏線がこれでもかと言うほど散りばめられていますので、映画を見終わったらもう一度見たくなること間違いありません!少なくとも、自分はこれほど2回目が見たくなった映画は始めてです。

最初はあまりハマらないと思いますが、後半に行くに連れて面白さが加速していきます。この前半と後半の物語の勢いの差が、よりこの映画を面白くさせていると思います!

特に一度も見たことない人と一緒に見に行くのが一番楽しめると思いますね。ネタバレしたい! という欲を抑えながら、しめしめという気持ちで観るのは最高に楽しいと思います!

映画の最初の方はすこしつまらないかも

「カメラを止めるな!」は伏線回収を初めた瞬間から面白くなってくるので、そこまでは我慢してもらうほかないです。もしかしたら映画が始まってからしばらくの間は「なんでこれがあんな流行っているんだ? 騙されたのかな?」という気持ちが出てくるかもしれません。

むしろ「なんだこれ?」と思ってしまう以上、すでに「カメラを止めるな!」の罠にハメられてると言っていいでしょう。ちなみに、二回目に見た場合は全編通して面白いようになっているので、安心して観に行ってください!

もう無理だけど「カメラを止めるな!」は映画館で見てほしい!

「カメラを止めるな!」を観るなら絶対に映画館で観ることをオススメします!もう無理ですけど・・・。

この映画は一緒に見る人が多ければ多いほど輝くタイプの映画です。レンタルを待つよりも映画館……それも休みの日の混む時間帯に大勢の人と一緒に観るのがいいでしょう。

前述したように、面白いシーンでは会場全体が一つになって、爆笑の渦に包まれるので、もう遠慮せずに声を上げて大笑いしちゃったほうが楽しいです。といよりか、まず耐えられません!

遠い目線で映画の中を楽しんでほしい

映画を楽しむには2通りの楽しみ方があります。

一つは登場人物に感情移入して、まるで彼らのようになりきって観る楽しみ方。

そしてもう一つは、自分はあくまで映画を観ている観客だとして、登場人物たちとは距離をおいて観る楽しみ方。

「カメラを止めるな!」は後者の楽しみ方が輝く映画です。「こいつら何やってるんだ?!」とか「あーあー大丈夫か?」とか、思わず口を出しちゃいたくなること間違いなしです。

まるでスポーツ中継を観ていてツッコミをいれるような感じで、軽いノリで楽しめちゃいます。またゾンビものでありながら、意外と現実に即した物語でもあるんです。

仕事を普段頑張っているお父さんなんかは、共感できるところが多々あると思います!