「同一労働・同一賃金」はいったい誰のための法律なのか?問題点多いのでは?

同一労働同一賃金の規定を盛り込んだ「パートタイム・有期雇用労働法」の施行が2020年4月ともうすぐそこまで迫っていますが、これによって実際社会はどう変わるのでしょうか?

個人的な思いとしては絶対的な「同一労働・同一賃金」は無理だと思うのですけど・・・。

そもそも「同一労働・同一賃金」とは何か?

PRESIDENT Onlineのニュースから引用すると

たとえば基本給については「能力・経験」や「業績・成果」、あるいは「勤続年数」に応じて正社員に支払っている場合は、非正社員も実態が同じであれば同じ額、違いがあれば、違いに応じた額を支給しなければならないと言っている。また、正社員の基本給が毎年、勤続に伴う能力の向上に応じて昇給する場合、非正社員も同じ能力が向上すれば同じ額を昇給させ、能力に違いがあればその違いに応じた昇給をしなければならない。ボーナスも会社の業績への貢献度に応じて支給する場合、非正社員が同じ貢献をしていれば同じ額を、貢献度に違いがあれば違いに応じた額を支給する必要がある。

PRESIDENT Onlineより抜粋

つまり、正社員と非正規社員間での格差をなくせということですね。文章だけ見ると年功序列だろうが成果主義だろうが関係なく、正社員と非正規社員が同じ仕事、同じ勤続年数であれば、同じ給料を支払いなさいと・・・。

正社員への影響

正社員への影響は大きく考えると

  • 非正規社員の給与を上げなきゃいけないので、基本給の減少、手当などのカット

が考えられます。非正規社員の給与を正社員と同じにするとなると、それなりに給与を上げないとだめですからねぇ。

そんな事軽々としてしまえば会社は倒産しますよ!

その為には正社員の給料を下げて

「はい、正社員も給料これしかもらてないので、非正規社員さんもこれで我慢してね」

ってなるのではないでしょうか?

非正規社員への影響

現在非正規社員の場合は今年三月でいったん雇止めや、逆に給料の下がる影響もあります。

つまり、正社員でも非正規社員でも「同一労働・同一賃金」は

  • 得をする人が誰もいない可能性がある

事になります。果たして政府の狙いはいったい何なのでしょうか?

問題点が多すぎる!?政府はどう解決するのか?4月以降が見ものです

今の段階で数多くの問題点が指摘されている「同一労働・同一賃金」ですが、政府がどういう対応をするのか?

4月以降が見ものとなりそうですね。

まぁこれまでの派遣法の経緯とか考えても何もしなさそうですけど・・・。

こんな記事もおすすめです♪