転職成功者が教える!転職中にやっていたこととは?







転職活動はいろいろな人の体験談を聞くと職業や年齢によっていろいろな転職方法があることが分かります。もちろん、万人に当てはまる方法はないのですが、多くの体験談を目にすることによって自分に合った方法が見つかる可能性が高くなります。

【転職体験談】では多くの人の転職体験談から、自分に合った転職体験談を見つけたい人の助けになればと思い後悔していきます。

転職する場合には企業のことを深くまで知ることが重要

私の場合は営業職から飲食業界への転職でしたが、求人サイトで見てるだけでは表面的な部分しかわかりません。

理解を深めるためにはホームページなどを見てよくその企業を知り、実際にその場まで足を運んで労働環境も知っておくべきだと感じました。

ネットは時に予想以上の情報をもたらしてくれることがありますから、どんなスタッフが働いていてどんな経歴をそれぞれ持っているのか、それによって社風なども読み取れることがありますね。

飲食業なら特にそうですが、その店舗やブランドの背景を勉強しておくのは最低限やるべきだったと気づきました。

転職活動中は常に良い企業へのアンテナをはっておく

これまで数度の転職経験から思うのは、その職場にいい上司がいるかどうかでかなり左右されるということ、そればかりは運もありますが事前に情報を収集、分析すると見えてくる時があります。

そしていい職場を見つけた時にどう面接で応答するのがいいのかが重要な気がします。

アンテナを張ってそれにどう対応するかを考えておく、結果としてそれが成功した要因の一つだったのではと思います。

なぜこのような転職活動をしたかというと、最初のころはただやみくもに求人情報を集め、収入面などを優先しすぎてなかなか決まらない時期が長かったのは精神的にかなりこたえたからです。

前職のキャリアをもとにすればまた違うのでしょうが、私の場合は全くの異業種へのチャレンジでしたので、そう都合よく見つかるわけがないことを改めて思い知らされました。

転職をする準備段階でもっと深く情報を集めておく必要があったような気がしますが、それはいろんな求人に問い合わせするうちに気付かされた部分も多いですね。

やはり経験則が鍵なのかもしれませんが、周囲にその業界を知る者がいなかったのもハンデになりました。

異業種に転職する際はその業界の”暗黙の了解”も知ることが重要

異業種に転職してわかりましたが、そもそも飲食の世界では上司の経歴がその後の職務に与える影響が大きいことが多いです。

つまり上司の経歴を調べるとこの人はどういう仕事をこれまでしてきたか、どういう仕事の仕方を好む傾向にあるか、先読みできるのはメリットですね。

デメリットとしてはそれで先入観を持ちすぎることですね。中には業界内での評判を気にし過ぎて応募を迷ってしまい機を逃した案件もありましたから、いかに時系列で分析できるかどうかも大事なのかもしれません。

転職活動は求人サイトだけでなく企業ホームページも確認しよう

行き当たりばったりではそうそういい職場が見つからない、と言いますか、仮に求人サイトに出てなくてもホームページで募集が出てることが結構あります。

求人サイトにあるのはわかりやすいですが、企業内のホームページでは採用条件が曖昧なケースがほとんど、中途採用に関しては要相談ということが多いです。

それを理解しないと給料が安すぎるとか労働時間が想定外だとかの可能性が出てきます。

足を運んでその場でスタッフに直に問い合わせてみると確かな情報が聞けますし、その職場の雰囲気も想像しやすくなります。学生の就活のようにこまめにスクーリニングをする姿勢が必要だと思うようになりました。

特に私の場合はけして若くない年齢でノンキャリアの業界に挑戦しようとしましたので、当初勉強不足なのは明らかでした。

はやる気持ちが焦りになってしまいがちでしたが、この先しばらく腰を据えて働く職場と考えると慎重になるのは当然のこと、スタートが早ければ良いというわけではないことを言い聞かせながら深く調べるようになりました。

まとめ

おそらく業界によってはこの手段が通用しないこともあるでしょう。

資格が必要だとか、わかりやすいレベルのキャリアがないとか。

しかし考えようによってはどの職場も多かれ少なかれ人材不足の時期ってあるものです。タイミングが良いと前向きに捉えてくれるでしょうし、逆に時期尚早との判断が必要な時もあるかもしれません。

そればかりは本人と職場の縁ですから、ある程度承知の上で時間を掛ける必要があるかと思います。

絶対はないにしても可能性の問題として少しでも確率が上がる手段を考えるのは大事だと思います。