「転職活動をすぐ始める人」ほど転職に成功するという事実!




転職活動はいろいろな人の体験談を聞くと職業や年齢によっていろいろな転職方法があることが分かります。もちろん、万人に当てはまる方法はないのですが、多くの体験談を目にすることによって自分に合った方法が見つかる可能性が高くなります。

【転職体験談】では多くの人の転職体験談から、自分に合った転職体験談を見つけたい人の助けになればと思い後悔していきます。

悩むより転職活動を開始することで気持ちが楽になる。

転職をしたいと思ったのは、その病院の風土が嫌だったからです。

病院長を奉るみたいな風土です。そのことを当たり前とおもっていることと、なんとなくそのことに不満に思っている人たちをのけものにする感じだったのです。

そのため、どんな風にほかの病院はしているんだろう、どんなかんじなのかということを前々から知りたいと思っていました。しかしそのようなことについて、無理を自分で諦めているところがありました。

それは人間関係のことについて、わかったとしてもそこで実際にほかの不満が出てしまい、嫌になるかもしれないなど不安が膨らんでいたからです。そのため、転職をしたいと思ったモノの、その後に後悔をするのではないかなど、そんなことについて悩むようになっていました。

しかし実際に悩みがどんどん膨らむことになり、行動をしてみるしかないと思うようになったのです。

それは行動をしてみないとわからないということです。

そしてもしもそのことで、上司が嫌だとか、戦犯看護師が嫌と思ったり等、後から後悔をすることがあったとしても、行動をしないよりもマシではないかと思うようになりました。

そのようにデメリットも覚悟することを気持ちの中で持つことにより、自分が吹っ切れて行動できたと思っています。

実際に働いている雰囲気を見ることで転職先の雰囲気をつかんだ。

私が転職をしたいと思ったのは、看護師として働いていて人間関係で疲れた事からでした。

人間関係で嫌で転職をする人はかなりいますね。

私の周りでも、ほとんどの人はそのことが理由の一つであり、転職をするきっかけとなったということが多いのです。

そのため、病院の人間関係でよさそうなところについて、徹底的に調べることにしました。そのため、受診をすることなく実際に働いている現場をみることと、そこで働いている人たちに雰囲気などを観ることにしたのです。

そしてそれ以外の詳細については、友人とか友人の友人とかに聞いてもらいました。すると、ある程度のことがわかるんですね。そのわかった内容について病院別にメモにして残すことにしました。すると見てとてもわかりやすかったです。

転職活動を開始したメリット・デメリット

メリットとデメリットはもちろんあります。

メリットとしては

  1. 自分で行動したことで、自分の気持ちに納得できる
  2. 転職をすることに前向きになれる
  3. 人間関係は難しいところだが知らないよりは知っていたほうがよい

デメリット

  1. その情報が正しいかどうかわからない
  2. また人間関係で悩むリスクがある
  3. 情報を集めていることをほかの人に知られてしまう

転職活動をすることにより、メリットもありますがデメリットもあるのでその点では気をつけて行動をすることも大事と思っています。

まとめ

転職をするということは、大きなデメリットも覚悟をすることが大切です。

私の場合は、人間関係について悩み転職をすることにしました。しかしまた同じことで悩むかも知れないのです。

それは、仕事をする上においてどこでもありうることなのです。そのことを、話を聞いていると思うことがありました。その時、自分の職場のほうがマシだなと思う内容もあったりしました。

そのことは、とても有意義なことであると感じたのです。

転職活動をすることにより、自分の環境を見直すことができたし、自分の考えも固めることができました。そのように行動しなかったら、そんな気持ちを持つことはありませんでした。

看護師として働く為には、どんな心構えが必要か等も改めて自覚したのです。これは転職をうまく活かすコツだと思います。