外資系企業への転職を成功させた人が行っていたこととは?








転職活動はいろいろな人の体験談を聞くと職業や年齢によっていろいろな転職方法があることが分かります。もちろん、万人に当てはまる方法はないのですが、多くの体験談を目にすることによって自分に合った方法が見つかる可能性が高くなります。

【転職体験談】では多くの人の転職体験談から、自分に合った転職体験談を見つけたい人の助けになればと思い後悔していきます。

外資系に転職するためには英語力が必須

外資系に転職するために、英語でのレジュメ(履歴書のようなもの)を提出する必要があり、その書き方や英文作成で困っていました。

英語は学生時代までしか勉強してなかったことと、学生時代に学んだ英語では、英文レジュメを作成することができませんでした。また、そもそも外資系企業の求人が英語で書かれていたりすることも多く、それを読んで理解することも難しかったです。

外資系企業に転職するにあたって、学生時代の英語では全く歯が立たないことを実感しました。

つまり外資系企業に転職するのは、英語力をアップさせたことが鍵だと思います。転職を成功させるために、TOEICを必死で勉強しました。

TOEICの勉強で転職に必要な英語力を身に着ける。

ビジネス英語を学ぶ必要があると痛感したので、ビジネス英語を学べるのと資格としての側面もあるTOEICを学ぶことに決めました。

TOEICは教材も充実しているので、仕事をしながら独学で学ぶのにも適しているなと感じたことも大きいと思います。英会話学校へ通うことも検討したのですが、コストやスケジュールで断念しました。

結果的に、隙間時間でできて、リーズナブルな価格で出来るという点で、TOEICを選んで良かったのかなと思います。

TOEICの勉強が進むにつれて、外資系企業の英語で書かれた求人を理解することもできるようになり、また求人に相応しいレジュメも書けるようになりました。

そして、書類選考をパスしてからも英語での面談というハードルがあったのですが、TOEICでリスニングも強くなり、またビジネス英語の言い回しも覚えるようになっていたので、面接も上手く行くようになりました。

最初は応募さえもできなかったのが信じられないくらいです。

転職のためにTOEICを勉強することのメリット

メリットとしては、教材が充実しているので、リーズナブルな値段で自分の隙間時間に勉強を進めていけることだと思います。

時間と金額の両方の面で、コストを抑えることができたのと、結果的にTOEICのハイスコアを獲得することもできて転職も成功できたので、コスパが非常に高かったと思います。

デメリットとしては、独学だったのとあまりコストを掛けなかったこともあって、勉強するためにそこまで追い詰められなかったため、勉強するという強い意志を持ち続けるのが大変だったことです。

まとめ

日本人が学校で学んできた英語は外資系の転職には一切役に立ちません。

ですが、TOEICで学ぶのは実践的な英語なので外資系への転職活動に書類選考の面でも面談選考の面でも非常に役に立ちます。