【心の病対策に!】メンタルヘルス・マネジメント検定合格テクニック【勉強法・過去問】







うつ病などによる休職や離職、自殺の増加が社会問題となっており、そのようなことが起きればすぐに報道される現在の社会状況では、心の病をどう防ぐかが非常に重要です。

メンタルヘルス・マネジメント検定は職場での心の健康を保持し、労災の発生や起訴を防ぐためにも非常に需要な資格となってきており、特定の業種だけでなくすべての業種が必要としています。

まず、メンタルヘルス・マネジメント検定を学ぶなら早いうちが良い

精神的なストレスが原因で社会生活に支障をきたす人の割合は年々増加傾向にあります。

少し前まではこのストレスに対して社会の認知度も低く、個人の問題として解決を強いられる事が多い状況でした。

ですが、昨今の社会情勢を鑑みて、働く上でのストレスは個人の問題ではなく、会社や所属する部署等の全般で解決に取り組む課題だという認識に変わってきています。

社会人1年目の方は、新しい環境での仕事が始まり、様々な面でストレスを受けやすい状況です。ストレスを感じた時に、メンタルヘルス・マネジメントの知識があれば、客観的に自身の状況を把握し解決策を見出す事が出来ます。

実際僕の会社でも新入社員が配属と同時にうつ病になり、2か月ほど休職するという事がありました。

もちろん、本人に悪いことは無く会社として多大な業務やプレッシャーを与えたと考えられますが、もし周りの人にメンタルヘルスの知識があれば休職する前に何かフォローできたかもしれません。

自分自身の健康を維持するためにも、周囲の健康を気遣うためにも、早い段階からメンタルヘルスの考えを身に着けることは大変有益といえます。

メンタルヘルス・マネジメントは3つのコースがあり、対象別に合った試験を選ぶことが出来る

職種や職位によって、メンタルヘルスへの関りは変わってきます。

例えば、人事部に所属する人、部下がいる人、上司から指示を仰ぐ人等、、それぞれに役割があり、対する人間関係や仕事内容も変わってきます。

その為、各コース毎に分かれている、検定試験を目標に合わせて受けられる事は理解が深まり、身に付きやすいといえます。

まずは、3種の検定試験から合格を目指すことをお勧めします。

3種の試験であれば、過去問とテキストをだけで合格可能

各地域で研修等も行われていますが、初めて試験を受ける方であれば、3種の試験がおススメです。

特にメンタルヘルスに関する知識や経験が無くても、テキストと過去問を繰り返し行う事で、理解が深まります。

研修は更に上のコースを目指す場合や、会社等で研修を任される場合に受けておくと、参考になります。

過去問およびテキストでお勧めは下記となります。

 

 

コースに応じて難易度が異なる為、費用や準備は計画的に行う事

上記の通り、3種は過去問とテキストのみで十分、理解でき、試験も一回で合格できます。

試験を受ける為には何かと費用もかかりますので、会社と相談し、会社にとっても有益となる旨をきちんと説明し、理解を得る事も重要といえます。

まとめ

メンタルヘルス・マネジメント検定試験が社会人初心者からでも役に立つ資格です。

繰り返しになりますが、日常的にストレスを受ける事が多い状況で、自分自身でストレスを客観的に分析し、解決策を見出せるのは、長く社会人生活を続ける上で大変重要となることです。

そして、個人で精神的な調和を図る事も大事ですが、社会全体でこの問題を考えるきっかけを提供してくれるのも、この資格ならではないかと思います。

多くの人を巻き込んで、メンタルヘルスについて学び解決策を共有していける会社ほど、今後も成長が期待できますし、その一役を担える人材になるきっかけになる資格です。