【一人じゃつらい】勉強は孤独な作業でつらい?共に勉強する仲間を作ろう!







資格の勉強などはどうしても孤独な作業となってしまうので、モチベーションを保つことが難しく挫折してしまう事も少なくないと思っています。

そんな時に、合格を目指している資格は違っても同じように合格に向かい切磋琢磨している仲間がいれば、お互いの勉強法などの情報交換なども行えます。

なにより、「自分一人だけ落ちるわけにはいかない!」という考えから勉強にも熱が入ると思います。

周りの環境を整えることでレベルアップしやすくなる

自分一人で勉強していると

  • 独学の方法はあっているのか?
  • もっとよい過去問・参考書があるのでは?
  • 無駄な努力をしているのでは?

などの疑問がわいてくることがあります。

そんな時は思い切って環境を変えて、一緒に切磋琢磨し合格を目指しあえる仲間を作ることをお勧めします。

僕は人見知りというほどではありませんが、そんなに友達を作るのは得意ではありません。でもなぜか、毎日勉強していることを会社で話すようになってから、同じような人とどんどん仲良くなることができました。

そのおかげで、自分の取得したい資格を持っている人から勉強法や過去問の話などを聞くことができるし、逆に僕から英語の勉強方法などを教えることがあります。

そんないい仲間と出会えたことで、勉強だけでなくさらにプラスアルファの経験をすることができました。自分の周りの環境をレベルアップすれば、自分もそれについていきたいという欲求が出てきて、自分もレベルアップすることができるのです。

共に資格取得を目指していく仲間の大切さ

僕も最初の方は全く一人で勉強していました。ですので、ある程度自分なりの勉強方法は身についていました。しかし、改めて他の人からのアドバイスを聞いてみると、お勧めの過去問や、講座さらには試験中の問題の解き方まで、多くの情報を得ることができました。

おそらく、今でも一人で勉強していたならば途中で挫折していたかもしれません。それくらい、一緒に学ぶ仲間は重要だと思っています。

いまでも、その仲間たちとはよく飲みに行っています。でも話す内容といえば

  • 自分がとった資格。
  • これから目指している資格。
  • 勉強方法の情報交換。
  • これから取っておくべき資格は何か?

などなど、これ以外にも英語の話とかばっかりで、お酒も飲んでいますがほぼ勉強の話しかしていません。周りからみればかなり奇妙な集団に見えるはずです。

自分より高レベルな資格を取った人がいれば「次は自分がとろう」と思えるので、いい意味での緊張感・危機感をもてます。そういう意味では仲間というよりは、同士でもありライバルでもあるのです。

ギブアンドテイクの精神

同士でもあり、ライバルでもある仲間ですが飲み会の時に必ず話すことは、資格取得の勉強法や知識をシェアすることです。

別に誰も強要しているわけではないのですが、全員意識が高い人間なのでギブアンドテイクの精神を持っています。なので「人からは教えてもらうけど、俺の情報は教えないよ」みたいな人間はいません。

何をやるかも重要ですが、誰とやるかも重要です。ただ単に飲み会で会社の愚痴を言い合うよりは、はるかに有益な飲み会になっていると思います。

当ブログの中でも一部の資格取得に関する記事の資格を私は取得していません。全て、飲み会で得た情報を記載しています。もちろん、飲み会の時にブログに書いていいか聞いていますが全員が

「別に俺もブログで調べたりして自分なりの勉強方法を開発しただけだから全然問題ない。重要なのは他人の情報をうのみにせず、自分なりにカスタマイズする事じゃないかなぁ?」

っていう感じで何も文句言われたことありません。誰しもが自分の勉強法が一番じゃないと知っているからです。

まとめ

資格取得は孤独な作業です。でも仲間がいれば単に一緒に勉強するだけでなく、有益な情報交換をすることが可能になります。

ギブアンドテイクの精神を忘れずに、自分なりの勉強方法を開発していきましょう!