資格試験の勉強法を学ぶならおすすめはこの3冊!








Photo:PEXELS

僕も資格を複数取得していますが、決して元から頭が良かったわけではありません。

ですので、勉強方法についてはいろいろな本を読んで試行錯誤しましたし、足りない勉強時間は早起きして補ってきました。

同じように資格取得を目指している方にお勧めの本を紹介していきます。

勉強法を学ぶにはその1:図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!で勉強法の基礎を学ぶ!

読んでみるといわれてみれば当たり前ですが意外とできていないことが書いてあります。逆に当たり前のことを徹底してやっていくことが、勉強して結果を出すには重要という事に気づかされました。

例えば

  • 教材は少ない方が良い。
  • 細かく長く勉強する。
  • 反復する。
  • 機械的にやる。
  • 速読を意識する。

など、言われてみれば当たり前だなぁと思うことが多く出ています。

また、僕自身も勉強は過去問しかやりませんが、この本でも基本的に問題集+テキストのやり方が推奨されていました。

やはり、いかに問題集を攻略することが重要という事ですね。

勉強法に迷っている人、単に資格取得だけではなく受験勉強にも効果的だと思います。

勉強法を学ぶにはその2:マンガで身につく超高速勉強法は時間がない人におすすめ!

上記の本の漫画版です。
内容的には一部省略されているところもありますが、基本的には同じです。

勉強法を学ぶその3:この二冊で学んだ勉強で重要なこととは?

僕がこの二冊(実際は内容が同じなので1冊ですが)を読んで一番重要だと思ったことが、凡事徹底の重要せいです。

例えば

  • スキマ時間を活用する。
  • 毎日5分でも勉強する。
  • 過去問を集中的にやる。
  • テキストは何冊も買わない。

などは当たり前のことです。でも誰もが

  • スキマ時間にはスマホ。
  • 5分くらいだったら明日たくさん勉強しよう。
  • 解いてもわからないから問題集がおざなりに。
  • 良いと思うようなテキストを何冊も買ってしまう。

という状況に陥ってしまいがちだと思います。(もちろんわたしも)

しかし、一見当たり前と思えることを地道にコツコツ積み重ねていくことこそが、資格試験合格の近道と改めて確認することができました。

僕自身も結構よいと思うような本を何冊も買ってしまいがちですが、この本を読んで自分の目で見てテキストや過去問を選び、それらをコツコツ勉強していく必要があると思います。

当たり前のことを当たり前にやることが一番難しいと思いますが、それが合格への近道だと思います。

勉強法を学ぶその4:朝活のために!スタンフォード式 最高の睡眠で睡眠を見直す!

勉強方法とは関係ありませんが、社会人にしろ学生にしろ勉強時間を確保するためにはどうしても睡眠時間を削る必要が出てきます。

もちろん、仕事や学業に支障が出るほど睡眠時間を削るのは非常に大きな問題ですが、支障がない程度まで睡眠時間を短くし勉強時間を確保することは必要になります。

この本はただ単に睡眠法を解説しているわけではなく

  • 科学的に睡眠の必要性
  • 睡眠法
  • 覚醒法
  • 睡魔との戦い方

が記載されています。もちろん、睡眠時間や方法は人によって最適なものは違いますからこの本の通りにやればすべて解決というわけではなく、自分なりの方法を見つけていく必要があります。

しかし、勉強時間を確保するためにも睡眠について勉強し効果的に睡眠をとることが必要です。

その為にも、この本で睡眠について勉強することをお勧めします。

たった三冊ですが、個人的にあれこれ読むよりはこの3冊(一冊は勉強法ではないですが)をしっかりと読んで勉強することをお勧めします。

資格取得や受験に近道はありません。僕自身が一夜漬けが無理な人間なのでどうしても勉強時間を稼ぐ必要があります。

逆に一夜漬けで資格試験とかに合格できる人はすごいなぁと思います。たぶん、ものすごい集中力を持っているのだと思います。

集中力の続かない僕は、細かい勉強時間の中でいかに効率よく勉強するかが必要ですのでこの三冊は非常に役に立ちました。

皆さんも、自分なりの効果的な勉強方法を見つけてください。

資格試験の勉強法を学ぶには:まとめ

資格試験の勉強は時間がない社会人にとっていかに効率よく勉強するかが非常に重要です。

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!」と「マンガで身につく超高速勉強法」はどのように勉強を進めていくか学ぶには最適な本です。

また、勉強法を学ぶと同時に「スタンフォード式 最高の睡眠」で自分の睡眠を見直して、朝活により効率的に時間を使いましょう。