学歴がなくても転職できた!そんな人が教える転職テクニック!




転職活動はいろいろな人の体験談を聞くと職業や年齢によっていろいろな転職方法があることが分かります。もちろん、万人に当てはまる方法はないのですが、多くの体験談を目にすることによって自分に合った方法が見つかる可能性が高くなります。

【転職体験談】では多くの人の転職体験談から、自分に合った転職体験談を見つけたい人の助けになればと思い後悔していきます。

学歴が無ければ自分自身を面接でアピールする。

学歴がコンプレックスであることから、どうやったら企業に私の事をアピールできるかを考えました。

学歴はいまさらどうしようもないので、自分自身をアピールするしかないと思いました。自分自身をアピールするために、自分自身はどんなことが出来るのだろう、どんな事が得意なんだろうと一生懸命考えるため、自分の事を徹底的に分析しました。

そして、自分しかできないであろう武器を一生懸命考えました。そのため、面接で私のやる気などが伝わるように、どんな事をアピールしようか考えることにしました。

学歴以外で攻める方法を見つければ転職活動もうまくいく

私が面接をうけたところは学歴重視で、やはり良い大学を出ている人が受かりやすい傾向にあると思いました。私は特別に良い学歴があるわけではないので、学歴を武器にされたら絶対にかないません。

そのため、学歴以外でどうやって私のよさを知ってもらうかすごく悩みました。学歴はいまさらどうすることも出来ないですし、今から良い大学に入るわけにはいかないので、どうやったら学歴がある人たちに勝てるのかすごく考えましたし、コンプレックスでもありました。

そこで面接に力を入れる必要があると思いました。そのため、ただありきたりな事を言うのではなく、私を採用したらこんな良い事があるという私しか出来ない事をしっかりとアピールする事にしました。

面接で攻めるときのメリットデメリット

私が面接でしっかりとアピールできるようにしたメリットデメリットを紹介します。

メリットは

  1. 自分の内面をしっかりと知ってもらえる。
  2. 面接の内容はあらかじめ自分で考えることが出来るので、事前に準備が出来る。

このように、メリットをいくつか紹介しましたが、面接をしっかりと考えていって自己アピールがしっかりと出来ると学歴ではなく、自分の内面をしっかりと見てもらえます。

学歴ではその人の人柄は分かりません。最近では、学歴よりも人柄を重視するという企業も多いので、自分のアピールポイントをしっかりと考えておくことで自分の事を知った上で採用してもらえるのがメリットだと思います。

また、面接の内容なら事前にいくらでも準備をすることが出来ます。今は上手な面接の仕方など本もありますし、ネットなども参考に出来ます。そのため、面接は自分次第でいくらでも考えて準備が出来るので、やりやすいです。

デメリット

  1. 学歴重視の企業なら面接の比重が学歴に比べて少ないことがある。
  2. 話すのが苦手な人は面接で落ちやすい。

反対にデメリットはやはり企業によっては学歴重視で、ある一定の大学以上でないと採用されないという事があります。

そういう企業はどれだけ面接をしても落とされてしまいますし、その前に面接すら受けれないこともあるので、面接内容をしっかりと考えても必ずしも採用されるわけではありません。

また、面接は意外な事を聞かれることもあり、話すのが上手でない人は面接で上手くいかず落とされてしまうことがあります。

学歴社会でも面接はやっぱり大事

面接はやはり、企業に自分の事を知ってもらうのに大切なので面接をしっかりと考えて自分のアピールポイントを入念に考えていったら採用率が上がりました。

企業は面接したときに「採用したらどんな活躍をしてくれるか」を期待しているので、自己アピールすることはとても大切です。

面接重視のところもたくさんあるので、面接内容を事前にしっかりと考えて、本番でスラスラ答えられることで採用されやすくなったと思います。やはり、面接は大切なんだとあらためて感じました。

まとめ

面接はあなたの事を知ってもらう大事な時間なので、絶対に大切です。

面接でぼそぼそと答えているよりもハキハキ堂々と答えた方が絶対に印象が良いです。

そのため、自分がどういった特技があってどんな事が出来るのか考えることで「このひとに働いてもらったら活躍してくれそう」と思ってくれるので面接はとても大切です。