もう悩まない!転職を成功させるには「次の会社でのビジョン」を持つこと!




転職活動はいろいろな人の体験談を聞くと職業や年齢によっていろいろな転職方法があることが分かります。もちろん、万人に当てはまる方法はないのですが、多くの体験談を目にすることによって自分に合った方法が見つかる可能性が高くなります。

【転職体験談】では多くの人の転職体験談から、自分に合った転職体験談を見つけたい人の助けになればと思い後悔していきます。

転職理由=現職の不満では転職活動はうまくいかない

私が転職を考えるようになったのは、それまで勤めていた会社に不満を抱えていたからです。

とにかく自分が新しいアイデアを考えてこんな仕事をしたいと上司に言っても全く話を聞いてくれません。話を聞いてくれないのなら、企画書を作ってアピールしようと思い上司に提出しました。

けれども上司はその企画書すら見てくれず、逆に私に対して面倒くさそうな顔ばかりします。

まわりの同僚は先輩、そして後輩にも何か自分で新しい仕事をしようという雰囲気は全くありません。とにかくこのままでいいやという空気が職場には流れています。そんな感じの会社ですから毎年の業績は全然上がらず、私はこの先どうなるのだろう?と不安にかられたのです。

その不安を解消するために私は転職活動を始めたのでした。けれども、実際の転職活動では、応募した会社の人事部の方と面接でお会いしてもなかなか話は噛み合いません。

ある時、面接で私がお話した応募理由について、人事の方がまるであなたは愚痴を言うために面接を受けに来たようだと言われてしまったのです。

その時、私ははっとしました。私は勤めている会社への危機感が強いあまり、転職を希望する会社での面接では転職の動機が前会社への愚痴になってしまっていたのです。

それでは面接はうまくいく訳ないですよね。私は思い悩んでいる時間が長すぎたこともあり、全くその事に気がつかないでいたのでした。

自分が次の会社でできること、次の会社でのビジョンを明確にした。

とにかく私にとって初めての転職だったので最初はどうやって良いものか分からず、試行錯誤の連続でした。けれども数社の面接を受けているうちにだんだんとどういうアピールをしていけば良いのか私には見えてきたのです。

転職というと今の会社に不満があってそれが嫌で新しい職場を求めがちです。けれど、それでは転職はうまくいかないことに私は気がつきました。

転職で成功するためには新しい職場でどのような仕事をしたいのか、このビジョンをはっきりと持っていないと絶対にうまくいかないと思います。

私の場合、自分がどんな仕事を今後したいのか、自分ならどんな仕事がこの先できるのか、この考えをよく考え整理したことで転職活動がうまくいったと思っています。

そのため面接で面接官にお話する事を事前にきちんと考えるようにしました。逆の事を言えば、私は今まで面接に臨むに当たって何も準備をしていなかったのです。

一応、どういう仕事がしたいのかというビジョンはありましたが、その思いが強すぎてそれがそれまで勤めていた会社への不満としてしか表現をしていなかったのです。

ですから、私は前の会社への不満は一切封じ込め、私がしたいと思う、そして私に出来る仕事のビジョンを明確にまとめるようにしました。また、面接を受ける企業の事業内容を細かく調べ、私がしたい仕事がどのようにマッチするか事前によくリサーチしたのです。

ですから、面接でお話する私の志望理由、自己PRは自然と受ける会社毎に違うようになりました。

しっかりとビジョンを持って転職活動に挑むと焦りがなくなる

やりたい仕事をきちんと自分の中で整理をするようになってから、転職活動に対する焦りがなくなりました。むしろ、自分と向き合うことで、本当に心から自分がやりたい仕事とはどういうものか、自覚が出来るようになったのだと思います。

そうなると転職自体が目的ではなく、どうやれば自分の希望する仕事が出来るようになるのかという事を考えるようになるのだと自分自身、初めて気がつきました。

焦って新しい会社に入ってもそこでもやっぱり不満を抱えては全く意味がありません。それよりもじっくりと腰を据えて本当に自分がしたい仕事が出来る会社を見つける事の方が大切だと思ったのです。

そう考えるようになった時、私は面接では面接官の方から質問を受けるよりも、逆にこちらの方から質問をするようになりました。

その質問では、その会社で行なっている事業のこと、そして将来のビジョンなどを細かく質問します。まさに私はこれこそが転職での面接では有るべき姿なのだろうと思いました。

もちろんすべてうまくいくわけではない

面接で自分のしたい仕事について語る時、そこに共感を持ってくれる人事の人がいれば、その面接はとても有意義なものになりました。そして二次面接に進みやすくなります。

面接で仕事に対するビジョンをしっかりと話すようになってからは、面接での人事の方のウケがとても良くなったと思います。

それがメリットだと言えるでしょう。

けれども、私が話をしたやりたい仕事に対して人事の人が全く興味を示さなかったり、また一次面接では評価されても二次面接でお会いした人には全く評価されないと言う場面もありました。

自分がやりたい仕事、自分の仕事に対するビジョンを細かくお話することは高い評価を受けることもありますが、聞く人に共感を得られないとその場で面談が終了してしまうデメリットもあります。

まとめ

私は転職ではやはり自分がしたい仕事がどのようなものなのか、明確にすることがとても大切だと思います。

仕事に対するビジョンを明確にして、それとマッチする企業をとことん探すべきだと思います。

それをせずにとりあえず内定を出してくれた会社に勤めると、そこでも満足のいく仕事が出来ず、すぐに再度転職をしてしまうということが起こりかねません。それこそ、転職活動が成功したとは言えません。

転職はそれ自体が最終目的ではありません。転職がうまく行ったと言えるのはその会社で自分は本当にやりたい仕事が出来ていると実感出来た時だと思います。