昼食置き換えダイエットで5kgの減量!




2019年の1月から簡単ですがダイエットをしていました。

ダイエットといっても特別な運動や大きな食事制限などではなく、お昼ご飯に炭水化物を取らないことを心がけただけでした。

結果として約半年で5kgの減量に成功したので、参考になればと思い報告します。

2年で体重が7kg増加

今の会社に入ってからですが徐々に体重が増加していました。なぜなら

  • 昼ごはんが安い(300円)
  • ごはんはただで大盛に可能
  • おかずも結構量が多い
  • 油ものを好んで食べる

なのでそれほど体を使わない事務職でありながら結構な量のご飯を食べていました。

その結果、だんだんと太っていき1年で5kg体重が増加しました。大体2年で7kgも体重が増加しました。

元々やせ型の私は身長185cmで体重70kgでしたが77kgまで増加してしまいました。体脂肪率も20%超えてしまいました。

健康診断上は大きな問題はありませんでしたが、さすがに太りすぎたということでダイエットを考えました。

体重が増えた原因からダイエット方を決定

ダイエットをするとは言っても激しい運動や、つらい食事制限などはしたくはありませんでした。

また、朝食は納豆ご飯しか食べていないですし、夕食も妻が作ってくれるのを自分の分だけ減らしてもらうことや、別メニューにしてもらうのも面倒なので朝食や夕食を減らすことは考えていませんでした。

明らかに体重が増えたのが昼食の量が増えたことが原因であるので、昼食の量をコントロールすることでダイエットをしようとしました。

昼食から炭水化物を抜いてダイエット!

炭水化物抜きダイエットは今では一般的ですが、本格的にやる人は3食すべて抜くそうです。

しかし、私はそこまでやるのは大変なので昼食から抜くことにしました。

具体的には

  • 昼食はごはん→蕎麦にする。
  • 足りない分はサラダを食べる。

これだけです。非常に単純です。量は少し減りますがサラダが結構な量あるので満腹感はあります。

これを2019年の1月から始めました。

最初は夕方にお腹が減ってきつかったですが、今では慣れたのかあまりお腹が減るのは気にならなくなりました。

運動とかもせず昼食だけを置き換えたので非常に簡単ですので、難なく続けることができました。

約半年で5kgの減量に成功!

昼食を蕎麦+サラダに置き換えたダイエットは最初の方こそ夕方に空腹に襲われましたが、1か月もすればそれにも慣れしまったので、苦も無く行えることができました。

気づけば顔の線が細くなっていき、周りの人からも「痩せた?」といわれるくらいでした。

結果として約半年で5kgの減量、体脂肪率も20%を着ることができました。

まとめ:成功の秘訣は”単純だった”

ダイエットが成功したのは非常に単純だったからだと思います。

さらに

  • 運動とか3食全て制限するとか”きつく”なかった
  • 例えば肉体労働のある日などは大目に昼食をとるなど”自分ルール”を自由に設定できた。
  • 休日は”好きなもの”を食べれた。

この3点が非常に大きかったと思います。

みなさんもぜひ参考にしていただければ幸いです。