健康的に痩せたい方にお勧め!野菜とたまごのおかゆでダイエット







世の中には数多くのダイエット法がありますが、どの方法があっているのか? むしろどんな方法があるのか知りたい方は多いですよね?

そんな時参考にしたいのが実際にダイエットをして成功させた人たちが、どんなダイエットでどのくらいの期間を頑張ったかだと思います。

その為まだダイエットを始めていない「ビフォー」の方たちの為に、成功者のビフォーアフターをまとめましたので紹介したいと思います。

野菜と卵のお粥でダイエット

晩ごはんを野菜とたまごのおかゆにしました。おかゆは、消化もよくて、カロリーが低いから、晩ごはんをおかゆにして、全体の摂取カロリーを抑えてダイエットしていきました。

最初は、物足りない感じがありましたが、慣れたら、おかゆだけで、満足できるようになりました。

晩御飯をおかゆにするだけでダイエットに成功!

朝ごはんや、昼ごはんは、普通に食べて、間食を控えめにし、晩ごはんは、ヘルシーな野菜とたまごのおかゆを1杯食べて、ダイエットしました。

1ヶ月ぐらいで、2kg減量しました。

お腹がすっきりして、体が軽くなったし、食べながら痩せられるから、辛さもほとんどありませんでした。やっぱり晩ごはんのカロリーを抑えることができると、痩せやすいのだなーと実感しました。

晩ごはんは、いつもたくさん食べていたから、おかゆにしたことで、本当にダイエットの効果がありました。野菜とたまごの栄養もとりながら、痩せられるから、体にもあまり負担なく痩せられてよかったです。

おかゆで体も温まり、新陳代謝も活発になり、より痩せやすくなるのもよかったです。

朝と昼を普通に食べたのが成功の秘訣

朝ごはんや昼ごはんを普通に食べていたので、晩ごはんがおかゆでも満足することができました。

野菜とたまごのおかゆは、味もとってもおいしいから続けていきやすかったです。また、おかゆだと少量でも、お腹にたまり満足感がありました。

間食は、控えました。どうしても食べたいときは、普通に食べていました。いつもよりは、控えるようにしていました。

間食を控えめにしたのもダイエットの成功のポイントだったと思います。

でもストレスがたまるとよくないので、どうしても食べたいときは、我慢しないで間食していました。

我慢しすぎないのもストレスがたまらなくてよかったのだと思います。ストレスがたまると、挫折しやすいから、たまに、間食したのがよかったのだと思います。

つらいダイエットでもたまに息抜きは必要

ダイエットをはじめた頃は、晩ごはんが野菜とたまごのおかゆだけで、物足りないなーと感じて、辛かったです。

夜、早く寝るようにして空腹を紛らわせていました。早く寝ると空腹を紛らわすことができました。

そのうちに、慣れてきて、辛くなくなりました。たまに間食したこともあり、程よく息抜きしました。

本当に辛くなったときは、ケーキを食べたりしてリフレッシュしました。そうやって息抜きしながら続けていったから、ダイエットに成功できたのだと思います。

たまに、息抜きしながら、ダイエットしていくと、辛くなりすぎずにすむのでよいです。辛くなったときに、おいしいケーキなどでリフレッシュしたことがよかったのだと思います。

挫折しないコツは「制限しすぎない」こと

ダイエットのモチベーションを保つために大切なことは、制限しすぎないことです。

なんでもダメになると、すぐに挫折してしまいやすいです。たまに、サボる日があってもよいと思います。

サボる日があっても、次の日からまた、きちんとやれば大丈夫です。あまり罪悪感を感じないように、制限は少なくしていくことが大切です。

また、ちょっとずつ痩せていこうという気楽な感じも大切です。一気に5kg痩せるとかよりも、1ヶ月で1〜2kg痩せたいなーという感じで取り組むほうが目標を達成しやすいです。

あんまり頑張りすぎずにストレスをためないことが大切だと思います。ちょっとずつ痩せていく感じで取り組むとよいです。あんまり張りきらないのがモチベーションを保つ秘訣だと思います。

大幅な減量はできないけど簡単でおすすめです!

晩ごはんは、一番太りやすいので、晩ごはんを野菜とたまごのおかゆにすれば、カロリーが抑えられるので痩せていきます。

大幅な減量は、できませんが、ちょっと痩せたいなーという方には、とってもおすすめです。体も温まり、新陳代謝がよくなるから、痩せやすい体になっていきます。

同時に間食も控えていくと、更に効果的です。健康的に痩せることができるから、ちょっと痩せたいなーと思う方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

晩ごはんを野菜とたまごのおかゆにするだけだから、簡単にチャレンジできるし、おいしいからおすすめです。