*/ ?>

【北海道】雪の中を200mのジップラインで滑走できる!フォレストアドベンチャー恵庭に行ってきました!

2019年2月14日

【北海道】雪の中を200mのジップラインで滑走できる!フォレストアドベンチャー恵庭に行ってきました!

フォレストアドベンチャーって知っていますか?簡単に言うと森の中に設けられたアスレチックなのですが、子供用コース、大人用コースがあり、子供から大人まで楽しめます。

結構高いところを命綱つけた渡ったり、ジップラインするので大人でもかなりのスリルを味わえます。

そんなフォレストアドベンチャーですが北海道にもあります。恵庭市というところでちょうど札幌と千歳の中間くらい。車でのアクセスも良好なところにあります。

フォレストアドベンチャー・恵庭

真冬でもどうやら営業していて、最長200mのジップラインができるので行ってきました。

簡単なプロフィール

【ヤン】
高専卒のプラントエンジニア。大卒との待遇の違いから一念発起して英語と資格の勉強をしまくる。プラントエンジニアリングのノウハウから資格・英語の勉強法に関する情報を提供しています。保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)。趣味はバイクとキャンプ、愛車はGSX1300R隼。

雪の中を遊ぶのでスキーウェア必須

雪の中で遊ぶときはスキーウェアがベスト!

いざ、フォレストアドベンチャーのあるるるマップにつくとこんな感じでありました。

雪です一面の雪。

雪です一面の雪。

しかし、踏み固められたり、一度溶けて凍ったりしていないので全然滑りません。そしたサラサラなので歩くと「キュッ」といい音がなります。

 

これだけ粉雪だと雪だるまも作りにくいし、雪合戦もしにくいんですよね。

看板もすっか雪まみれです。

こんな状態なのでつどーむで遊んだ時と同じく、大人もスキーウェアくらいの装備が必須です。

また、荷物も預けるところがありませんので、最小限のものだけ持って車に置いておきましょう。

ハーネスをつければ雪原の中でジップラインを楽しめます

雪の中でのジップラインは非常に気持ちいいです。

屋外の受付(メチャクチャ寒そう)て受付を済ませて、ハーネスをつければ準備完了です。

ちなみにインストラクターの方もモンベルのウェアで重装備でした。

アスレチックは大人は難易度は低いです。ただし子供には少し難易度が高いかもしれません。インストラクターの方も同行にしますがアスレチックは自分の力でなんとかしないといけません。

そしてジップラインは素晴らしいの一言です。真白な雪原の中を飛ぶ感覚はほとんど味わえないのではないでしょうか?

しかも結構スピードが出るのでスリル満点です!

年長さんの息子も怖がるかと思いきや思いっきり楽しんでいました。

大人でもアスレチックをしたいかたにオススメ!

フォレストアドベンチャー恵庭の冬季営業は本格的なアスレチックはできませんが、ジップラインだけでも十分に楽しめます!

北海道に来た際はぜひよってみてください!

真っ白な景色の中でのジップラインは、そうそう体験できませんよ!

この記事を書いた人

ヤン
・高専卒業後に専業プラントエンジニアとして活躍。その後、化学/食品プラントのエンジニアに転職。プラントエンジニアリングや、資格・英語勉強に関する情報を発信。
・就職後に大卒との待遇の違いから学歴コンプに陥るが、持ち前の負けず嫌いの精神から勉強しまくって大卒を見返す。
・社会では大卒の方が優遇されるが「高専卒の方が即戦力&活躍できる!」ということから全ての高専卒を応援するためにブログを開始。
・主に機械系を担当したのでPFDからPIDの作成などの基本設計から、回転機器選定、配管設計、調達、建設、施工管理、試運転、保守管理を担当。今では設備保全の知識を活かして効率的なメンテナンス計画の立案や設備診断技術の導入も実施。5Sを軸とした仕事&職場&業務効率のカイゼンにも従事。
・保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)
・海外プラントの設計や立ち上げ経験もあり。