*/ ?>

シェアオフィス「Lieffice SAKAI」を利用してみました!

今まで私は「ビザスク」でスポットコンサルをする際は「テレキューブ」を利用していましたが、南海堺駅にシェアオフィスがあるということで利用してみることにしました。

堺市の南海堺駅にあるシェアオフィス「Lieffice SAKAI」です。

今回は、Liefficeの使い方やフリードリンク、コピー機、オンラインミーティングに便利な個室などを紹介します。実際に「ビザスク」のコンサルでも使用してみましたので、どんな感じか紹介してみます。

結論から言うと「いや・・・ここ天国かよ!」という感じでブロガーや勉強する人などにもかなりおすすめです!

目次
簡単なプロフィール

【ヤン】
高専卒のプラントエンジニア。大卒との待遇の違いから一念発起して英語と資格の勉強をしまくる。プラントエンジニアリングのノウハウから資格・英語の勉強法に関する情報を提供しています。保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)。趣味はバイクとキャンプ、愛車はGSX1300R隼。

Lieffice SAKAI」の紹介

Lieffice SAKAI」は、堺市の南海堺駅近くにあるシェアオフィスです。自宅やオフィスから離れながら、快適な環境で仕事や勉強などををすることができます。フリードリンク、Wi-Fi、コピー機など、快適に過ごすための様々なアメニティを提供しています。

Lieffice SAKAI」の料金

Lieffice SAKAI」」は個室やオープンスペース、会議室で使用料金が違います。さらに個室は利用時間でも料金が異なります。18時以降の利用だと手頃に利用することができます。

テレキューブ」は275円/15分なので、平日8時〜18時の個室の利用であれば「テレキューブ」の方が安く利用できます。しかし、オープンスペースや個室でも18時以降の場合は「Lieffice SAKAI」の方が安価に利用できます。

会議室の方はテレキューブにはないので比較できませんが、それでもお手頃な価格でしょう。

個室利用の価格だけ見るとテレキューブの方が良さそうですが、後で紹介する設備などを考えると私としては「Lieffice SAKAI」の方がはるかに良いですね。

Lieffice SAKAI」の設備

Lieffice SAKAI」の設備は下記のようになっています。

フリードリンクや文房具も貸出されているので、仕事をしたい人には非常に重宝します。Wi-Fiももちろん利用できるのでオンライン会議なども問題なしです。

出入りもスマートロックを利用しているので、利用者しか出入りできません。長時間利用する場合も何回でも出入りが可能です。

テレキューブ」と比べてもこのあたりはかなり強みとなるでしょう。

Lieffice SAKAI」の中

では実際の「Lieffice SAKAI」の中を紹介していきます。

入り口

入り口はスマートロックです。スマートフォンなどを用いて解錠します。注意すべきは入る時だけでなく出る時もスマートフォンなどで解錠が必要です。

ですのでスマホを忘れてしまい入れなくなった・・・ということがなくなるでしょう。

実際に使用してみると瞬時にロックが解除されるので使い勝手は非常に良いですね。

室内

非常に綺麗です。ちょっとエアコンが暑い感じでしたが、自由に設定することができます。オープンスペースもおそれなりの広さが確保されているので、隣に人が来ても問題ないでしょう。

ただし、コロナ対策のシールドなどはないので利用時にはマスクが必須となります。

また、当たり前ですがオープンスペースを利用する際はオンラインミーティングなどは控えるべきでしょう。普通のカフェとは違って周囲はかなり静かなので、利用の際は周囲に気を遣って作業することが必要です。

文房具だけでなく電源コンセントや電源ケーブル、イヤホンなども無料で利用できます。これだとパソコンさえ持って来ればほとんど手ぶらでも作業できそうですね。

清掃も行き届いているようで内部は非常に綺麗でした。

Lieffice SAKAI」のフリードリンク

Lieffice SAKAI」では、ロビーエリアでコーヒー、紅茶、麦茶および緑茶を無料で提供しています。仕事や勉強をしながら、飲み物を楽しむことができます。

やはりこの辺も「テレキューブ」と比較すると全然違いますね。1時間程度のオンラインミーティングでもミーティング中に喉が乾くこともあります。そんな時に無料で利用できるドリンクがあると非常に助かります。

私はコーヒーを利用しました。こういう共用のフリードリンクってたまに変に濃かったり薄かったり、ホットなのにお湯がぬるかったりしますが普通のコーヒーが飲めました。

まぁカフェで飲むコーヒーには敵いませんが、無料でここまでのコーヒーが飲めるなら十分です!

Lieffice SAKAI」を実際にオンラインミーティングで使用してみた

実際に個室でオンラインミーティングを利用してみました。利用したのは18時以降でしたのでオープンスペースも人がおらず独占状態でした。

まず個室の中ですがかなり広いです! 「テレキューブ」はかなりキツキツでしたがそれに比べると2~3倍くらいの広さがあります。

さらにモニターもついていて電源もついているので長時間の作業も問題なしです。机の上も広く書類などを広げながらでの作業も問題ないでしょう。

写真を撮影するのを忘れましたが、個室は中から鍵をかけることもできます。また外から鍵をかけることができるので、ちょっと外出したい際も問題なく利用できます。もちろん貴重品は持ち運ぶ必要がありますが。

実際にオンラインミーティングを利用してみた感じは、外部の音も気にすることもなく利用することができました。ただ、Wi-Fiの調子が今一つでたまに音声が途切れてしまうことなどが発生してしまいましたので、多くの方が利用しているときは少し注意が必要かもしれませんね。

しかし、広い室内でフリードリンクなどの設備が充実しており、無料でWi-Fiまで利用できる「Lieffice SAKAI」は、勉強やテレワークそれ以外でもブログを書いている人などには強くお勧めできます。

Lieffice SAKAI」を実際にオンラインミーティングで使用してみた

一応個室ですがイヤホンはした方が良いと思われます。貸し出しもありますが…誰が使ったかわからないイヤホンはちょっと使いたくないですよね?

とは言っても周囲は静かなのでノイズキャンセリングまではいらないかなと思います。私は「Apple AirPods Pro」を持ち歩いているので、それを使用しましたが安物でもいいと思います。

ただし、作業に集中したければノイキャンは必須です。ノイキャンはなかなか価格も高いですが「JVCケンウッド Victor HA-A30T」などは、10000円切る価格なのでおすすめです。

Apple AirPods Pro

JVCケンウッド Victor HA-A30T

Lieffice SAKAI」まとめ

Lieffice SAKAI」の特徴は、オフィスや自宅を離れながらも仕事や勉強ができることです。快適でプロフェッショナルな環境で仕事をしたい方にも無料のWi-Fiや文房具、フリードリンクが利用できますので強くお勧めできます。

個室も「テレキューブ」よりは非常に広く快適で、ストレスなく仕事をすることができます。利用料金という面で考えると「テレキューブ」に軍配が上がりますが、設備的に考えると「Lieffice SAKAI」の圧勝です。

南海堺駅周辺でシェアオフィスを探している人はぜひ利用してみてください!

この記事を書いた人

ヤン
・高専卒業後に専業プラントエンジニアとして活躍。その後、化学/食品プラントのエンジニアに転職。プラントエンジニアリングや、資格・英語勉強に関する情報を発信。
・就職後に大卒との待遇の違いから学歴コンプに陥るが、持ち前の負けず嫌いの精神から勉強しまくって大卒を見返す。
・社会では大卒の方が優遇されるが「高専卒の方が即戦力&活躍できる!」ということから全ての高専卒を応援するためにブログを開始。
・主に機械系を担当したのでPFDからPIDの作成などの基本設計から、回転機器選定、配管設計、調達、建設、施工管理、試運転、保守管理を担当。今では設備保全の知識を活かして効率的なメンテナンス計画の立案や設備診断技術の導入も実施。5Sを軸とした仕事&職場&業務効率のカイゼンにも従事。
・保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)
・海外プラントの設計や立ち上げ経験もあり。