*/ ?>

ヘルメットにB+COMとスピーカー取り付け!

2020年2月11日

現在2月なので日中も寒いですねぇ。いくら暖冬といわれても長距離ツーリングはちょっと辛いところ。

とはいいつつもそろそろ春なのでツーリングの季節に向けてヘルメットにB+COMとスピーカー取り付けました。

貰い物なので一部補修などがいりましたが、結構簡単に付けることができますしナビがなくてもスマホから音楽聞けるのでお勧めです。

B+COM取り付け前にヘルメットスピーカーの補修

さて貰い物のB+COMです。すでにもらった段階からヘルメットスピーカーのスポンジはボロボロで、面ファスナーもかなり傷んでいます。

なので画面左に写っているスポンジセットを購入しました。SB6X用なので合うかはわかりませんが、ぱっと見同じ大きさだし、スポンジだから無理やりはめれば何とかなるでしょう。

補修する前。右が古い状態で左が補修パーツです。左は面ファスナーのオスとメスが張り付いている状態です。どうもSB213EVOとちょっと形が違うみたいですね。

右側の古い面ファスナーを外して新品を取り付けた状況です。古い状態では円の外側を1面面ファスナーで覆っていましたが今度は中心部のみです。

保持力とか大丈夫なのかちょっと不安ですが・・・。

で、新品スポンジも取り付けた状態。コードがちょっと不安なのでテンションをかけないように注意しないといけないですね。

スピーカー両方とも面ファスナーとスポンジを交換完了。SB6X用でも問題なく取り付けることができました。

ヘルメットにスピーカー取り付け

次にヘルメットにスピーカーを取り付けます。実はよく確認しないでB+COMもらったので取り付けることができるのか不安でしたが、幸いにも耳の部分にまさにスピーカー用のくぼみがあるのでそこに取り付けることにします。

さくっと面ファスナーの台座を張り付けます。両面テープなので楽勝です。

で、スピーカー取り付ければ終わりです。

ちょっとここもコードが不安なのでチークパッド取り付ける際に注意が必要です。

さらにコードもうまくチークパッド内に収める必要がありますが、私は一部顎ヒモに巻いて長さを調節しました。

B+COMの取り付け

最後にB+COMの取り付けですが、私はワイヤークリップ型のベースをいただいたのでヘルメットには張り付けません。

こんな感じでヘルメット本体と、チークパッドの隙間に差し込んで終了。結構しっかりと固定されます。

以上で終了です。

使ってみたけど・・・結構いいねこれ!

実は今までナビは音声最大にして使っていました。フルフェイスでもそれで何とか聴きとれていたので。

でも、フルフェイスだと耳元にスピーカーがあるのでかなりクリアに聴きとれます!

さらにBluetoothなので邪魔なケーブル類もないので、ヘルメットの着脱にだけ気を付ければいいのでかなりいいですねこれ!

今はスマホでもナビできるので、バイクでツーリング行く方には非常におすすめです!

B+COMはちょっと高いしなぁ」という人でもAmazonで激安のヘルメット用スピーカー売っているので、そちらを購入してみてはいかがでしょうか?(動作は保証しませんが)

ヘルメットスピーカーはバイクライフを大きく変える道具ですね!
 

年間約11,000台盗まれているバイク!だからこそ盗難対策と盗難保険でカバー!

大好きなバイクとツーリングに行こうとしたら・・・バイクがなかった。

そんな経験したくないですよね?でも

  • 年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。自動車は7100件なので、オートバイは自動車の約1.5倍盗まれやすいという事になります。

つまり毎日約30台バイクが盗難の被害にあっているわけです。

でもそれって原付みたいな盗みやすいやつばっかりでしょ?
そんなことはありません!DUCATIのような人気のバイクや旧車は特に盗まれる傾向にあります!

その為バイクの盗難防止としては重要なのは

  • 見せない→バイクの種類をわからせない!
  • 盗む時間を与えない→盗むのに時間がかかるようであればあきらめる!
  • バイクを毎日気にしているという態度を見せる。→買取のチラシは偵察!いつまでもつけたままのバイクほど盗まれやすい!

事です。

具体的な対策ですが
  • バイクカバー
    屋外で保管する場合は必ずバイクカバーをかけてください。
  • ロックは最低3個、できれば1個は地球ロック!
    バイクカバーをかけていてもカギが1個だとカバーをめくられて中を見られます。ですので最低3個くらいはつけましょう!そして1個は電柱や自宅のフェンスなどとロックして地球ロックしましょう!
    もし地球ロックが無理であれば、メンテナンススタンドとロックすることやアンカープレートを使用しましょう!
    お勧めのロックはKRYPTONITE ( クリプトナイト ) ロック NEW YORK LOCKです!
値段はちょっと高いですが、その重量感とチェーンのゴツサを見ればまさに「安心を買う」という感じです!

そして最後の手段は盗難保険に加入しましょう!

え・・・でも盗まれたバイクが返ってくるわけじゃやないよね?
たしかに自分でカスタムしたバイクはかえってきませんが、盗まれたバイクは大体めちゃくちゃに改造されるか、海外に売り飛ばされます。元のまま戻ってくることはほとんどないでしょう・・・。だからこそ盗難保険に入るべきなんです

しかし、普通の保険はバイクの盗難保険はまず扱っていません。そこでおすすめなのがバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

バイク盗難保険『ZuttoRide Club』の特徴は

  • バイク盗難保険:最大300万円まで補償
  • パーツ盗難保険:最大20万円まで補償
  • カギ穴いたずら補償:最大5万円まで補償
  • さらに盗難保険金額ごとに細かい保険を選ぶことができます!
パーツ盗難保険って意味あるの?
じつはバイク本体が盗まれないにしても「アクラポビッチのスリップオンマフラー」や「ブレンボのブレーキ」は盗まれたりするんです!

盗難された挙句修理費用、新車の購入費用もすべて負担・・・では納得がいきませんよね?だからこそ盗難保険に加入するのがおすすめです!