これでもう悩まない!みんなの転職エージェントの評価まとめ【doda、JAC、他編】




世の中には転職サイトや転職エージェントがあふれているので、どこのサービスがベストでどのエージェントを選ぶべきか非常に迷う事も多いと思います。

特にエージェントに関しては担当するエージェントにもよりますが登録してみないとどんな対応されるのかわかりません。

かといって何個も申し込むのはエージェントへの対応だけで時間を取られるので非現実的です。

そこで、有名なエージェントに絞って転職経験者の皆さんがどこのエージェントがベストなのか、アンケートを取ってみました。

あくまでも個人的な感想ですがこれから転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント、マイナビエージェントに関しては「結局どこの転職エージェントがベストなの?そんなあなたの為にアンケートを取ってみました!【リクルート、マイナビ編】」を見てください。

私の個人的な感想は「僕の使用した転職エージェント3社のレビューと比較【JAC Recruitment、パソナキャリア、リクルートキャリア】」の記事を御参考願います。

最も回答の多かったdodaエージェントサービス

アンケートを取る前はリクルートエージェントが圧倒的に回答が多いと思っていましたが、結果を見るとリクルートが28%に対して、dodaエージェントサービスは36%とトップでした。

dodaエージェントサービスはCMなどでもよく見るし、近頃は知名度がかなり上がっているのでしょうか?

親身になって相談してもらえた

自分の場合、DODAにて登録を行い、数多くのエージェントより連絡を頂き、とても親身になって相談に乗ってもらいました。

条件や希望等を踏まえた上で様々な企業の求人情報を探して頂き、面接の日程調整をしてもらい実際に数件の面接をさせて頂きました。

面接終了後には電話連絡を行い、面接状況を聞かれ、次に生かせるようなアドバイス等ももらいとても充実した転職活動を行えると思います。

これから転職を検討している方に、是非ともDODAエージェントへの利用を進めたいと思います。

レスポンスの速さと電話対応の丁寧さ

なによりも担当エージェントのレスポンスの速さと、電話応対がとても丁寧だったことに好印象を受けました。

こちらの希望する役職から適職をチョイスしてくれますし、非公開求人に関する情報を事細かに教えてくれます。

精神疾患を抱えていたこともあり、先方への開示連絡等もスムーズに実施してくださいました。

ただし、担当してから転職完了まで6か月以上経過すると担当エージェントが外されますので、スピーディな転職をお考えの方にはとてもマッチするエージェントシステムだと思います。

正社員等容だけを紹介してくれた

担当の方が不要な情報は織り込まず、こちらの希望に沿った企業の情報や、現在応募中の企業の進捗状況だけを連絡してくれる為混乱せずに済みました。

転職活動中はどうしても受信メールに敏感になってしまい、不必要な連絡は精神の消耗に繋がる為とても有難かったです。

また、dodaエージェントからは別のエージェント会社・紹介予定派遣会社の紹介はされずに正社員直接登用の企業だけをご紹介していただきましたので、こちらの希望をきちんと理解して下さっているのだなと安心・信頼することが出来ました。

求人数とエージェントのフォローが良かった

マイナビエージェントとdodaエージェントを利用し、転職活動をしていました。マイナビエージェントは紹介してくれる求人案件は少ないけれど、なるべくその人の希望に叶った案件を紹介してくれるスタンスのように感じました。

しかし、私の場合はその求人案件があまり気に入るものがなく、断り続けていると次第に紹介をしてくれなくなってしまいました。

一方、dodaエージェントは紹介してくれる求人が圧倒的に多かったです。AIによる自動転送もしているので、興味のない求人もかなりありましたが、個人的には数多くの求人を目にすることが出来、そこから選り好みしたかったので、dodaエージェントの方が性に合っていました。

応募後も書類選考が通れば、エージェントの方が面接対策なども電話でして頂けたので、フォローも手厚かったです。

未公開求人案件数はdodaエージェントがおそらく最も多いと思うので、いくつかエージェントを利用する予定の方も、dodaエージェントは必ず登録しておく方がいいのではないかと思います。

夜でもカウンセリングをしてくれた

私は複数のエージェントを利用してみて、dodaが一番転職活動のサポートを手厚くしてくれていたと思います。

登録後、一番最初のカウンセリングも仕事終わりの夜の時間を確保いただき、1時間以上詳細に確認をしてもらいました。

実際に毎日紹介される案件数も他より多く、とても助かりました。

こまめに進捗状況の確認、今後の転職活動の進め方の相談のために、時間を割いていただいたので安心して進めることができたので、dodaがベストだと思いました。

女性向けの求人が充実している

転職といえばリクルート、がかねてからの定説でしたが、昨今はdodaにかなり勢いを感じます(深田恭子のCMが頻繁に流れているとおり)。

友人(女性)がdodaを利用して希望に合う転職を実現したのをきっかけに自分も登録しましたが、思ったよりも女性向けの求人が充実していて非公開求人にも良質なものが多くあり、比較的選びたい放題でした。

年収についてもキャリアドバイザーを通じて企業に交渉してもらい、当初の年収よりも1割アップしていただけました。

職歴が未熟な私にもうまくアドバイスしてくれた

他の転職エージェントを利用してましたが、なかなか採用まで行かなかったのですが、dodaエージェントは、職歴が未熟な私に対して親身に履歴書の書き方から職務経歴書の書き方まで、一見不利だと思われる職歴を上手く他の方法で表現できるようにレクチャーしてくれたのです。

このおかげで書類審査が通り易くなり、面接でようやく自分の人間性をアピール出来るようになったのです。

求人案件も私でも応募しやすいものが多くて楽しく転職活動が出来たのを覚えています。

コンプレックスの塊で書類を提出することが怖かったのですが、どう表現すれば書類審査に合格できるのかを伝授してもらったので、自分に自信が付きます。

意外と回答の少なかったJACリクルートメント

JACリクルートメントは私も使用した転職エージェントで、外資系に強いとよく言われています。

私が使用したときはそんなこともなく、普通に国内の会社も多かったのですが。

しかし、海外にも営業所がある分海外で働きたい人にとっては非常にお勧めのエージェントです。

今回のアンケートでは残念ながら4%の回答しかいただけませんでした。

紹介案件のレベルが高い

中高年の技術者だったのですが、JACリクルートメントは外資系に強いので、紹介案件のレベルが高かったです。

登録した後に、キャリアカウンセラーから連絡が入り、大阪の梅田オフィスで面談しました。

その時に私の履歴を聞いて頂き、実際に企業が、何を目的で、どの様な人材を探しているのかと説明してくれました。キャリアカウンセラーの方は30代前半の女性でしたが、丁寧な対応で好感が持てました。

その後、月に複数回のペースで年収もそこそこある仕事を紹介してもらえました。ただその時は、東京勤務が多かったので、最終は転職に至りませんでした。

ただそのことを差し引ても、他のエージェントに比べて一番印象は良かったです。

その他

このほかにもいろいろなエージェントの感想を頂けたので、舁いていきたいと思います。

リブズキャリア

リブズキャリアです。大手エージェントではないですが、だからこそとても寄り添って転職活動を支えていただきました。

面談の段階では、幼少の頃からの行動、考え方などから現在、未来でなにができてなにがしたいのか、本当に詳しく分析していただき、自分の仕事、人生の振り返りにもなりとても有意義なものでした。

大手エージェントにも2社登録し面談もしましたが、会社の資料をもとに同じような説明をされるだけで「案件をこなしている」という印象が拭えませんでした。

広告業界専門の転職エージェント

私は広告業界のクリエイティブ職を志望していたため、広告業界専門の転職エージェントを利用しました。

理由は、ほとんど業務未経験での転職だったので、大企業や中堅企業では採用されないと考え、小規模の企業を探すためです。

結果的に大手の転職エージェントでは見つからないような、小規模の優良企業を紹介していただき、現在はその企業で経験を積んでいます。

特定の業界へ、業務未経験での転職を叶えるには、大手転職エージェントではなく、専門特化したエージェントがベストだと思いました。

まとめ

以上、dodaエージェントサービス、JACリクルートメント、その他を紹介しました。個人的にはJACリクルートメントの評価が低くて意外でした。

リクルートエージェント、マイナビエージェントに関しては「結局どこの転職エージェントがベストなの?そんなあなたの為にアンケートを取ってみました!【リクルート、マイナビ編】」を見てください。

私の個人的な感想は「僕の使用した転職エージェント3社のレビューと比較【JAC Recruitment、パソナキャリア、リクルートキャリア】」の記事を御参考願います。