【プラント設計の基礎】圧縮空気のコストを下げる10の方法




圧縮空気は多くの産業で必要ですが、注意しないと多くのコストがかかる可能性があります。

圧縮空気のシステム全体を見直すことで、全体的な経費を削減することができます。

工場全体の省エネが下げバル現代ですが、圧縮空気のコストは意外と軽視しがちですが意外とコストがかかっている場合があり、ちょっとした作業でコストを下げることが可能です

1.消費量を分析する

ありがちなのがせっかく作り出した圧縮空気の半分だけしか有効に使用されていないことがあります。残りの半分は人為的な需要(ちょっとした掃除など)、不適切な使用、そのへんのリークからどんどん消費されていきます。

また、ブローシステム、冷却用、エアモーターなどについても圧縮空気を適切に使用しているかよく確認する必要があります。

キャビネットの冷却、液体の攪拌および真空発生を含むこれらの用途のいくつかは、ファン、送風機または真空ポンプによってよりコンプレッサーよりも効率的に供給することができ、エネルギー効率的にも優れていることがあります。

圧縮空気の行き先を知ることは、不要な圧縮空気の消費量を減らすための行動計画を立てるための最初のステップです。

2.分布を調べる

漏れと不適切なサイズの配管の両方が不要な圧力低下を招き、圧縮空気システムの動作を悪化させ、より多くのエネルギーを消費する可能性があります。

いくつかのシステムでは、漏れは空気消費量の20%から30%を占めることもあります。

工場内ではよく大きなリーク音が聞こえますが、今ではそのようなリークを見つけることができる便利な機器もあります。

超音波漏れ検知器は微小な漏れを見つけるために利用可能ですが、工場内のオペレーターも含め参加型の継続的なリークチェックプログラムが最も効果的な方法です。

3.圧力を下げる

たった1つの使用ポイントのニーズを満たすために、システムが高い圧力で稼働しているのが一般的です。

しかしながら、これは、特に最終的なの圧力要求が異なる場合には、大量の圧縮空気を浪費する可能性があります。

不必要な量の圧縮空気が発生しないようにするには、別のコンプレッサーまたはブースターを使用してみてください。

このようにして、システムの他の部分はより低い圧力で動作し続けることができ、漏れと使用率を減らし、最終的に全体的なエネルギー消費量を減らすことができます。

4.エアレシーバが正しく使用されていることを確認します

エアレシーバーのサイズと配置は、圧縮空気のコストを下げるために重要です。

エアレシーバーは圧縮空気プロセスにおいて重要な役割を果たします。それらは圧縮空気を貯蔵し、そして圧縮機とシステムとの間の緩衝剤として働き、圧縮中に起こり得る圧力変動を緩和します。

エアレシーバーが正しい場所にあることを確認することは圧縮空気のコストを下げるためのもう一つの方法です。ドライヤーの前にエアレシーバーを取り付けると、レシーバー自体が水分や油分をある程度除去してくれます。これはドライヤーにとっては良い状態となります。

ただし、エアレシーバーは飽和空気で満たされます。コンプレッサとドライヤの容量定格を超える突然の要求があると、ドライヤが過負荷になり、圧力露点が高くなる可能性があります。

ドライヤーの後にレシーバーを設置しても同じ利点は得られませんが、クリーンで乾燥した空気が保存されます。このような状況で突然の需要が発生した場合は、乾いた空気で対応できます。

エアレシーバーの最適な配置は、2つのレシーバーを配置することです。1つはドライヤーの前で凝縮水のドロップアウトおよび油分の除去をするためのもの、もう1つは突然の需要を満たすための「ドライ」エアーレシーバーとして使用します。

5.複数のコンプレッサシステムを効果的に制御

マルチプルコンプレッサーシステムを設計するとき、お金を節約するための良い方法はできるだけ多くのコンプレッサーをベースロードすることです。

プラントの流量要求に基づいて特定の負荷で運転するコンプレッサを選択しているため、複数のコンプレッサ制御でランニングコストを最適化できます。

6.適切な乾燥機を選ぶ

圧縮空気を乾燥させるプロセスは誤解されることが多く、エネルギーとお金を浪費するシステムを非効率的につなぎ合わせる結果となります。次のようにドライヤーとフィルターの選択に関する質問がよくあります。

  • ドライヤーを購入する必要がありますか?
  • どの程度のフィルターが必要ですか?
  • ルブリケーターはいりますか?

質問に関係なく答えはほとんど同じです。それはアプリケーションに依存します。ただし、乾燥機やフィルターを使用する際に従うべき一般的なヒントがいくつかあります。これにより、圧縮空気のコストを削減できます。

  • 必要以上に圧縮空気を乾燥させないでください。お金を無駄にします。
  • 冷凍式エアドライヤで乾燥させ、それ以上に露点の低いエアが必要な場合のみヒートレスエアドライヤなどを使用しましょう。
  • どのフィルターも圧力低下を引き起こしお金がかかります。必要以上にフィルタリングしないでください。
  • 損失のない排水管で凝縮水を除去しましょう。

7.凝縮水は排水トラップを使用する

コンプレッサーは大量の水を作ります。システムから安全かつ効率的に水を除去するシステムを考えましょう。

手動排水を使用するべきではありません。手動で排水すると、高価な量の圧縮空気が無駄になります。

タイマー排水は湿度の高い、低い日での調整ができないので、手動排水と同じ問題が発生します。

代わりに、凝縮液の存在を感知し、圧縮空気を失うことなく排水する排水トラップを使用してください。常に排水トラップを定期的に点検し、必要に応じて修理する必要があります。

8.熱を回復する

熱は常に圧縮空気の副産物です。コンプレッサからほぼ90%から95%の熱を回収することができます。

効率よく熱を回収できれば建物内の暖房用の空気を供給することができ、水冷式ユニットはプラント用の温水を生成することができます。

9.空気使用量を測定し監視する

圧縮空気の消費量を追跡することでいろいろな情報を得ることができます。メンテナンスの実施方法を知らせることから、省エネの取り組みを促すことまで、システムで何が起こっているのかを知ることは非常に良いことです。

そうすることで、重大な問題が気付かれずに済むのを防ぐだけでなく、プラントの効率を継続的に改善する方法を見つけるのにも役立ちます。

監視に関して留意すべき7つの重要事項があります。

  1. 変更を加える前に、システムのベースライン(流量、圧力)を確立してください。
  2. 生産率に対するエネルギー消費のベンチマーク(エアの消費量から電力を積算し、生産量に対するコンプレッサの負荷を計算するを確立してください。
  3. システムの変更とそれによる省エネを記録します。
  4. 保守データと傾向を記録します。
  5. 運用上の圧力を記録してください。
  6. 新しい機械の影響を確認してください。
  7. どこかだけ異常な低圧となっていないか確認してください。

10.適切なコンプレッサを選択する

適切なコンプレッサを選択することが最も重要です。さまざまな選択肢がありますが、さまざまな種類のコンプレッサとそれらがもたらすコスト上の利点を理解することが重要です。

どの技術にも、プラントの需要と用途に基づいた独自の利点があります。

圧縮空気のコストを下げる10の方法:まとめ

これらのヒントはほんの始まりにすぎません。エネルギーとコストを節約する方法を実行するには、時間と継続的な取り組みが必要です。

上記の慣習に従うことによって、あなたの工場はかなりの量のエネルギーとお金を節約することができます。

まず始めることは配管からのリークなどを調べることです。これは新しい機器をどう入する必要もなく始めることができ、とても効果的な方法です。