【GSX1300R 隼 (GW71A)】初メガスポーツ!00年モデルのGSX1300R隼を購入しました!

2019年2月15日

※画像はスズキのHPから、国内仕様なので購入した車両とは違います。

突然ですが2000年モデルのGSX1300R Hayabusa(以下、隼)を購入しました。CBR250Rに乗っていましたがふと立ち寄った某赤男爵で程度の良い車両があり、金額としてはもちろんCBR250Rの下取りだけでは間に合いませんが、払える範囲内だったので思い切って購入することにしてしまいました。

隼の00年モデルとは?

初代隼が1999年に発売されたので、その次の年に発売されたものとなります。

そしてこの00年モデルはスピードメーターが350kmまで印字してある貴重なモデルになります。これ以降は300km規制のため300以上は印字してありません。

まぁ、と言ってもサーキットでも行かない限り300kmなんて出せないので宝の持ち腐れですが…。

後はフューエルポンプに若干の問題があることと、リコール対策をきちんとされてるかが問題ですが、フューエルポンプは交換するとのことなので(本当か?)しばらくは大丈夫でしょう。

一番の問題はリコール対策がされているかですね。

実車の確認

で、実際の車両の方を引っ張り出してもらい確認してみました。見る前から定員さんには

  • マフラーはフルエキで車検対応に交換済み。
  • 左側に結構傷あり(他の車両のせいでよく見えない)
  • ETC付属。

と言っていましたが実際にはどうでしょうか?

外装

さすがに20年前の車両なので色あせ感はありますがそれでも綺麗なところ。たしかに左側に傷はありますが、見た所立ちごけ程度の傷なのでそんなに気にするほどでもないかな?

それよりもフルエキの汚れが気になる。ステンみたいだからあとで磨くか、会社から酸洗のジェル持ってきて磨くかどちらかが必要です。

ノーマルマフラーはないとのこと。まぁ、車検通ればいいのですが。

あとはスクリーンがゼログラビティ製に変更されていました。

ほかにシングルシートカウルとグラブバーも、交換されているらしいです。

リコールに関しては「OK」シールが貼られているのを確認しましたので、問題ないようですね。

エンジン

エンジンかけてもらおうとしたところ…バッテリーが死んでてかかりません。まぁ、仕方ないわな…交換してくれるから別にいいけど。

ジャンプしてセル回したところ一発でエンジン始動。吹け上がりもいいみたい。

マフラーも車検対応ですが結構いい音してます。バッフル外せばわもっと音すごいらしいですがそこまではいらない。

流石に古いだけあってチョークが付いています。

タイヤ

今回一番の心配どころがタイヤです。溝はあるといえばあるが、乗り方によって日一年で終わりそうです。また、どれだけ放置されていたかもわからないので、ゴムの硬化なども怖いところです。

今年はこれで頑張って、来年に安いツールングタイヤに変更ですかね?

ナビ

ナビが付属しておりますが、スマホホルダーに変換するか悩むところでした。幸い問題なく動いていたので、そのままにしましたが、今思うと外しても良かったかなーと思うところです。

総評

思ったより綺麗な車体でした。まぁ、年式が年式なのでそれなりにくたびれてきてるところもありますが。

これで本体価格で50万切るのなら悪くないのではないでしょうか?上見たらキリないし、下見てもキリないですからね。事故車とか嫌ですし。

実際、もっと安い車両を探してもらったらフレーム修正ありのものでした。聞いてみたところ、社内の規格から外れていたので修正しただけらしいですが・・・。

で、勢い余ってヘルメットなども新調してしまいました。嫁にはかなり呆れられておりますが…。

その辺の詳しいインプレはまた後日。納車はお金を払う都合上2月末~3月上旬になりそうです。ul>
 

年間約11,000台盗まれているバイク!だからこそ盗難対策と盗難保険でカバー!

大好きなバイクとツーリングに行こうとしたら・・・バイクがなかった。

そんな経験したくないですよね?でも

  • 年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。自動車は7100件なので、オートバイは自動車の約1.5倍盗まれやすいという事になります。

つまり毎日約30台バイクが盗難の被害にあっているわけです。

でもそれって原付みたいな盗みやすいやつばっかりでしょ?

そんなことはありません!DUCATIのような人気のバイクや旧車は特に盗まれる傾向にあります!

その為バイクの盗難防止としては重要なのは

  • 見せない→バイクの種類をわからせない!
  • 盗む時間を与えない→盗むのに時間がかかるようであればあきらめる!
  • バイクを毎日気にしているという態度を見せる。→買取のチラシは偵察!いつまでもつけたままのバイクほど盗まれやすい!

事です。

具体的な対策ですが

  • バイクカバー
    屋外で保管する場合は必ずバイクカバーをかけてください。
  • ロックは最低3個、できれば1個は地球ロック!
    バイクカバーをかけていてもカギが1個だとカバーをめくられて中を見られます。ですので最低3個くらいはつけましょう!そして1個は電柱や自宅のフェンスなどとロックして地球ロックしましょう!
    もし地球ロックが無理であれば、メンテナンススタンドとロックすることやアンカープレートを使用しましょう!
    お勧めのロックはKRYPTONITE NEW YORK LOCK 999492です!

値段はちょっと高いですが、その重量感とチェーンのゴツサを見ればまさに「安心を買う」という感じです!

そして最後の手段は盗難保険に加入しましょう!

え・・・でも盗まれたバイクが返ってくるわけじゃやないよね?

たしかに自分でカスタムしたバイクはかえってきませんが、盗まれたバイクは大体めちゃくちゃに改造されるか、海外に売り飛ばされます。元のまま戻ってくることはほとんどないでしょう・・・。だからこそ盗難保険に入るべきなんです

しかし、普通の保険はバイクの盗難保険はまず扱っていません。そこでおすすめなのがバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

バイク盗難保険『ZuttoRide Club』の特徴は

  • バイク盗難保険:最大300万円まで補償
  • パーツ盗難保険:最大20万円まで補償
  • カギ穴いたずら補償:最大5万円まで補償
  • さらに盗難保険金額ごとに細かい保険を選ぶことができます!

パーツ盗難保険って意味あるの?

じつはバイク本体が盗まれないにしても「アクラポビッチのスリップオンマフラー」や「ブレンボのブレーキ」は盗まれたりするんです!

盗難された挙句修理費用、新車の購入費用もすべて負担・・・では納得がいきませんよね?だからこそ盗難保険に加入するのがおすすめです!