プラントエンジニアのお勉強【騒音へのアプローチ】








産業機械などから発生する騒音は簡単には制御できません。ラジオのようにつまみを一つ回せば音が小さくなるようなことはないからです。

工場、発電所、および建設現場の騒音レベルを管理することは複雑な作業であることが多く、それらを管理するための戦略を考案するために騒音暴露を測定および評価することを目的とした機器などを使い、専門のエンジニアに依頼することが必要です。

これらの制御方法のいくつかを見てみましょう。

騒音へのアプローチ:機械的な対策

まず、新しい機械を購入する際には自分たちの工場で許容できる騒音レベルを考えましょう。それにより価格が上がることもあります。

例えば重低音を発生する機器であれば、グラスウールのような防音壁では無意味なので、鉄筋コンクリートのような質量の大きなもので抑える必要があります。

もし、既設の機械の音がうるさいのであれば単に古いからとは考えずにメンテナンスをしてみましょう。

油切れした歯車、チェーンなどは大きな騒音を発生します。

また、モーターと軸のアライメントの狂いによる騒音なども考えられますので、どこから騒音がなっているのかをよく理解して適切なメンテナンスが必要です。

騒音へのアプローチ:保護具を活用する

騒音を封じ込めるためのさらに別のアプローチは、機械の近くの保護具、耳栓などを提供することです。

騒音が非常に広範囲に暴露する場合などは、遮蔽物などを立てて物理的に騒音を遮断する方法もあります。

騒音へのアプローチ:”迂回”させる

望ましくない音量レベルに対処するためのさらに別の方法は、通常は人間によって占められていない場所に騒音を迂回させることです

これは工業用ボイラーでよく取られます。

ボイラーからの高圧蒸気は急速に膨張して非常に大きな騒音を生み出すことがあり、特に安全弁からの放出が大きな問題となります。

エンジニアはボイラー自体の安全弁からそれらを収容する建物の屋根までの配管を伸ばして周囲に影響がないところで高圧蒸気を放出するようにします。

このようにして、蒸気とそれに伴う騒音は安全に外に向けられます。

騒音へのアプローチ:まとめ

このような方法で騒音は封じ込めていくことができます。騒音というのは非常に厄介な問題で簡単には解決できないこともあります。

重要なのは設計段階である程度騒音を予測して対処しておくことです。

また、振動も大きな騒音源になるので振動が発生しないような機器、調整、据え付けなどをすべきです。

もし騒音で問題が発生した場合は、それがどこで発生してどんな周波数特性なのか?まずそれを測定しましょう。高周波と低周波では対応の仕方も変わります。

いずれにせよ、騒音問題は専門家も交えて慎重に対処しましょう。