転職活動する前に!転職サイトと転職エージェントの違いを解説!




転職サイトと転職エージェントはどちらも一長一短であり、転職サイトの利点もあればエージェントの利点もあります。僕自身は最初は転職サイト、その後転職エージェントに登録しました。

今すぐにでも転職したい人もいれば、じっくり考えたい人もいると思います。私はエージェントで決まりましたが、それぞれの特徴を記載していこうと思います。

もちろん、この前に履歴書と職務経歴書は完ぺきに作成しておくことをお勧めします。

転職サイトは全て自分の責任になるが、エージェント経由より給料が高いかも?

リクナビNEXTに代表される転職サイトは、登録さえすれば好きな条件で求人を検索することができ、応募することができます。また、企業やエージェントから直接オファーが届くこともあります。

転職サイトでは自分の市場価値を知ることができる

転職サイトの場合上にも記載のある通りいろいろなオファーが届きます。実はこれは自分の市場価値を知るうえでかなり重要です。

  • 自分のスキルは市場でどのくらい求められているのか?
  • どのような企業が自分に興味を持ってくれるのか?
  • どんな企業が自分に合っているのか?

もちろん、中にはまったく意味のないオファーも届くこともあるので内容はしっかり見極める必要があります。

エージェントとの面談でも自分の市場価値を知ることができますが、とりあえず自分にどんなオファーが届くのか? 自分にどんな企業が興味を持つのか? を知るには良いと思います。

転職サイトでは会社の質を自分で見極める必要がある。

残念ながら求人をしている掲載企業、同様にエージェントからのお誘いの合った企業が果たしてどんな企業があるのか完全に知る方法はありません。

はっきり言ってしまえば、ブラック求人も存在する可能性があるという事です。

求人内容だけで会社の質を完全に知ることはできません。そして、もし内定をもらって入社した後も決定したのは自分なので、自分で責任を取る必要があります。

つまり、「企業研究」が必要だという事です。

できれば、毎日のように求人をチェックしましょう。求人頻度が高い企業=離職率が高い企業といいえますので注意をする必要があります。

転職サイトでは日程などの調整が自分で必要

転職サイトで応募する際は面接の日程などをすべて自分で調整する必要があります。もちろん、中途の面接であっても社長や重役などが出席する可能性は非常に高いので、そのような人たちの日程と合わせる必要があります。

上手く日程を合わせられないと、最悪面接できずにお断りされるかもしれません。

つまり、日程などの調整をしっかりしないと内定を得られない可能性があるという事です。

転職サイトではたまに拍子抜けなオファーも

一応希望の勤務地などを記載する欄はあるのですが、それを見ずににオファーを出しているようなときもたまに見受けられます。

私も非常に良いオファーが届いたのですが、勤務地が非常に遠く交渉しましたが結局断ったことがあります。

そのような時も、自分でうまく交渉して希望勤務地で採用してもらえるような交渉力が必要となります。

転職サイトではエージェント経由よりも給料が高いかも?

これは申し訳ありませんが確定情報ではありません。

僕が聞いた話では、転職エージェント経由の際は採用後、採用した会社がエージェントに採用した人の想定年収の何割かを支払うというような話を聞いたことがあります。その為、エージェント経由の際は転職サイトよりも給料を安くさせられる可能性がある、という話を聞いたことがあります。

冒頭にも申し上げた通り、確定情報ではありません。

転職エージェントはエージェントが企業との調整を請け負うので、時間がない社会人には最適

2017年現在でも、転職エージェントの会社は非常に多くそれぞれの会社が強みを持っています。ただし、相手もお金稼ぎのためにやっているわけですので、ライバル会社に採用を取られてしまうよりも自分の会社で転職してほしいと思っています。

(もちろん、真摯に相談に乗ってくれるエージェントの方も多いです。)

エージェントの言葉だけに惑わされず、常に自分の頭で考えて転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントだからといって誰でも転職できるわけでもない

転職エージェントといえども、流石に転職が無理な人がいます。

  • 年収が極度に低い
  • 失業期間が非常に長い
  • 未経験から正社員に応募する
  • キャリアがなく、高齢である

このような人は応募しても、あまりに市場価値が低いのでさすがの転職エージェントも求人を見つけられないと思います。

転職エージェントを使うと電話や面談の時間がかかる

転職エージェントの場合は面談、もしくは電話での面談が必須です。もちろん、その中の話で自分の希望する求人や、現在のキャリアなどの詳細説明をするため非常に重要です。

ただし、会社に応募するごとに面接時間の確認や、新しい求人があった場合の相談など常に電話や時には赴く必要があるので転職には時間がかかります。

転職エージェントの質に左右される

人によって、転職エージェントはあなたのことを商品としか見ていません。

私の場合も結構有名なエージェントに登録した際の電話面談で

  • 私:「○○って求人ないのですか」
  • エージェント:「ありますけど無理でしょ(鼻で笑いながら)。まぁ、書類送るぐらいなら対応しますけどね。」

みたいなエージェントがいてかなり腹が立ちました。

実際このエージェントから来る求人はどれも

  • 年収がかなり安い。(同等どころか下がるものばかり)
  • 仕事内容が希望と一致していない。(なぜか営業とかが入っていた。希望は技術職なのに)
  • 専用の検索サイトで調べたものを、推奨案件として送ってくる。(ログしか見てない?)

のようなものばかりで、検討するに値しませんでした。

このようなエージェントに当たった場合は運が悪かったと思うしかないでしょう。しかし、このようなエージェントにどのように対処するかも非常に重要です。

できれば担当を変えてもらうほうが良いでしょう。

残念なことにこの時の転職エージェントが業界1位といわれている会社だったことでしょうか。

転職エージェントではあまりじっくりと考えられない

あまりにも求人を断っていたり、何も返答がないとサポート自体が手薄になる可能性もあります。エージェントもあなただけをサポートしているわけではありませんし、やはり転職意欲の強い人を熱心にサポートします。

ですので、エージェントを使う場合は転職時期を決定している、もしくは今すぐにでも転職したい場合に利用しましょう。

転職エージェントでは面倒な手続きをすべて代行してくれる

エージェントの場合は面接のスケジュールをすべて調整してもらえます。こちらの希望を言えばそれに合わせれるように調整もしてもらえます。

ですので、忙しい社会人には非常にありがたいサービスとなっています。

転職エージェントでは書類の添削もしてくれる

履歴書や職務経歴書の添削をしてくれることもあります。ふだん、このような書類を作ることは無いので、プロに見てもらえることは無い低確率を上げる為に非常に重要です。

もちろん、自分のキャリアの棚卸は自分ですることが必要です。それをもって「もう少しこういう風に書いたらどうですか?」などのアドバイスをするのが転職エージェントです。

0から任せることはできませんので誤解のないようにお願いします。

まとめ

転職サイト、転職エージェント共にメリット・デメリットがあります。どちらの方が絶対に良いとは一概に言えないところがあります。

両方登録しておいてもよいのですが、本気で転職を目指すのであれば連職エージェント、とりあえず自分にどんなオファーが来るか知りたい、もしくは良いオファーがあれば応募するという考えであれば転職サイトでしょうか?

もちろん、どちらも履歴書と職務経歴書は必須なので気を付けましょう!