*/ ?>

女性ライダー必見!バイクに乗る際のオシャレな防寒対策・アイテムは?

2018年11月12日

近頃は女性でもバイクに乗る人が多くなってきました。バイクに乗る一人としては、同じ趣味の人が増えてくれること、バイクの魅力が多くの人に伝わるのは非常にうれしいことです。

しかし、女性ライダーには女性ライダーならではの悩みがあると聞きます。

そのため、知り合いの女性ライダーの方に、女性ライダー特有の悩みと、対処法を聞いてきました。これからツーリングに行こうと思っている女性ライダーや、同じ悩みを持つ女性ライダーの為に記事にしたいと思います。

ぜひ、この記事を参考にバイクライフを楽しんでください!

 

✅年間何台のバイクが盗まれて何台が戻ってきてるか知っていますか?

年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。これ自動車の約1.5倍です。そして検挙率は14.9%(2017年)。盗まれたらほぼ戻ってきません。
盗難場所も駐輪場、駐車場、自宅敷地内が83%なのでどこでも盗まれる状況です。
そんな時に安心なのが盗難保険。僕も加入しているバイク盗難保険『ZuttoRide Club』なら、バイク本体だけでなく、パーツ単位で保証してくれるので安心ですね。
>>ずっとバイクに乗り続けたい人だけ加入してください。

 

防寒対策は重要!念入りに行おう!

まぁ男でもそうですが、冷え性などが多い女性にとってツーリング中の防寒対策はより一層念入りにに行う必要があります。

女性のライダーにとって、冷え性は大敵。若いころは「寒いのも、ライダー冥利」と勝手に思い込んでいたフシがあり、適度な寒さも身の内だと思っていました。

そのため防寒対策をまったくせずに飛び出し、ツーリング後に熱を出して寝込んでしまうことも多々ありました。

30代を過ぎてから体力の限界を感じるようになると「自分のコンディションは、自分で整えないと…」と思えるようになりました。見た目は可愛く、そしてスタイリッシュに温かさをキープしておくことが大切だと思えるようになったのです。

今では下準備を念入りにおこなっています。冬場のツーリングは生理中や冷え性になりやすい女性にとってハードな季節。

そこでおすすめなのが、ユニクロのヒートテックのインナーとネックウォーマーです。

ユニクロのヒートテックは薄手で軽くて温かい。とっても寒い時はヒートテックを2枚か3枚着こみます。

またユニクロのヒートテック製のネックウォーマーもスタイリッシュでオシャレ、見た目も良く、防寒能力も高くておすすめです!。

防寒対策をきっちり行わないとひどい目に

帰宅してからだといいですが、ツーリング中に体調を崩して周りの方に迷惑をかけるのは一番避けたいですよね。

防寒対策をきちんとおこなっておかないと、風邪やインフルエンザにかかったり、ひどいときは生理不順に苦しむこともありました。

寒さで体調を崩して、1番タチが悪いと思うのはツーリングをしている仲間に迷惑をかけてしまうことです。

せっかくの楽しい旅もグループ内に1人でも体調不良の人がいると、とたんに場の空気が悪くなってしまいます。

最初から最後まで気持ちの良い時間を過ごすためにも、自分のコンディションは自分で管理していくことが大切…何回か失敗を繰り返していくうちに、そう気持ちが切り替えられるようになっていきました。

ヒートテックとネックウォーマーで外気をシャットアウト!

おすすめはヒートテックとネックウォーマーですね。これらだけでも十分外気をシャットアウトしてくれます!

ユニクロのヒートテックとネックウォーマーを身に着けるようになり、ハードな向かい風に襲われる日でも、体調を崩すことが少なくなりました。

バイクに乗っていると手や首もと、体の中心部に冷たい風が入ってきます。これらの冷たい風を防寒アイテムでシャットアウトすることによって、ツーリング中も冷えにくいポカポカボディへ。

ネックウォーマーを一度洗濯機で洗ってみたところ、毛玉がポチポチでき失敗したと思いました。洗濯機でガンガン洗うのには、適していないタイプみたいです。これから洗おうと思っている方は、手洗いが断然おすすめです。

私の場合はぬるま湯にデリケート衣類用の洗剤を数滴たらして、洗っています。

色合いはこってりナチュラルで可愛いのですが、個人的にはもう少し派手なカラーでも良いかな…と思います。ただ色違いで買ってもとても安いのは、ありがたい。ツーリングをしていて「同じ柄の人・同じ色合いの人」があまりいないことも、気に入っています。

ツーリングを楽しむためにも防寒対策は重要です!

まとめ
  • ツーリング中、後に体調を崩さないためにも防寒対策は必須。
  • ユニクロのヒートテックシリーズなら費用をかけずに防寒対策が可能。

 

✅年間何台のバイクが盗まれて何台が戻ってきてるか知っていますか?

年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。これ自動車の約1.5倍です。そして検挙率は14.9%(2017年)。盗まれたらほぼ戻ってきません。
盗難場所も駐輪場、駐車場、自宅敷地内が83%なのでどこでも盗まれる状況です。
そんな時に安心なのが盗難保険。僕も加入しているバイク盗難保険『ZuttoRide Club』なら、バイク本体だけでなく、パーツ単位で保証してくれるので安心ですね。
>>ずっとバイクに乗り続けたい人だけ加入してください。