女性ライダーでも化粧はしたい!化粧落ちを気にしい化粧の仕方とは?




近頃は女性でもバイクに乗る人が多くなってきました。バイクに乗る一人としては、同じ趣味の人が増えてくれること、バイクの魅力が多くの人に伝わるのは非常にうれしいことです。

しかし、女性ライダーには女性ライダーならではの悩みがあると聞きます。

そのため、知り合いの女性ライダーの方に、女性ライダー特有の悩みと、対処法を聞いてきました。これからツーリングに行こうと思っている女性ライダーや、同じ悩みを持つ女性ライダーの為に記事にしたいと思います。

ぜひ、この記事を参考にバイクライフを楽しんでください!

いくらヘルメットを着用しても化粧はしたい

バイクで遠出をすることがあるのですが、やはりメイクはしっかりとしていきたいです。基本的にバイクで行動してどこかへ行くことが多いのでノーメイクでいくのは抵抗があります。

ですが、バイクを乗る時は顔に風を思いっきり受けますし、フルフェイスでもパッドに頬が当たるので、化粧の仕方を間違えてしまうとバイクからおりた後に化粧がボロボロになってしまって台無しになってしまうため、化粧の仕方などに気をつけています。

女性ライダーとしては口紅とファンデーションが悩みの種

バイクに乗る用のメイクをしているときは、ファンデーションをしっかりと塗っているため、ヘルメットをかぶるとファンデが取れてしまったりしました。私はフルフェイスのヘルメットを愛用していたので顔全体がヘルメットに覆われていたため、余計にメイクが落ちやすくなっていました。

せっかく口紅を綺麗に塗ってもヘルメットについてバイクからおりたときは口紅が取れてしまっていたり、口紅がヘルメットについてそれがさらに肌についてしまったりしたので、特に口周辺のメイクには気をつけなければいけないと思っていました。

ファンデーションはヘルメットについてしまって落ちてしまうのですが、それでも何も塗らないと紫外線を浴びてしまうので、何もしないわけにはいかず悩んでいました。

せっかく綺麗にメイクをしてもいざバイクをおりたときにはメイクが落ちてしまってボロボロになってしまいます。いくらバイクに乗っていたとしても可愛くいたいので、メイクが中途半端に落ちていたりするとかっこ悪いのではないかと思います。

また、落ちやすい化粧をしてしまうとバイクからおりたときにひどいことになっているのでバイクに乗る時は乗る用の化粧をすることをおすすめします。

バイク用に自分なりの化粧をするのがコツ

私の場合はファンデーションや口紅をするのはやめました。ですが、顔に何も塗らないと紫外線をしっかりと浴びるので日焼け止めはつけていきます。

また、口紅も塗るのをやめてリップ程度にすることにしました。

そうしたら、ファンデーションがヘルメットについてしまって落ちてしまうのが避けられますし、口紅が落ちることもなくなります。そして、現地についたら、場所を移動してファンデや口紅を塗るようにしました。

そうすることで、バイクに乗りながら化粧が落ちてしまっているか心配する必要がなくなりました。もちろんそれ以外のアイメイクなどは家でしっかりとします。ファンデと口紅程度ならささっとすぐに塗ることが出来るのでそこまで手間ではありません。

バイクでどこかへ出かける時はファンデと口紅だけは肌身離さず持っていきます。そして、化粧を気にしないでバイクに乗れるのはやはりすごく快適です。

デメリットは目的地で化粧をすること

デメリットは目的地についたらファンデーションや口紅を塗るので手間がかかるということですね。トイレなど化粧が出来る場所を探さないといけないので、場所によってはそういった場所がない事があります。

そういった時は人目がないところを探して化粧をしなおすので、それがたまに面倒だとおもうときがありました。す

ぐ側にトイレなどがあれば良いですが、そういった場所がない場合はしばらくファンデや口紅を塗らないで、その場にいなければいけないので落ち着かないと思いました。

また、気を付けないと帰りの道中でヘルメットの中で化粧が取れてしまうので、あくまでも軽く化粧をするのにすごく気を使いました。

スッピンだと思われない程度の化粧はしていきましょう!

アイメイクや眉毛だけはしっかりと化粧をしているので、スッピンだと思われることはないですし、バイクに乗っているときはヘルメットをかぶってしまっているので、化粧をしていないことは分かりません。

バイク走行中にファンデを塗っているかどうかを気にする人はいないので、バイクに乗っているときはファンデや口紅をしてなくても大丈夫です。そのため、バイク用のメイクを聞かれたらこの方法を紹介したいと思います。