女性ライダーに聞いた!ヘルメットを脱いでも髪が乱れない方法!

2020年5月26日

近頃は女性でもバイクに乗る人が多くなってきました。バイクに乗る一人としては、同じ趣味の人が増えてくれること、バイクの魅力が多くの人に伝わるのは非常にうれしいことです。

しかし、女性ライダーには女性ライダーならではの悩みがあると聞きます。

そのため、知り合いの女性ライダーの方に、女性ライダー特有の悩みと、対処法を聞いてきました。これからツーリングに行こうと思っている女性ライダーや、同じ悩みを持つ女性ライダーの為に記事にしたいと思います。

ぜひ、この記事を参考にバイクライフを楽しんでください!

女性ライダーにとって上方の維持は大変!

バイクに乗るときに気になるのは髪型ですよね。

フルフェイスなど頭をしっかりと守るのでせっかく髪の毛をセットしてもぐちゃぐちゃになってしまうと思います。特に、ツーリングなど遠くにいく場合は、長い間風にさらせれているので、着いたときにはぐちゃぐちゃになっていることでしょう。

これではいくらオシャレなウエアを着てもメイクをしっかりしても意味がありませんよね。

そこで、私がヘルメットをしても崩れにくいオシャレな髪形を紹介します。まずお勧めのは髪の毛が長いとときに私がしていた髪型で三つ編みですね。特にバイクでデートしたいときはかなり気合を入れて三つ編みにしていました。三つ編みならしっかりと縛れますし、ヘルメットを取る時に髪の流れにそうようにすれば髪型を維持することが出来ます。

どれだけ長い間バイクにのっていてもぐちゃぐちゃという事はありません。また、三つ編みは時間がかかるので、どうしても時間がないときはポニーテールにしていました。上の方で結ぶとヘルメットをかぶったときに邪魔になってしまうので、下の方で結んでいました。

髪型を気にするまではせっかく髪の毛を綺麗にしてもヘルメットを取ったらぐしゃぐしゃになっていました。

髪の毛も乱れていましたし、全力で走ってきたような髪の毛になっていたので、ヘルメットを脱ぐと必ず周りから髪の毛ぐしゃぐしゃだけどどうしたの?と聞かれていました。

それがイヤだったので、髪の毛をどうしたら良いかずっと悩んでいました。特に湿気が多い日は髪の毛がすごいことになってしまうのでいつもクシを持参して、人がいないところで髪の毛をといていました。

バイクで走るのは好きですが、ヘルメットをかぶるのだけはイヤでしたね。どうやったら髪のを気にしないで走れるのかをずっと悩んでいました。

髪の毛を気にしないでツーリングに行きたい!

ヘルメットをかぶっても崩れにくい髪形をしていないときはとにかく、ツーリングをしているときでも髪の毛が気になって仕方ありませんでした。そのため、現地についたらダッシュでトイレにいって髪型をチェックして直していました。

現地に着いては髪の毛を直して、またどこかへ行って現地については髪型を直しに行くという事を繰り返していたので、正気面倒でした。ですが、三つ編みなどにしてからはヘルメットを取ってもそこまで髪の毛が崩れていないので、トイレへ駆け込むという事がなくなりましたし、髪型をきにせず走れるので、純粋にバイクで走るのを楽しむことが出来ました。

敢えてデメリットを言うならやはり、手がかかるということですね。ツーリングをするときは朝早く家を出ることがあるのですが、時間がないとかなり面倒で時間がないときは簡単に一つで結んで終わりなので、可愛い髪形にできないことがありました。

時間がないときや朝が早いときは髪の毛に時間をかけるのが、すごく手間だと思った事が多々あります。

おしゃれなライダーズウェア+髪型でさらにおしゃれに!

女性ライダーにとって髪の毛がぐしゃぐしゃになってしまうのは意外と死活問題なのです。

ライダー仲間がいましたが、どの人も髪の毛が綺麗にできないことで悩んでいましたね。どれだけ髪の毛を綺麗にしてもヘルメットをかぶればぺしゃんこになってしまうので、それだけはイヤがっていました。

私は三つ編みを良くしていたのですが、三つ編みはすごくオシャレになるので、「髪型可愛いね」と男女ともすごく評判がよかったです。

髪型のおかげか男性ライダーから声をかけられたことがあるので、服装も大切ですが、髪形もおしゃれにして欲しいなと思います。髪形をオシャレにすると、全然変わるので効果はかなりあると言えるでしょう。
 

年間約11,000台盗まれているバイク!だからこそ盗難対策と盗難保険でカバー!

大好きなバイクとツーリングに行こうとしたら・・・バイクがなかった。

そんな経験したくないですよね?でも

  • 年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。自動車は7100件なので、オートバイは自動車の約1.5倍盗まれやすいという事になります。

つまり毎日約30台バイクが盗難の被害にあっているわけです。

でもそれって原付みたいな盗みやすいやつばっかりでしょ?

そんなことはありません!DUCATIのような人気のバイクや旧車は特に盗まれる傾向にあります!

その為バイクの盗難防止としては重要なのは

  • 見せない→バイクの種類をわからせない!
  • 盗む時間を与えない→盗むのに時間がかかるようであればあきらめる!
  • バイクを毎日気にしているという態度を見せる。→買取のチラシは偵察!いつまでもつけたままのバイクほど盗まれやすい!

事です。

具体的な対策ですが

  • バイクカバー
    屋外で保管する場合は必ずバイクカバーをかけてください。
  • ロックは最低3個、できれば1個は地球ロック!
    バイクカバーをかけていてもカギが1個だとカバーをめくられて中を見られます。ですので最低3個くらいはつけましょう!そして1個は電柱や自宅のフェンスなどとロックして地球ロックしましょう!
    もし地球ロックが無理であれば、メンテナンススタンドとロックすることやアンカープレートを使用しましょう!
    お勧めのロックはKRYPTONITE NEW YORK LOCK 999492です!

値段はちょっと高いですが、その重量感とチェーンのゴツサを見ればまさに「安心を買う」という感じです!

そして最後の手段は盗難保険に加入しましょう!

え・・・でも盗まれたバイクが返ってくるわけじゃやないよね?

たしかに自分でカスタムしたバイクはかえってきませんが、盗まれたバイクは大体めちゃくちゃに改造されるか、海外に売り飛ばされます。元のまま戻ってくることはほとんどないでしょう・・・。だからこそ盗難保険に入るべきなんです

しかし、普通の保険はバイクの盗難保険はまず扱っていません。そこでおすすめなのがバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

バイク盗難保険『ZuttoRide Club』の特徴は

  • バイク盗難保険:最大300万円まで補償
  • パーツ盗難保険:最大20万円まで補償
  • カギ穴いたずら補償:最大5万円まで補償
  • さらに盗難保険金額ごとに細かい保険を選ぶことができます!

パーツ盗難保険って意味あるの?

じつはバイク本体が盗まれないにしても「アクラポビッチのスリップオンマフラー」や「ブレンボのブレーキ」は盗まれたりするんです!

盗難された挙句修理費用、新車の購入費用もすべて負担・・・では納得がいきませんよね?だからこそ盗難保険に加入するのがおすすめです!