*/ ?>

【MacBookのUSBハブならこれ!】Anker PowerExpand+ 7-in-1価格もそれなりでおすすめ!

2021年1月24日

MacBook Pro購入にあたりUSBタイプCしかないので、USBハブを購入しました。

これ以前に安物を購入したのですが、色々と不具合があったので信頼性も高そうなAnkerの「Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ 100W出力 Power Delivery USB-Cポート HDMI USB-Aポート」を購入。

安物と比べて使用した感じも全然違うので、その辺をレビューしていきたいと思います。

>>他にMacBook Proと購入すべき周辺ん機器はこちら!

外観は非常に重厚感があふれてMacBookにピッタリ

USBハブなので非常にシンプルな形ですが、外面はマットに仕上げられておりMacBook Proにピッタリです。

さらになんとも言えない重量感(安物は異常に軽い)があり、非常に高級感があふれます。

本当はSatechiの物が欲しかったのですが、値段でAnkerを選びましたが正解のようです。

ちゃんと注意書きが書いてあり

注意書きの内容
  • USBタイプCからHDMIとかの変換は未対応。
  • PDとかで使用していると122°Fくらい(50℃)くらいまで熱くなるよ。
  • USBタイプAとタイプCは充電に対応していないよ。

という感じの注意書きですね。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ 100W出力 Power Delivery USB-Cポート HDMI USB-Aポート

 

ポート数は十分。イーサネットは妥協するしかない?

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ 100W出力 Power Delivery USB-Cポート HDMI USB-Aポート」のポート数は

  • USB-A ポート数: 2
  • USB-C ポート数 :2(1個はPD)
  • HDMI ポート :1
  • イーサネット ポート:無し
  • microSD / SDカード スロット:各1

となっています。まぁここまであれば普通に使う分には困らないでしょう。

イーサネットコネクタがありませんが、日本国内であればフリーWifiも充実しているし、最悪テザリングすればいいので困らないでしょう。

ちなみにこれの後継品で「Anker PowerExpand 8-in-1」がありますが、イーサネットポートが追加されたのとHDMI出力が二つになった程度です。

しかし、MacBook ProのM1モデルでは複数のディスプレイに別画面を表示させることはできないので、購入する意味がないと思い古いモデルを購入しました。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ 100W出力 Power Delivery USB-Cポート HDMI USB-Aポート

100W供給できるのはちょっとスペックオーバ?

この製品の特徴として100Wの電力をPDから供給できますが、正直そこまでの容量がいるかは疑問です。

というかハブがそこまで対応していても、充電器側でそこまで対応しているのがほとんどないというのが現実です。

色々調べ得てみると、MacBook Proの13インチでも30Wくらいあれば十分(周辺機器の使用状況にもよりますけど)とあるので、ここまで出力がいるかどうかは疑問ですね。

まぁ、たくさんの周辺機器を使う人にはいいかもしれないです。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ 100W出力 Power Delivery USB-Cポート HDMI USB-Aポート

付属のケースはピッタリ

持ち運びようのケースも付属していますが、入れてみるとぴったりです。

ただし、毎日持ち運ぶにはちょっと大きいかな・・・。例えばカフェとかで作業するときに外付けHDDとかSSDに繋ぎたいだけなら、それ用の変換ケーブルなどを購入した方が良さそうです。

毎日会社とかに持ち運ぶ人も会社には会社でディスプレイとかあると思うので、会社にハブを用意した方が良いかもしれませんね。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ 100W出力 Power Delivery USB-Cポート HDMI USB-Aポート

安物のUSBタイプCハブとの比較

以前購入した安物と比べてみると、まず外観の雰囲気から全然違います。

安物はやはり安物って感じですが、Ankerのモノは非常に高級感があふれています。

全然違うのが重さです。重けりゃいいってわけではないですが、安物はなんか怖いくらいに軽いです。

さらに使用しているときの温度が全然違いっます。安物は熱くてさわれないくらいですが、Ankerの物は普通に触れるレベルです。

発火することはないと思いますが、やはりちょっと怖いですね。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ 100W出力 Power Delivery USB-Cポート HDMI USB-Aポート

まとめ

まとめ
  • ポート数は十分。イーサネットコネクタは妥協。
  • MacBook ProのM1モデルでは複数ディスプレイの出力に対応していないので注意。
  • 安物と比べても発熱量も低く安心して使用できる。
  • MacBook ProだけでなくUSBタイプCのハブとしては非常に優秀。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD メディア ハブ 100W出力 Power Delivery USB-Cポート HDMI USB-Aポート