*/ ?>

IJCADがすごい!もうAutoCADいらないんじゃね?

2019年11月15日

皆さんこんにちは、プラントエンジニアのヤンです。

さて、恐らく・・・というかほぼすべてのプラントエンジニアリング会社ではCADを使用して図面を書いていると思います。

そして、その多くの会社でAutoCADを使用していると思いますが、非常に高額なので代わりに「Draftsight」を使用していました。

ところが突然(?)アナウンスされて、多くのCADユーザーを悩ませている・・・というか悲しませているDraftsightの有償化問題

まぁ実際は利用規約にはしっかりと「これ有料だよ」と書いているので、無料で使えるのがおかしかったわけなんですが。

にしても「毎日CADは使わないけど時々図面書くし・・・でもAutoCADたっけよなぁ!」という人にはうってつけのCADがDraftsightだったわけで。

AutoCADライクで使えるし、最新の図面Verでも保存とかできるのでそりゃ広まりますよね~。

ということでCADソフトを探す必要が出たわけですが、そこで見つけたIJCADがすごかったわけです。

IJCADの良いところ:ほぼAutoCADライクで使える

GUIを見てもらえばわかりますが、ほぼAutoCADライクで使えます。

すっげぇ似てます・・・なんというか「AutoCADさんに訴えられるんじゃね?」って思うくらいそっくりです(営業に聞いたら大丈夫って言ってましたけど)。

ちゃんとクラシック表示にも対応しているので、私のようにでっかいアイコンが嫌いな人でもOKです。

機能としてもかなりAutoCADを意識して作られています。私はモデルタブに寸法を入力する際は、異尺度寸法が好きなのですがきちんと対応しています。

また、基本的な画層コントロールグループ機能も搭載しているので、2D-CADとしてはかなり優秀。

印刷設定もそっくり!つうか似すぎですよこれ!

はっきり言って

  • P&ID
  • PFD
  • 見積もり用のタンクの外形図
  • 複雑ではない機械部品
  • 機械の配置図

などのCADは必要だけどそれほど複雑なものは書かないし、機能も必要ない人にとってはうってつけのCADですね!

IJCADの良いところ:日本製

IJCADの納入実績を見ると、官公庁なども含まれています。恐らく大きな理由は「日本製」であることだと思います。

一時期、HUAWEIのスマホや通信機器が情報漏洩の恐れがあるとして、米国や日本の省庁・自衛隊通信機器から排除されることとなりました。

一時期というか現在進行中だと思いますが・・・。

このようなことを考えると、ネットワーク経由で認証することが多いCADも「情報漏洩のリスクが0」とは考えられません。

実はAutoCADの互換CADって(AutoCAD自体そうですが)海外性がほとんどです。中には中国製もあります。

図面も大きな機密情報が含まれていますので、情報漏洩のリスクは避けたいところ。そのような意味でも日本製の「IJCAD」が選ばれる理由はよくわかります。

サポートも日本語ですからね何かあっても安心です。

IJCADの良いところ:元々AutoCADのカスタムをしていた

IJCADを開発している「システムメトリックス株式会社」元々AutoCADのカスタムをしていた会社であり、今でもAutoCADのカスタムをしています。

これはAutoCADの開発元からも認められているそうです。

そういう意味では、CADの開発実績もあり開発元後任という意味ではバージョンアップなどの際もしっかりとした対応が期待できますので今後も長く使えそうです。

IJCADの良いところ:安い!

まぁIJCADを購入した一番の理由です!

IJCAD公式サイトの価格表も見たいただければわかりますが、「IJCAD 2019 LT」版でも

  • スタンドアロン版 :¥55,000
  • USB版 :¥70,000
  • ネットワーク版 : ¥70,000

とにかく安いんです!サブスクリプション契約で数年でうん十万取られることを考えるとめっちゃ安いです!

そして個人的にとっても気に行ったのが「USB版」です。これはUSBを挿しているときだけIJCADを使用できるというものです。

「とりあえず全員CADは欲しいけど、毎日使うわけじゃないんだよなぁ・・・」

そんな会社にはかなりお勧めできます!とりあえず全員のPCにIJCADをインストールして、必要な分だけ「USB版」を購入すればかなり経費の節約になります!

もちろん、数年ごとのバージョンアップは必要ですが・・・それでもAutoCAD買うよりはかなり安いです!

毎年もしくは数年ごとのサブスクリプション契約が負担になっている方にはぜひおすすめです!

IJCADの良いところ:まとめ

以上、IJCADについて書きましたが

  • AutoCADライクで使える。
  • 日本製
  • AutoCADのカスタム会社である。
  • 安い!

と大きく4項目上げました。2D-CAD探しているけど、値段も安くてよいものを探している人はぜひ検討してみてください!
 

プラントエンジニアの転職なら「プラント特区」がおすすめ!

一般的に”エンジニア”っていうとプログラム扱うような仕事の人を言うことが多くて、なかなか我々”プラントエンジニア”に結びつかないですよね。

それは転職業界でも同じで”エンジニア”向けの転職プラットフォームはあるのに、”プラントエンジニア”に特化したものはありませんでした。

なので「リクナビNEXT」などの転職総合サイトからしか探すしかない状況でした。他デパート型の求人媒体もたくさんありますが、求職者・求人が各媒体に散らばってしまいお互いに効率がよくありませんでした。

ところがついに”プラント業界専門の転職求人プラットフォーム”ができました!

それが「プラント特区」です。

プラント特区」の特徴として

プラント特区の特徴
  • プラント業界専門特化、全国のプラント系企業が求人を公開。
  • 企業の採用担当者にその仕事の質問や相談メッセージが送れるSNSライクなシステム。
  • メッセージのやり取りは1対1のチャット機能を採用。メールよりも簡単でスピーディ。
  • プロフィールを登録しておけば、あなたを必要とする企業からオファーメッセージが届く。
  • あなたの名前は匿名ID番号表示なので就業中でも安心。さらに特定の企業を選んでプロフィール閲覧できなくするブロック機能も使える。
  • PC/スマホどちらでも使えるので、少しの空き時間があれば新着求人チェックやメッセージ返信が行える。
  • 説明書なしでも使えるよう画面構成や機能は極限までシンプル化。
  • 求職者会員は無料。

元々プラントエンジニアの仕事をしていた人が立ち上げたサービスですが、比較的古い歴史を持つ業界としてここまで革新的な専門サイトはありませんでしたね。

でも聞いたことのないサービスだし・・・あまり有名な会社はないんじゃないの?
そんなことありません!東レエンジニアリング東日本株式会社、出光エンジニアリング株式会社、住友ケミカルエンジニアリング株式会社、株式会社JFEエンジニアリング、日揮プラントイノベーション株式会社などの求人も存在していますよ!

現在のプラント業界は高齢化・人材不足が深刻です。

電気・計装・配管・機械などの設計職はもちろん、プロジェクトマネージャーや施工管理、安全管理、CADオペ、調達など、プラント事業に関わる様々なプラント特化求人を「プラント特区」は取り扱っています。

この機会に是非登録してみてはいかがでしょうか?