*/ ?>

【AutoCAD / IJCADの使い方】適切な尺度がない!そんな時には「SCALELISTEDIT」を使おう!

2021年3月28日

【AutoCAD / IJCADの使い方】適切な尺度がない!そんな時には「SCALELISTEDIT」を使おう!

基本的に図面は1/1で書くのでそのまま印刷したら紙からはみ出てしまうことがほとんどです。

その為必ず尺度を設定する必要があるのですが、AutoCAD/IJCADではデフォルトで設定されている尺度は下記のようになります。

AutoCAD/IJCADではデフォルトで設定されている尺度は下記のようになります

この中でしっくりくるものがあればいいですが、時には図面が大きすぎたり小さすぎたりしてぴったりはまらないことがあります。

そんな時に便利なコマンドが「SCALELISTEDIT」です。このコマンドを使用することで自分の好きな尺度を設定することができます。

コマンドで「SCALELISTEDIT」と入力すると下のように図面尺度を編集画面が表示されます。

コマンドで「SCALELISTEDIT」と入力すると下のように図面尺度を編集画面が表示されます

右側の追加ボタンを押すと尺度を追加ウインドウが表示されます。ここで自分の好きな尺度を設定しましょう。

右側の追加ボタンを押すと尺度を追加ウインドウが表示されます。

例えば1/1000の縮尺であれば下記のように入力します。

例えば1/1000の縮尺であれば下記のように入力します。

逆に5/1のような倍尺であれば下記のように入力します。

逆に5/1のような倍尺であれば下記のように入力します。

その後OKを押せば自分の作った尺度が追加されます。

ただし、好きな尺度を設定できるからと言って1/1234などの中途半端な尺度は設定しないようにしましょう。

できれば三角スケールで読めるようなキリの良い尺度を設定することがお勧めです。またJISでも基本的な尺度は決まっていますので、その中で収まるようにする事がお勧めです。

ステッドラー 定規 三角スケール アルミ 0スタート 黒 561 7-9

ステッドラー 定規 三角スケール アルミ 0スタート 黒 561 7-9

 

※無料で利用できるプラントエンジニア専門の求人プラットホーム

近頃は転職サイトも非常に多いですが”エンジニア”向けの転職プラットフォームはあるのに、”プラントエンジニア”に特化したものはありませんでした。その為総合転職サイトで求人を探してもなかなか見つかりにくい状況ですよね?そこでおすすめなのが「プラント特区」です。”プラント業界専門の転職求人プラットフォーム”ですのできっとあなたに合った求人が見つかるはずです。

>>本気で転職したいプラントエンジニアはまず無料登録!

 

この記事を書いた人

ヤン
・高専卒業後に専業プラントエンジニアとして活躍。その後、化学/食品プラントのエンジニアに転職。プラントエンジニアリングや、資格・英語勉強に関する情報を発信。
・就職後に大卒との待遇の違いから学歴コンプに陥るが、持ち前の負けず嫌いの精神から勉強しまくって大卒を見返す。
・社会では大卒の方が優遇されるが「高専卒の方が即戦力&活躍できる!」ということから全ての高専卒を応援するためにブログを開始。
・主に機械系を担当したのでPFDからPIDの作成などの基本設計から、回転機器選定、配管設計、調達、建設、施工管理、試運転、保守管理を担当。今では設備保全の知識を活かして効率的なメンテナンス計画の立案や設備診断技術の導入も実施。5Sを軸とした仕事&職場&業務効率のカイゼンにも従事。
・保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)
・海外プラントの設計や立ち上げ経験もあり。