【モトブログ用に!】中華製アクションカメラを購入&ヘルメットに取り付け!

2020年3月23日

モトブログ用に中華製のアクションカメラを購入しました!

元々、別のアクションカメラを持っていたのですが外部マイクに対応していなかったので、新しいものが欲しいな~と思っていましたけど「GoPro HERO8」はちょっと高すぎ・・・。

ということ「GoPro HERO8」はあきらめて別のアクションカメラを探すことに。幸いにも(?)アマゾンでは多数の中華製アクションカメラが出品されているので、その中から探しましょう。

聞いたことのないメーカーばかりですけど、外部マイクが使えるモデルとして今回は「MUSON(ムソン) アクションカメラ スポーツカメラ Pro3」に決定しました。

一応4kと書いていますが・・・期待はしておりません(笑)。

値段も「GoPro HERO8」に比べればかなり安いですからね。

箱はかなりしっかりしている。

届いた「MUSON(ムソン) アクションカメラ スポーツカメラ Pro3」ですが、箱はかなりしっかりしています。以前購入したものはペコペコの箱だったので意外です。

で、箱の中には箱的な感じでケースが入っています。携帯用ケースのようですが、こちらもかなりしっかりしています。ちょっと携帯するには大きいですがね。

それでも、これ一個持ち運べばマウントなども持ち運べるので、便利といえば便利ですね。まぁ、私はモトブログ用なので持ち運びませんけど。

携帯ケースの中はカメラ本体はもちろん、マウント1式や、リモコン、予備バッテリー及び自撮り棒などが入っています。

結構マウント関係は多いですね。追加で買う必要はあるかな?これだけ入っていれば購入する必要はないと思いますが。

実際に開封すると結構内容物は多いです。

予備バッテリーやリモコン用の予備電池、そしてもちろん目当ての外部マイクなど等。ちなみに取扱説明書は日本語でした。

ヘルメットに取り付けても・・・外部マイクの場所に困る

ヘルメットへの取り付けは以前購入したアクションカメラのマウント利用して取り付けますので、簡単に取り付けることができます。

ちなみに、ヘルメット本体に接着剤で張り付けています。ちょっともったいないですけどね。

さらにマウントが多いのでちょっと位置の微調整が難しいところが何点でしょうか。

さらに困ったのが外部マイクの取り付け。私はシステムヘルメットを使用しているので、口元に取り付けた場合いちいちマイクを取り外す必要があります。

というかそもそも、スペースがないので口元にマイクを取り付けるのが不可能です。他の方を参考にするとマイクを分解している人もいますが。

困った結果こんな感じになりました。

顔の右側のシールドの空きスペースにマイクを設置。マイクのケーブルはヘルメットをを着用したりする前に外す必要がありますが仕方ないですね。

ということでこれで撮影した動画がこれです。

ちょっと画像が斜めになっているのと、声がかなりこもっていますね。

次回はマイクのスポンジを外そうと思います。

中華製アクションカメラでも十分撮影は可能!

さすがに 「GoPro HERO8」と比べると画質はかなり落ちます。特に直射日光での白トビは結構すごいものがあります。HDRがないので仕方ないのかもしれませんけど。

しかし、十分撮影は可能ですので「初めてだけどGoProは高い!」という方はお試しで購入してみてはいかがでしょうか?

 

年間約11,000台盗まれているバイク!だからこそ盗難対策と盗難保険でカバー!

大好きなバイクとツーリングに行こうとしたら・・・バイクがなかった。

そんな経験したくないですよね?でも

  • 年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。自動車は7100件なので、オートバイは自動車の約1.5倍盗まれやすいという事になります。

つまり毎日約30台バイクが盗難の被害にあっているわけです。

でもそれって原付みたいな盗みやすいやつばっかりでしょ?

そんなことはありません!DUCATIのような人気のバイクや旧車は特に盗まれる傾向にあります!

その為バイクの盗難防止としては重要なのは

  • 見せない→バイクの種類をわからせない!
  • 盗む時間を与えない→盗むのに時間がかかるようであればあきらめる!
  • バイクを毎日気にしているという態度を見せる。→買取のチラシは偵察!いつまでもつけたままのバイクほど盗まれやすい!

事です。

具体的な対策ですが

  • バイクカバー
    屋外で保管する場合は必ずバイクカバーをかけてください。
  • ロックは最低3個、できれば1個は地球ロック!
    バイクカバーをかけていてもカギが1個だとカバーをめくられて中を見られます。ですので最低3個くらいはつけましょう!そして1個は電柱や自宅のフェンスなどとロックして地球ロックしましょう!
    もし地球ロックが無理であれば、メンテナンススタンドとロックすることやアンカープレートを使用しましょう!
    お勧めのロックはKRYPTONITE NEW YORK LOCK 999492です!

値段はちょっと高いですが、その重量感とチェーンのゴツサを見ればまさに「安心を買う」という感じです!

そして最後の手段は盗難保険に加入しましょう!

え・・・でも盗まれたバイクが返ってくるわけじゃやないよね?

たしかに自分でカスタムしたバイクはかえってきませんが、盗まれたバイクは大体めちゃくちゃに改造されるか、海外に売り飛ばされます。元のまま戻ってくることはほとんどないでしょう・・・。だからこそ盗難保険に入るべきなんです

しかし、普通の保険はバイクの盗難保険はまず扱っていません。そこでおすすめなのがバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

バイク盗難保険『ZuttoRide Club』の特徴は

  • バイク盗難保険:最大300万円まで補償
  • パーツ盗難保険:最大20万円まで補償
  • カギ穴いたずら補償:最大5万円まで補償
  • さらに盗難保険金額ごとに細かい保険を選ぶことができます!

パーツ盗難保険って意味あるの?

じつはバイク本体が盗まれないにしても「アクラポビッチのスリップオンマフラー」や「ブレンボのブレーキ」は盗まれたりするんです!

盗難された挙句修理費用、新車の購入費用もすべて負担・・・では納得がいきませんよね?だからこそ盗難保険に加入するのがおすすめです!