*/ ?>

【Chromebookの使い方】キーボードショートカットについて解説!

キーボードショートカットを使用すれば、キーボードから手を放してマウスを操作する回数が少なくなるので、特にプログラマーやライターなどの多くの文章を書く人が多用する機能です。

もちろんChromebookでも使えますがWindowsやMacとは一部違います。

CapsLockの使い方

ChromebookではCapsLockが見当たりませんが使用することは可能です。

たとえばほとんどのWindowsのキーボードにはCapsLockキーが付属していますが、Chromebookはその代わりにランチャーキーが付属しています。

これはランチャー、Windowsであればスタートメニュー、Macであればランチパッドに相当するメニューを呼び出すことができます。

ChromebookでCapsLockをオンにしたい場合はAlt+ランチャーキーを押せばオンにすることができます。

またランチャーキー+backspaceキーでDeleteキーとして使用することができます。

キーボードショートカットの検索方法

Chromebookのキーボードショートカットはかなりの数がありますが、それらをすべて覚える必要はありません。

これらのキーボードショートカットはかなりの数がありますが、それらを暗記する必要はありません。

Ctrl+Alt+/を押せば、使用可能なすべてのキーボードショートカットを含むウインドウが表示されます。

さらに、カテゴリ分けされているので、自分が使用したい機能から探すことも可能です。

例えば「キーボードショートカットを検索」のところに、「閉じる」と入れれば、「閉じる」に関するいろいろなキーボードショートカットが表示されます。

まとめ

まとめ
  • Chromebookでもキーボードショートカットは多数ある。
  • CapsLockはAlt+ランチャーキー
  • そのほかのキーボードショートカットはCtrl+Alt+/で検索できる。