*/ ?>

【プラントエンジニアの転職ノウハウ!】マジで役に立つ転職活動・面接対策におすすめの本です!【厳選2冊】

2017年11月7日

【プラントエンジニアの転職ノウハウ!】マジで役に立つ転職活動・面接対策におすすめの本です!【厳選2冊】
Photo:PEXELS

みなさんこんにちは、プラントエンジニアのヤンです。

僕は10年以上プラントコンストラクターとして働いていましたが、ライフワークバランスの見直しを考えて10年以上勤務した会社から転職しました。

結果、見事にライフワークバランスの改善をできると同時に給料も大幅にアップしました。

そんな僕がどのように転職活動をしてきたか?解説していきたいと思います。

今では電車の中吊り広告やTVでも転職サイト、転職エージェントのCMが流れているので、転職市場は現在でも売り手市場であると思われます。(2017年11月現在)

しかし、だからと言って「じゃあ俺も」という感じで転職しても絶対に成功しません。特に現在労働環境が恵まれている方(企業の規模、収入、役職)やある程度の年齢で転職経験が0の方などは転職する前によく考える必要があると思います。

転職=成功と宣伝されがちですが必ずしも一致することはありません。むしろ、失敗の転職もありうるわけです。しかし、転職のメリットばかりが取りざたされ、注意すべき点や転職活動を見直した方が良い場合などの情報は乏しいと思います。

また、いざ転職活動するにあたっても面接方法や想定質問などは新卒と違いますので、それに合わせた対応が必要となります。

今回はこのような

  • 転職のメリット・デメリット
  • 転職を見直した方が良い場合
  • 面接対策

以上の3点で僕が転職に当たり読んだ書籍を紹介したいと思います。

「2冊だけ!?」って思うかもしれませんが中堅の面接は職務経歴と面接が重視されますので、この2冊だけでも十分対応可能です。

ちなみに、私も転職活動中にSPIのある会社がありましたが・・・「なんかな~」っていう会社でした。面接でも時代の流れに乗れていないというか・・・。

職務経歴書とSPIに関しては別記事を参考にしてください!

あわせて読みたい

 

とりあえず転職サイトに登録しておくだけでも重要!

「今の仕事が落ち着いてから転職しよう」「もうちょっとキャリアアップしてから」「転職先探している時間なんてないよ」

そんなの全て転職から逃げている言い訳です。口では「転職したい」といいながら本心では現状を変えるのが怖いだけです。

しかし、忙しい社会人が転職先を探すのは大変です。それなら「ビズリーチ」のようなところに登録してスカウトが来るのを待つのも手です。実際私もビズリーチ経由で転職エージェントから連絡が来て転職に成功しました!

>>忙しくてもとりあえず登録!!

 

簡単なプロフィール

【ヤン】
高専卒のプラントエンジニア。大卒との待遇の違いから一念発起して英語と資格の勉強をしまくる。プラントエンジニアリングのノウハウから資格・英語の勉強法に関する情報を提供しています。保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)。趣味はバイクとキャンプ、愛車はGSX1300R隼。

キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則」で自分は転職すべきか客観的に考える。

いきなり転職対策ではないのですが転職して失敗するのは最悪なパターンです。すぐに転職しようとしても在籍期間が短ければ”ジョブホッパー”ととらわれる可能性があります。ですので自分の転職が果たして正しいのか?客観的に考えましょう。

基本的に「キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則」は転職対策の本ではありません。なので「テクニック」類の情報を求めている方にはお勧めできません。

しかし、転職活動をしているのであれば一回は目を通すべきだと思います。

内容を大きく分けると

  1. 転職の失敗パターン
  2. 転職の成功パターン
  3. 入社した後のリスク

の3項目に大きく分かれています。

この本を読めば

  • 自分が転職ありがちな失敗パターンにはまっていないか?
  • 環境や他人のせいにしていないか?
  • 自身のキャリアアップとしてとらえることができているか?
  • 入社した後のリスク、例えば期待された成果が出せない、独自の企業文化になじめない等のリスクに備えていけるか?

等の点から自分の転職活動、また入社した後のリスク等を勉強することができ「後悔する転職」になる可能性を極力少なくすることができます。

また、最後には「いまの会社に残るのも立派な決断」と書かれています。上記に記載の通り転職=成功と捉えてしまうと、「後悔する転職」になる可能性が非常に高いです。

転職=成功をつかむための1つの手段ととらえ、失敗しそうであるのであれば今の会社に残るのも一つの方法です。

転職活動をしている人、転職をしようか悩んでいる人にはぜひ読んでいただきたいと思います。

キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則

質問の「建前と本音」が読めれば転職面接は突破できる!・35才以上の中堅・ベテラン編・」で面接対策!

この本は名前の通り中堅ベテラン向けの本ですが、かなり突っ込まれた質問まで書かれています。ですのでこのに出てくる質問を全て解答できるようになれば、万節対策はほぼ完ぺきでしょう!

質問の「建前と本音」が読めれば転職面接は突破できる!・35才以上の中堅・ベテラン編・」は内容自体は非常にシンプルで大きく分類すると

  • 想定質問
  • NGな回答
  • OKな回答

の3個に分けられています。しかし、特筆すべきはその想定質問の多さで105個の想定質問(+NGとOKの回答)が記載されています。

想定質問と答えを考えておくのは面接対策では当たり前ですが、105個もの質問を考えるのははっきり言って不可能に近いです。

本書はこのような面接対策に非常に有利な本です。もちろん、この本の対策がすべてではないとは思いますが。

僕もこの本な中に書いてあるすべての質問の答えを自分に当てはめて考えました。A4で30ページくらい書いたと思います。(フォントサイズは10で)

そのおかげで面接中に回答に困ったことは一度もありません。

面接対策をするのであれば、この本を購入することを強く推奨します。

質問の「建前と本音」が読めれば転職面接は突破できる!・35才以上の中堅・ベテラン編・

まとめ

まとめ

 

あわせて読みたい

 

とりあえず転職サイトに登録しておくだけでも重要!

「今の仕事が落ち着いてから転職しよう」「もうちょっとキャリアアップしてから」「転職先探している時間なんてないよ」

そんなの全て転職から逃げている言い訳です。口では「転職したい」といいながら本心では現状を変えるのが怖いだけです。

しかし、忙しい社会人が転職先を探すのは大変です。それなら「ビズリーチ」のようなところに登録してスカウトが来るのを待つのも手です。実際私もビズリーチ経由で転職エージェントから連絡が来て転職に成功しました!

>>忙しくてもとりあえず登録!!

 

この記事を書いた人

ヤン
・高専卒業後に専業プラントエンジニアとして活躍。その後、化学/食品プラントのエンジニアに転職。プラントエンジニアリングや、資格・英語勉強に関する情報を発信。
・就職後に大卒との待遇の違いから学歴コンプに陥るが、持ち前の負けず嫌いの精神から勉強しまくって大卒を見返す。
・社会では大卒の方が優遇されるが「高専卒の方が即戦力&活躍できる!」ということから全ての高専卒を応援するためにブログを開始。
・主に機械系を担当したのでPFDからPIDの作成などの基本設計から、回転機器選定、配管設計、調達、建設、施工管理、試運転、保守管理を担当。今では設備保全の知識を活かして効率的なメンテナンス計画の立案や設備診断技術の導入も実施。5Sを軸とした仕事&職場&業務効率のカイゼンにも従事。
・保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)
・海外プラントの設計や立ち上げ経験もあり。