【プラント設計の基礎】プラント建設現場の現場監督の仕事内容って?

2020年5月27日

現役プラントエンジニアが教えるプラント設計の基礎知識。

学校では教えてくれないことを中心に、実務に直結する内容を書いていきます。

今回は「現場監督の仕事内容」について語ります。

現場監督とは?

プラント建設中は多数の職人さんが欠かせませんが、その上に立ちプラント工事全体の指揮・管理をするのが現場監督の人間です。

監督という文字からただ工事を見るだけとも捉えがちですが、工程・安全の管理やトラブルが合った場合の対処など、ある意味プラント建設中は知識と経験が最も問われる業務ともいえプラントエンジニアとしても必須のスキルです。

そんな現場監督の業務について簡単に解説します。

この記事のポイント

安全第一が優先

図面通りにものができているか?

きちんと書類で説明する。

しつこいくらいに現場を見に行く

プラント建設現場での現場監督の仕事:安全第一

プラント建設中は安全は何よりも重要です。ヘルメットは常に着用して、安全帯も使用しなくても常に着用なんて当たり前。

閉所だったら酸素濃度計や、火気使用中は水バケツや消化器の準備なども当たり前です。

安全は何よりも優先します。工期の遅れや施工上のトラブルなどがかさむと、どうしても安全を疎かになってしまいがちですが、そのような時も嫌われるの覚悟で注意しましょう。

また、建設が無事に終わると試運転が開始されますが、その時も注意が必要です。

例えば

  • 回転機器を取り扱う際にはブレーカーを遮断する。
  • 運転中の回転機器には不用意に近づかない。
  • 不用意にバルブを開閉しない。

など、特にVベルトの調整などでブレーカーを遮断しない人もいますが、絶対にしないように!

プラント建設現場での現場監督の仕事:図面と現物の確認。

安全の次に重要なのはこれ

図面通りにものができていないなんて…と思うかもしれないがこれが結構あったりします。

  • こっちの方がやりやすかった。
  • 納期に間に合わせるため。
  • 図面通りでは不可能だった。

など、いろんな理由があるにせよ品質に関わる面は特に注意が必要です。

一番不味いのが、目の見えないところで手を抜かれる事です。

僕が経験した中では

  • SGP-Bの配管でも初層はティグで裏波出すように指示していたのに、めんどくさがって全て被覆アーク溶接で施工していた。開先はとっていたが、当然裏波は出ていなかった。結果として試運転の時のちょっとした振動で配管が割れたことにより発覚。クレームとして無償で全箇所施工し直しさせた。
  • 箱抜きアンカーを業者が発注ミスして間違って長いJ型アンカーを購入した。そのままでは入らないので、切って施工した。これは、アンカーをグラウトで殺す前に発見したので正規のものに変えさせた。

どちらも、目の見えないところなので施工してからでは発見できません。特に最初の溶接施工に関しては、漏れても問題のないガスだったから良いものの、特殊高圧ガスなどでは大惨事になっていました。

アンカー施工の方ではもしこのまま施工されて、地震などによりアンカーが抜ければ同様に大惨事になるところです。

結局、やったもん勝ちの状況になるときもあるが、ではどうすればこのようなことが起きるのを避けることができるでしょうか?

まず、施工要領書や溶接要領書などの施工書類は細かすぎるくらいつくります。話ししただけでは後で「言った言わないの」問題が発生するときもあるからです。

そして、出来れば必ず受領と了承の返却書類をもらいます。そうすれば、現場で勝手なことをしてもこちらが強く言える。

プラント建設現場での現場監督の仕事:現場をしつこいくらいに見に行く。

現場をしつこいくらいに見にいく。特に、大型機器の据付などは現場の施工管理だけにまかせずに、必ず自分で見にに行きましょう。もし、そこで問題点を見つけたらすぐに指摘する場合と指摘しない場合がある。

例えば機器の据付であればその場ですぐに指摘する必要がある。クレーンが無ければ修正できない場合もあるし、グラウト施工されてからでは遅いからです。

逆に配管の溶接の場合はその場では言わない。その時は作業監督者にそれとなく報告する。

そこで、変な言い訳すればこちらが出している書類などで説明すればいいだけです。

そのような態度を見せることで、作業者にいい加減な仕事は許さない態度を見せることが良いものを作るために重要です。

現場を見ることはただ単に進捗状況を確認するのではなく、現場工事での問題点を発見することでもあります。もちろん、現場の意見も聞くのも重要ですが優先すべきは品質です。

現場の職人たちの機嫌を損ねないようにしながら、工事を進めていけれるようにしましょう。

プラント建設現場での現場監督の仕事:まとめ

現場監督の仕事は安全第一を考えながら、工期、費用等を常に気にしながら仕事をする非常に厳しい仕事です。

しかし、徐々にプラントが出来上がっていく様子を一番まじかに見られる仕事です。

工事全体を効率的に監視するようになるには何年も経験を積むことが重要ですが、現場をわかることで設計に生かせることもたくさんあるので、多くのことを勉強するようにしましょう。
 

プラントエンジニアの転職なら「プラント特区」がおすすめ!

一般的に”エンジニア”っていうとプログラム扱うような仕事の人を言うことが多くて、なかなか我々”プラントエンジニア”に結びつかないですよね。

それは転職業界でも同じで”エンジニア”向けの転職プラットフォームはあるのに、”プラントエンジニア”に特化したものはありませんでした。

なので「リクナビNEXT」などの転職総合サイトからしか探すしかない状況でした。他デパート型の求人媒体もたくさんありますが、求職者・求人が各媒体に散らばってしまいお互いに効率がよくありませんでした。

ところがついに”プラント業界専門の転職求人プラットフォーム”ができました!

それが「プラント特区」です。

プラント特区」の特徴として

プラント特区の特徴
  • プラント業界専門特化、全国のプラント系企業が求人を公開。
  • 企業の採用担当者にその仕事の質問や相談メッセージが送れるSNSライクなシステム。
  • メッセージのやり取りは1対1のチャット機能を採用。メールよりも簡単でスピーディ。
  • プロフィールを登録しておけば、あなたを必要とする企業からオファーメッセージが届く。
  • あなたの名前は匿名ID番号表示なので就業中でも安心。さらに特定の企業を選んでプロフィール閲覧できなくするブロック機能も使える。
  • PC/スマホどちらでも使えるので、少しの空き時間があれば新着求人チェックやメッセージ返信が行える。
  • 説明書なしでも使えるよう画面構成や機能は極限までシンプル化。
  • 求職者会員は無料。

元々プラントエンジニアの仕事をしていた人が立ち上げたサービスですが、比較的古い歴史を持つ業界としてここまで革新的な専門サイトはありませんでしたね。

でも聞いたことのないサービスだし・・・あまり有名な会社はないんじゃないの?

そんなことありません!東レエンジニアリング東日本株式会社、出光エンジニアリング株式会社、住友ケミカルエンジニアリング株式会社、株式会社JFEエンジニアリング、日揮プラントイノベーション株式会社などの求人も存在していますよ!

現在のプラント業界は高齢化・人材不足が深刻です。

電気・計装・配管・機械などの設計職はもちろん、プロジェクトマネージャーや施工管理、安全管理、CADオペ、調達など、プラント事業に関わる様々なプラント特化求人を「プラント特区」は取り扱っています。

この機会に是非登録してみてはいかがでしょうか?