いたってシンプル!1日1時間英語論文を読んで英語力をアップする!








英語力が全くない時代に、英語論文を読みこなすことができませんので多くの科目において、単位修得に大きな影響をきたすことがわかっていました。

加えて、最も大切な修士論文作成に関する学習ができないことにより、修士課程を修了することがほぼ困難な状態になるということがわかりました。

大学院入学までは、そういったことになるとは、夢にも思っていませんでした。

そこで指導教員に言われたように英語論文1日1論文1時間まいにち論文を読むことにしました。

英語力が全くなく非常に苦労した

とにかく、他の大学院生に比べて英語力がないものですから、プレゼンテーション一つするにしても、粗末な内容になりました。

日本語論文が主で、英語論文がプレゼンテーション資料に含まれていないという状態でしたし、そもそも、英語論文の検索サイト自体が使いこなせない状態で、指導教員からもあきれられていました。

中学生向けの教材を購入して、それを一からやり直すという方法をやっていましたが、大学院の学習以外にそういったことをする時間が惜しくて、なかなかそれもできませんでした。

英語論文をひたすら読んで英語を勉強する事にした

大学院修士課程に入学しましたが社会人入試を利用して入学したので、英語の試験はありませんでした。

大学院に入学して以降、他の学生と比べて英語能力が極めてひくい事に気づき苦労しました。

そこで、指導教員の先生に相談をしたところ、大学院生として必要なのは、読む力だということで、それを徹底してつけるように指示されました。

そのために、行えばよいのは、とにかく1日1論文、1時間だけでよいから、毎日英語論文を読むことでした。指導教員の言われることですし、1日1時間だけなら、と考え、始めてみることにしました。

論文というと堅苦しく思われがちですが、自分が専門としている分野の英語論文ですから内容がつかみやすいこと、また、決まった形式になっているので内容を理解しやすいことから、とっつきやすいと考えられたようです。

通学時間の電車の中、往復すると1時間少々ですから、電子辞書片手に、論文を読むことにしました。論文の訳をつけるわけではありません。単に、読む、ということでよかったですし、読んだ内容を正しく理解したかどうかは、ゼミのプレゼンテーションで、だいたいはわかりました。

指導教員のすすめで始めた学習法ですが、特別な教材は不要で、先生から渡された英語論文を読む、ということから始めました。

途中から、自分自身で英語論文検索サイトを活用し、論文を選択して、読むようにはなりました。

英語論文をひたすら読むメリット

とにかく1日1時間だけ、という時間を切ってのことですから、いやでも1時間で終える、ということで、苦痛な時間が長引かないということです。

加えて、高校生までの英語とは違い正確な訳がわからなくても意味がわかればいい、ということでずっと一つの文章の正確な訳にこだわり、前に進めないということはありませんので気分的にも楽です。

また費用がほぼかからないです。論文と簡単なメモをとる鉛筆と電子辞書があれば、あとは不要でお金がかからずどこでもできます。

まとめ

初めてやる人は、好きな分野の短編を読んでみるのがお勧めです。もちろん学生ならば、普通の論文から読むのをお勧めします。

私のような年齢のもの、私のような英語力のないものでも、大丈夫だったから、まずは1か月やってみたらどうでしょうか?