【プラント設計の基礎】プラント保全エンジニアの役割




プラント保全エンジニアは仕事を本当に上手くやるために専門の工学知識とスキルを必要とします。プラント保全エンジニアの役割を見事に果たすためには、機械工学的な視点、プロセスエンジニとしての視点、プラント設計者としての視点など、様々な視点が必要になります。

最初にプラント保全エンジニアの役割と担当範囲について説明し、次に電気および計装プラント保全エンジニアの詳細を見ていきます。

プラント保全エンジニアとは?

プラントエンジニアとも呼ばれるプラント保全エンジニアの役割は、機器とコンポーネントのメンテナンス計画の立案、機器のメンテナンスコストの算出、ライフサイクル分析、リスク管理から、信頼性向上のための機器の入れ替えなどプラントの生産を射持して向上していくための様々な職務を網羅しています。

機器が正常に動作していないときに、プラント保全エンジニアが1番目に呼び出されます。問題が発生した時にオペレーターが問題を解決できない場合、は問題を正しく解決するためにプラント保全エンジニアが呼び出されます。

時には仕事が難しい工学問題を解決することを含むので、プラント保全エンジニアはプラントの工学デザインとプロセスのを理解する必要があります。

私の考えとして工学の専門分野、機械工学の大学の学位を持っていない人がプラント保全エンジニアの総括的な役割を果たすことができるとはあまり思いません。キャリア中の継続的なトレーニングや教育を通して多くの工学を学んだことのある人など、例外はあると思いますがほとんどのエンジニアは専門的な教育を受けているはずです。

優れたプラント保全エンジニアになるためには

  • プラントや機器がどのように機能するのか
  • どのように設計され構築されるのか
  • どのように正しく使用されるのか

等について熟練している必要があります。なぜあなたの工場でどのように問題が発生したのかを知り、それらを適切に解決する方法を知ることが、プラント保全エンジニアとして成功する方法だからです。

プラントや機器の信頼性を向上させることが必要になった場合は特にそうです。プラントの信頼性を高めるためには、失敗の原因を知り、理解してから、寿命を大幅に延ばす優れた答えを見つける必要があります。そうするためにあなたは適切な工学、プロセス科学、プロセス制御と構成材料の特性をよく理解しなければなりません。

同様に、保全戦略を選択し、保全活動を選択し、プラントと設備の保全頻度を設定する必要がある場合、プロセスと設備のエンジニアリングと運転特性およびパラメータを知っていれば、はるかに良い決定を下すことができるはずです。

プラント保全エンジニアにはプラントと機器の機械的性能のメンテナンスを担当します。機器の適切な操作、その部品の設計、システムとしてどのように機能するのか、それらがどのように実行され、それらの操作で使用されるのか、そして製造プロセスが耐用年数の間に建設材料に与える影響を理解する必要があります。

プラント保全エンジニアはその仕事をする上で

  • 機械工学
  • 化学工学
  • プロセス
  • 制御

といった幅広い分野の適切なエンジニアリング知識が必要です。

電気計装エンジニアとの違いは?

上記は電気および計装プラント保全エンジニアにも当てはまります。

しかし電気および計装プラント保全エンジニアはプラントの電気計装設備設備に特に焦点を合わせています。電気および計装プラント保全エンジニアは、プロセス制御および電源システム設計において非常に有能です。

彼らは、プロセス制御と電力システムを分析し、プラント運転中に発生するさまざまな状態と状態をモデル化するための数学的能力を持つことになります。

時には外部の専門家との協力が必要

メンテナンス工学の役割を理解するために非常に多くのことが要求されます。必要とする分野のすべての知識を得ることができない場合、専門家の助けを得ることが必要になります。

専門家の援助が必要なときに彼らとチームを組むことができるように外部の専門家と仲良くすることも非常に重要です。

プラントエンジニアリングとプラント保全エンジニアは本物のプロのエンジニアです。物理学、プロセス制御、プロセス化学、およびそれらのプラントや機器に影響を与える他の多くの事を理解する必要があります。

機械、電気、計装のプラント保全エンジニアのような専門のプラント保全エンジニアは、主要な分野とその応用を知る必要があります。