プラントエンジニアとして必要不可欠なスキルは何か?




プラントエンジニアとはとても大変な仕事です。最終的には製品を製造する巨大なプラントを設計し、その設計通りにプラントが機能するように各種機械などを選定し、効率よく現場工事を進め、難なく試運転を進め、最終的に顧客に引き渡す必要があります。

もちろん、設計能力はプラントエンジニアには必須のスキルでしょう。正確な設計が出来なければプラントはまともに機能せずに、お金だけを垂れ流すことになります。

そして予算管理も重要な仕事です。プラントには多額の予算が必要ですが湯水のように会社のお金を使うことは許されません。機械を購入するときは同じ性能でも最も低価格のものを購入し、現場工事では効率化に努め人件費を減らす必要があります。

それ以外にもプラントエンジニアになるには、人々をまとめるスキル、問題解決能力、そしてプラントエンジニアリングという非常に大変な割にはあまり報われない仕事を意欲的にこなす力が求められます。

もちろん最終的なプラントは生産を維持し、それをスケジュール通りのメンテナンスで捕手が着ることが必要です。これらに加え品質、そしてそれ以上に安全性が必要です

と彼は言います。主な目標は、安全な人間工学、コスト削減、およびサイクルタイムを支援できるように、生産を容易にする方法を考え出すことです。

これらの中でも問題解決能力と分析能力はあまり重要視されませんが、プラントエンジニアには必須の能力です。

問題解決能力

50トンの重さの荷物を動かす時のことを考えてみましょう。それを可能にするために圧縮空気を使用するタイプのエアパレットを利用することとします。

4人だけで移動できるようにすることが目標です。これは、コスト削減にも明らかに影響を及ぼしています。

また、単にエアパレットを使用するだけでなく使用しないときにどうしておくかなども、事前に考慮しておくことがあります。

それ以外にも

  • 50トンもの重量に建屋が耐えられるか?
  • 圧縮空気の量を必要最低限にするためにはどうするか?
  • 電源はどうするのか?

このような問題を一つずつ解決していく必要があります。

問題解決には一人で頭の中で考えるだけでなく、思いつくだけ問題を書き出してみましょう。そして自分のチームを巻き込んでミーティングを開き他の人の意見も聞いてみるべきです。

効率よくそして正確に問題を理解して、解決していく能力がプラントエンジニアには求められます。

分析能力

多くの場合、チームがサプライヤの質問に集中したり品質問題を追跡したりできるようにします。何に時間を費やすべきか、何が無駄なのかをよりよく理解することです。

分析能力は自然につくものではありません。しかし時にはエンジニアが問題を見つけ、根本的な原因を理解することなく解決策をすぐに思いつくエンジニアもいます 。

彼高品質と効率のバランスを見出すには分析能力が必須です。

現在プラントでどのような問題が発生しているか?それはちょっと経験を積めばすぐにわかります。

しかし、プラントエンジニアに必要なのはそれをプロセス的に明確にして、”どこで何が原因で問題が起こっているのか”をはっきりさせることです。

プラントエンジニアへの道

機械がどのように動作するか、そして理論的なものと実用的なものをうまく組み合わせて設計する方法については学校で学ぶことができます。

しかし、実際の機械を組み合わせていくのは時に大きな問題が発生します。

そのため必要なのはプラント建設などの現場で、自分の問題解決能力と分析能力を身に着けることです。