*/ ?>

【ソロキャン】安心、安全、快適にすごせる5つ星オートキャンプ場は女性ライダーにお勧め!【ゆるキャン△】

2018年11月12日

【ソロキャン】安心、安全、快適にすごせる5つ星オートキャンプ場は女性ライダーにお勧め!【ゆるキャン△】

近頃は女性でもバイクに乗る人が多くなってきました。バイクに乗る一人としては、同じ趣味の人が増えてくれること、バイクの魅力が多くの人に伝わるのは非常にうれしいことです。

しかし、女性ライダーには女性ライダーならではの悩みがあると聞きます。

そのため、知り合いの女性ライダーの方に、女性ライダー特有の悩みと、対処法を聞いてきました。これからツーリングに行こうと思っている女性ライダーや、同じ悩みを持つ女性ライダーの為に記事にしたいと思います。

ぜひ、この記事を参考にバイクライフを楽しんでください!

 

✅年間何台のバイクが盗まれて何台が戻ってきてるか知っていますか?

年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。これ自動車の約1.5倍です。そして検挙率は14.9%(2017年)。盗まれたらほぼ戻ってきません。
盗難場所も駐輪場、駐車場、自宅敷地内が83%なのでどこでも盗まれる状況です。
そんな時に安心なのが盗難保険。僕も加入しているバイク盗難保険『ZuttoRide Club』なら、バイク本体だけでなく、パーツ単位で保証してくれるので安心ですね。
>>ずっとバイクに乗り続けたい人だけ加入してください。

 

簡単なプロフィール

【ヤン】
高専卒のプラントエンジニア。大卒との待遇の違いから一念発起して英語と資格の勉強をしまくる。プラントエンジニアリングのノウハウから資格・英語の勉強法に関する情報を提供しています。保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)。趣味はバイクとキャンプ、愛車はGSX1300R隼。

女性ライダーだけのキャンプツーリングあればオートキャンプ場がお勧め

今回は、オススメのキャンプ施設と言う形で紹介したいと思います。まずバイクツーリングをする女性方同士で、バイクに乗車しており、ツーリングしておりましたら、次第にキャンプへ行きたいと言う情熱が芽生えてくると思います。

この感覚は、家族で家庭を持っている人であれば一度は体験したいと思うことなのですが、ツーリング好きな女性同士でキャンプしたいとなるのです。

一人では心細いし、危険もいっぱいあります。ですが、女子二人以上で、しかも、完全に安全な施設内でのキャンプでしたら、何も不安要素は無いと思います。

そこでオススメのオートキャンプ場なのですがオートキャンプ場は車だけに限定している訳ではないのです。ツーリング仲間同士でもバイク集団で来て利用される方々もおられます。

そんな時に必須になってくる施設は、安心、安全なオートキャンプ場なのです。

道の駅のような所では、不特定多数の危険な方がおられたり、あまり安心して寝れないかもしれません。また、騒音や空ブカシをする愛車好きな方々も集まってくるので、決して道の駅はオススメできる場所ではありません。

かと言って無料のキャンプ場ですと、何かと危険がいっぱいであり、一番辛いのは一般の観光客にジロジロ見られるのが凄く嫌です。

それらを全て解消してくれますのが安全快適なオートキャンプ場なんです。オートキャンプ場では、老若男女誰でも気軽に扱うことができる器材等が揃っております。また、オートキャンプ場によっても、その便利さやアクセスのし易さ等から等級ごとにクラス分けされております。その中でも私が特にオススメしたい5つ星オートキャンプ場です。

道の駅で停泊したときは少し危険な感じがした

バイクツーリングで女子仲間と訪れるキャンプ場につきましては、知識が全くありませんでしたので辺境の道の駅に停泊たときは、特に危険な思いはしなかったのですが、夜に騒音がしたり、集団でたむろしている人達がいたりされたので、かなり危険なことをしているのだなと言う思いはありました。

そこから女子のツーリング仲間とちゃんとしたキャンプ場に宿泊しようと言うことになりました。

やはり道の駅で停泊したりしますと、テントを張ることがOKな道の駅もあれば、そうでない所もありますので怒られるリスクがあると思います。

また、無料のキャンプ場を利用したことがあったのですが、夜間に来る学生等から凄く冷やかされたりして、非常に恥ずかしい思いをしましたので、無料のキャンプ場や、道の駅は私の中ではオススメできません。

5つ星オートキャンプ場は非常に安全、安心、快適です!

そこで5つ星のオートキャンプ場を利用することにより更にバイクツーリングの価値観が広がりました!

まずは安全、安心、快適にバイクツーリングする楽しさ!自然が溢れた中でバイクで訪れた少数派による優越感!また、バイクツーリングで他にこられてる方もいれば、声を掛けてキャンプファイアーを共にすることも、やはり、キャンプの魅力であると言えます。

更に5つ星キャンプ場では、炊事棟までいかずにテントの横で全て調理が可能であること、また、炊事棟の近くにも極力近づけてもらえるように希望を聞いて頂けたりもします。

5つ星オートキャンプ場では特にデメリットはありませんが、郊外にありますので、少し時間を所要してしまう形になると思います。

ですが、それと引き換えに豊かな自然と整備された様々なアトラクションがある自然環境の中でバイクツーリングの後に豊かなアウトドアキャンプをできる喜びが待ち受けております。

女性ライダーだけで行くなら安全を最優先してほしい

もちろん、道の駅や無料のキャンプ場でもキャンプツーリングは楽しめます。でも、私はやっぱり女性で行くなら安全を重視していきたいと思います。

そのために下調べは必須です。レビューなどをしっかり確認して、皆さんにもキャンプツーリングを楽しんでほしいと思います。

✅年間何台のバイクが盗まれて何台が戻ってきてるか知っていますか?

年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。これ自動車の約1.5倍です。そして検挙率は14.9%(2017年)。盗まれたらほぼ戻ってきません。
盗難場所も駐輪場、駐車場、自宅敷地内が83%なのでどこでも盗まれる状況です。
そんな時に安心なのが盗難保険。僕も加入しているバイク盗難保険『ZuttoRide Club』なら、バイク本体だけでなく、パーツ単位で保証してくれるので安心ですね。
>>ずっとバイクに乗り続けたい人だけ加入してください。

 

この記事を書いた人

ヤン
・高専卒業後に専業プラントエンジニアとして活躍。その後、化学/食品プラントのエンジニアに転職。プラントエンジニアリングや、資格・英語勉強に関する情報を発信。
・就職後に大卒との待遇の違いから学歴コンプに陥るが、持ち前の負けず嫌いの精神から勉強しまくって大卒を見返す。
・社会では大卒の方が優遇されるが「高専卒の方が即戦力&活躍できる!」ということから全ての高専卒を応援するためにブログを開始。
・主に機械系を担当したのでPFDからPIDの作成などの基本設計から、回転機器選定、配管設計、調達、建設、施工管理、試運転、保守管理を担当。今では設備保全の知識を活かして効率的なメンテナンス計画の立案や設備診断技術の導入も実施。5Sを軸とした仕事&職場&業務効率のカイゼンにも従事。
・保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)
・海外プラントの設計や立ち上げ経験もあり。