*/ ?>

【AIライティング】ブログ記事制作に時間がかかる?Catchyを使用して記事制作を効率化!

2022年11月19日

【AIライティング】ブログ記事制作に時間がかかる?Catchyを使用して記事制作を効率化!

みなさんこんにちは、ヤンです。

みなさんブログの記事制作にかかる時間はどのくらいでしょうか?1時間?3時間?それとも1日でしょうか? 記事の内容にもよると思うので一概には言えませんが、調べ物が必要だったりすると1日くらいかかる時も多いですよね?

それに画像加工やアイキャッチなども加えれば2日〜3日程度かかることも多いと思います。かといって内容の薄い記事をかいてもSEO的にも弱く、俗にいう「ゴミ記事」になります。

しかし、1記事に2日〜3日かかるとすると毎月10記事程度が限界、年間でも120記事です。私もそうですがこうなるとアイディアばかり溜まって、記事制作が追いつきません。

かといって外注にすると外注さんの管理やその費用が大きな負担となります。また外注さんのレベルによりリライトが必要となり、結局自分の時間が取られてしまい何の為に外注さんを雇ったのかわからなくなります。

そんなブログ記事の制作効率を上げたい人におすすめなのが「AIがライティング【Catchy】 」です。AIライティングにより、効率よくブログ記事を作成することができます。

キーワードを入れるだけでキャッチコピーやテキストをAI(人工知能)が自動作成!【Catchy】

その作業、AIで自動化しませんか?

ブログの記事作成、Youtubeのタイトル、キャッチコピーなどを考えるには時間も労力もセンスも問われますよね?特にアイディアはあるのにそれを文章にできないと時間ばかりかかり、ライバルに置いていかれます。そんな面倒な作業はAIに全てお任せしましょう!「AIがライティング【Catchy】 」ならキーワードを入れるだけでAIがテキストを作成してくれるので大幅な時間削減になります!「簡単」「ローコスト」「高機能」で使える「AIがライティング【Catchy】 」を是非試してみてください!

使い方は自由自在。今話題のツール【Catchy】

簡単なプロフィール

【ヤン】
高専卒のプラントエンジニア。大卒との待遇の違いから一念発起して英語と資格の勉強をしまくる。プラントエンジニアリングのノウハウから資格・英語の勉強法に関する情報を提供しています。保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)。趣味はバイクとキャンプ、愛車はGSX1300R隼。

Catchyとは?

AIがライティング【Catchy】 」とはキーワードを入れるだけでAIがキャッチコピーやテキストを作成してくれるサービスとなります。AIライティングというとテキスト作成だけと思われるかもしれませんが、下記のように多くのことに使用することができます。

Catchyでできること
  • キャッチコピー作成
  • Youtubeのアイディアやタイトル
  • 画像生成
  • マーケティング、広告タイトル
  • 事業計画や新規事業の創出
  • 文章作成、記事作成やリライト
  • 書籍編集

など、100種類以上の記事やアイディア出しに使用できます。そのため、単に記事の作成だけではなく「アイディア出し」、「サイト作成の参考」、「キャッチコピーの大量作成」など文章だけでなく多くのことに利用できるツールです。

キーワードを入れるだけでキャッチコピーやテキストをAI(人工知能)が自動作成!【Catchy】

実際に使用してみた

ということで記事を実際に作ってみました。今回は既存記事である「【配管設計の基礎】スケジュール(Sch)番号とは?超基本的な知識を解説!【計算方法、呼び方、一覧】」の記事を参考に、AIでライディングした場合にどうなるか実際に見てみました。

記事自体の作成は非常に簡単で

Catchyで記事を作成する方法
  1. タイトルを考える。
  2. 導入文を考える。
  3. 記事の見出しを考える。

これだけです!普通にブログ記事を書く場合もこのような順番で構成を考えてから書き始める人も多いと思いますが、AIがライティング【Catchy】 」を使用すればこれ以降は全てAIが自動で生成してくれるので非常に便利です。

まずタイトルと導入文をコピーします。

記事のタイトルと導入文を入力

次に見出しをコピーします。

記事の見出しを入力

最後に「作成する」ボタンを押せばAIが文章を生成してくれます。生成した文章が下記になります。

Catchyで作成した文章

スケジュール(Sch)番号とは何ですか?

配管において、配管の肉厚を表すのにスケジュール(Sch)番号が使われます。配管には様々な直径があるように、様々な肉厚があります。配管の肉厚は、配管の強度を決定する重要な要素である。肉厚が薄すぎると、圧力で破裂する恐れがある。また、肉厚が厚すぎると、必要以上に重く、高価なパイプになってしまう。

パイプの肉厚を規格化したものが、スケジュール(Sch)ナンバーである。注意しなければならないのは、スケジュール(Sch)番号は、実際のパイプの肉厚ではないことだ。肉厚はパイプの直径によって異なります。スケジュール(Sch)番号は、単に異なる肉厚のパイプを分類するための方法です。

異なるパイプ径のために異なるスケジュール(Sch)番号があります。例えば、スケジュール40のパイプは、スケジュール80のパイプとは異なる壁の厚さを持っています。より高いスケジュール(Sch)の数は、より厚いパイプの壁がされます。

スケジュール(Sch)番号の計算方法

スケジュール(Sch)番号は、パイプの外径(OD)を壁厚で割ることによって計算されます。

例えば、外径6インチ、壁厚0.5インチのパイプがあった場合、スケジュール(Sch)番号は次のようになります。

6インチ ÷ 0.5インチ = 12インチ

このパイプは、スケジュール12パイプとして分類される。

スケジュール番号と圧力一覧

スケジュール番号と最大定格圧力の一覧です。

  • スケジュール40: 116までのpsi
  • スケジュール80: 100までのpsi
  • スケジュール100: 90までのpsi
  • スケジュール120: 80までのpsi
  • スケジュール140: 65のpsiまで
  • スケジュール160: 50までのpsi

スケジュール(Sch)の番号の呼び方

パイプをご注文の際は、スケジュール(Sch)番号をご指定いただくことが重要です。これにより、正しい壁厚のパイプを入手することができます。

例えば、6インチのスケジュール40のパイプが必要な場合、指定することになります。

“6インチ、スケジュール40"

もし、6インチのSchedule 80パイプが必要なら、次のように指定します。

“6インチ、スケジュール80"

実際の選択

配管を選定する際には、以下の点を考慮する必要があります。

  • 使用圧力
  • 温度
  • 流体の腐食性
  • 流体の腐食性 流体の粘性
  • 流量

配管を選定する際には、使用圧力と温度が最も重要な要素となります。また、流体の腐食性や粘性も配管の選定に影響を与えることがあります。また、流量も配管を選定する上で重要な要素です。

という感じになります。ちょっと日本語が変だったり間違っているところもありますので、体裁を整えたりリライトは必要です。しかし、約1100文字を数十秒で作成してくれるのは非常に魅力的ですね。

キーワードを入れるだけでキャッチコピーやテキストをAI(人工知能)が自動作成!【Catchy】

Catchyの利点と欠点

AIがライティング【Catchy】 」を実際に利用してみて私が考える利点と欠点を書いていきます。

利点

Catchyの利点
  • 記事作成の時間を大幅に削減できる
  • ブログ記事だけでなくキャッチコピーなどの作成にも活かすことができる。
  • 人の手ではないので納期管理などが不要。
  • 外注のように人の管理が不要。

基本的にAIで作成するのである一定のブレなどはありますが、外注のように体調を崩すことも突然連絡が取れなくなることもありません。

また、外注はどうしても人の手で作成するので人のレベルによっては同じ金額でも、記事のレベルが雲泥の差があることもあります。しかし、この点もAIで作成しているので全くブレはありません。

欠点

Catchyの欠点
  • 不便な日本語や間違いがある。
  • 専門的な記事は見直しが必要。
  • コピペしていないかチェックが必要。
  • 料金がそれなりにする(後述)。

やはり欠点としては一部で不自然な日本語や間違いがあることでしょう。ですのでリライトや見直しは必須となります。同様にAIで考えているのでコピーでは厳密ではないのですが、他の記事と内容が重複していないかコピペ確認ツールで調べることは必須だと思います。

また、専門的な記事は間違いがあると大きな問題なのでよく確認することが必要です。

キーワードを入れるだけでキャッチコピーやテキストをAI(人工知能)が自動作成!【Catchy】

Catchyの料金は?

AIがライティング【Catchy】 」は無料でも使用できますがほとんど使用できないと思っておいた方が良いでしょう。

料金体系としては以下のようになります。基本的にクレジットを消費して記事作成などをしていきます。

Catchyの料金

個人で使用するのであれば「Starter」もしくは「Pro」のどちらかになるでしょう。記事作成自体は数クレジットでできるので、「Starter」が手始めに最も良いと思います。

クレジットのみの購入もできるので「Free」で必要な時のみクレジットを交遊するのも良いと思います。

おそらくブログを始めた当初はそれほど収益もなく、「Pro」プランは厳しいと思うのでCatchyで記事を量産しつつ収益のアップを目指しましょう。

キーワードを入れるだけでキャッチコピーやテキストをAI(人工知能)が自動作成!【Catchy】

まとめ

以上、「AIがライティング【Catchy】 」についてまとめてみました。ブログ記事の作成に時間がかかっている人や、キャッチコピーの作成に並んでいる人など、ネット上で何かクリエイトしている人にとっては非常に有益なツールとなります。

もちろんAIで作成している記事なのでリライトなどは必要ですが、記事作成の時間を大幅に削減できることは間違いないです。

これを機にCatchyを利用して両記事を大量生産していきましょう。

キーワードを入れるだけでキャッチコピーやテキストをAI(人工知能)が自動作成!【Catchy】

その作業、AIで自動化しませんか?

ブログの記事作成、Youtubeのタイトル、キャッチコピーなどを考えるには時間も労力もセンスも問われますよね?特にアイディアはあるのにそれを文章にできないと時間ばかりかかり、ライバルに置いていかれます。そんな面倒な作業はAIに全てお任せしましょう!「AIがライティング【Catchy】 」ならキーワードを入れるだけでAIがテキストを作成してくれるので大幅な時間削減になります!「簡単」「ローコスト」「高機能」で使える「AIがライティング【Catchy】 」を是非試してみてください!

使い方は自由自在。今話題のツール【Catchy】

この記事を書いた人

ヤン
・高専卒業後に専業プラントエンジニアとして活躍。その後、化学/食品プラントのエンジニアに転職。プラントエンジニアリングや、資格・英語勉強に関する情報を発信。
・就職後に大卒との待遇の違いから学歴コンプに陥るが、持ち前の負けず嫌いの精神から勉強しまくって大卒を見返す。
・社会では大卒の方が優遇されるが「高専卒の方が即戦力&活躍できる!」ということから全ての高専卒を応援するためにブログを開始。
・主に機械系を担当したのでPFDからPIDの作成などの基本設計から、回転機器選定、配管設計、調達、建設、施工管理、試運転、保守管理を担当。今では設備保全の知識を活かして効率的なメンテナンス計画の立案や設備診断技術の導入も実施。5Sを軸とした仕事&職場&業務効率のカイゼンにも従事。
・保有資格:1級管工事施工管理技士、1級機械保全技能士、英検準1級、TOEIC870点、甲種機械高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士(熱)
・海外プラントの設計や立ち上げ経験もあり。