*/ ?>

【GSX1300R 隼 (GW71A)】フラップ全開固定とマフラースライダーを取り付け

2019年4月22日

私の乗っている隼ですがよく低速でのドンツキが問題点として挙げられています。

確かに私も乗っていると2000rpm前後ではガクガクとしてなかなか扱いが難しいです。

これらの対策としてエアクリボックスのフラップ全開固定と、二次エアキャンセルが挙げられますが今回はフラップ全開固定をしてみました。

隼の記事一覧はこちらです

とりあえずタンクを上げてエアクリボックスのふたを開ける。

左キャプション
左キャプション
隼はタンクのリフトアップもしやすいのでこの辺の作業は楽にできますね。

隼は幸運なことにタンクリフトアップするつっかえ棒が標準で付属しているので、メンテナンスがしやすいです。

シートを外してタンクをリフトアップするとエアクリボックスが見えますので、+ドライバーでビスを5本(?)外しましょう。

こんな感じでエアクリーナーエレメントを取り外します。ここまでは非常に簡単。

上からのぞいてみるとフラップが見えるはずです。

これがエンジンの回転数に伴ってパカパカしますが、それがドンツキの原因になるということ。これを全開状態で固定してしまいます。

作業はピンを外してテープで固定するだけ

左キャプション
左キャプション
フラップ全開固定自体は超簡単です。しかし、エアクリーナー外して作業するのでゴミが入らないように注意しましょう。

作業としてはとても簡単で、フラップを作動させているピンを外して固定するだけです。

ちょっとみにくいですが・・・これがすでにピンを外した状態です。

ピンを外すにはラジオペンチが必要です。ちょっと引っ張ればすぐに外れますので簡単です。

で、フラップをテープで全開状態に固定します。

こんな感じで固定すれば作業完了です。

後はばらした時と逆の手順でエアクリーナーを戻していきましょう。

二次エアキャンセルは今回は見送り

左キャプション
左キャプション
二次エアもキャンセルしようと思いましたが・・・ホースが外れません(笑)。

二次エアキャンセルもこのまま作業できるのでやろうと思いましたが・・・ホースが外れません。

タンクをリフトした状態でバイクの右側に見える太いホースが二次エアのチューブです(写真撮り忘れた)。

ホースクリップを外したのですが・・・うんともすんとも動きません。ホース自体が断裂したら嫌なので諦めました。

ついでにKOSO 汎用マフラースライダーガードブラック M8,M10を取り付け

左キャプション
左キャプション
ついでにマフラー用のスライダーも取り付けました。これで転倒してもOK!というわけではないですが万が一のため。

ついでに「KOSO 汎用マフラースライダーガードブラック M8,M10」を取り付けました。

KOSO 汎用マフラースライダーガードブラック M8,M10

ちょっと短いかな?

反対側も取り付けたいので、もう一個購入した際にカラーを使いまわしてちょっと伸ばして取り付けます。

KOSO 汎用マフラースライダーガードブラック M8,M10

試走してみる

左キャプション
左キャプション
試走すると確かに低回転での安定性が大きくなった気がします。

早速試走してみましたが、確かにフラップ固定する前よりは低回転での安定性が増しています。

街中では前回はギアは4速じゃないとまともに走れませんでしたが、今回は5速に挙げても普通に走れます。

6速はちょっときついですかね。さすがに2000rpm下回るとドンツキが発生します。

全開よりはかなり乗りやすくなったので、フラップ全開固定はかなりよいカスタムですね。ほぼ0円でできますし。

まとめ

まとめ
  • フラップ全開の作業は簡単。エアクリ外して作業するのでゴミが入らないように注意!
  • さすがに低回転すぎるとだめだが、フラップ全開固定前よりは安定性は向上。

KOSO 汎用マフラースライダーガードブラック M8,M10

隼の記事一覧はこちらです

年間約11,000台盗まれているバイク!だからこそ盗難対策と盗難保険でカバー!

大好きなバイクとツーリングに行こうとしたら・・・バイクがなかった。

そんな経験したくないですよね?でも

  • 年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。自動車は7100件なので、オートバイは自動車の約1.5倍盗まれやすいという事になります。

つまり毎日約30台バイクが盗難の被害にあっているわけです。

でもそれって原付みたいな盗みやすいやつばっかりでしょ?
そんなことはありません!DUCATIのような人気のバイクや旧車は特に盗まれる傾向にあります!

その為バイクの盗難防止としては重要なのは

  • 見せない→バイクの種類をわからせない!
  • 盗む時間を与えない→盗むのに時間がかかるようであればあきらめる!
  • バイクを毎日気にしているという態度を見せる。→買取のチラシは偵察!いつまでもつけたままのバイクほど盗まれやすい!

事です。

具体的な対策ですが
  • バイクカバー
    屋外で保管する場合は必ずバイクカバーをかけてください。
  • ロックは最低3個、できれば1個は地球ロック!
    バイクカバーをかけていてもカギが1個だとカバーをめくられて中を見られます。ですので最低3個くらいはつけましょう!そして1個は電柱や自宅のフェンスなどとロックして地球ロックしましょう!
    もし地球ロックが無理であれば、メンテナンススタンドとロックすることやアンカープレートを使用しましょう!
    お勧めのロックはKRYPTONITE ( クリプトナイト ) ロック NEW YORK LOCKです!
値段はちょっと高いですが、その重量感とチェーンのゴツサを見ればまさに「安心を買う」という感じです!

そして最後の手段は盗難保険に加入しましょう!

え・・・でも盗まれたバイクが返ってくるわけじゃやないよね?
たしかに自分でカスタムしたバイクはかえってきませんが、盗まれたバイクは大体めちゃくちゃに改造されるか、海外に売り飛ばされます。元のまま戻ってくることはほとんどないでしょう・・・。だからこそ盗難保険に入るべきなんです

しかし、普通の保険はバイクの盗難保険はまず扱っていません。そこでおすすめなのがバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

バイク盗難保険『ZuttoRide Club』の特徴は

  • バイク盗難保険:最大300万円まで補償
  • パーツ盗難保険:最大20万円まで補償
  • カギ穴いたずら補償:最大5万円まで補償
  • さらに盗難保険金額ごとに細かい保険を選ぶことができます!
パーツ盗難保険って意味あるの?
じつはバイク本体が盗まれないにしても「アクラポビッチのスリップオンマフラー」や「ブレンボのブレーキ」は盗まれたりするんです!

盗難された挙句修理費用、新車の購入費用もすべて負担・・・では納得がいきませんよね?だからこそ盗難保険に加入するのがおすすめです!